公務員専用イデコ活用マニュアル

公務員が『不労所得』を手にするための『放ったらかし投資』のやり方

岩崎FP
元公務員FPの岩崎です。

投資初心者は『3つの基本』を押さえよう!」という前回の記事では、

  1. 貯蓄型保険は、コスパの悪い投資
  2. 投資の基本→複利、分散、低コスト
  3. 全世界分散投資がおすすめ

と、投資の基本をお伝えしました。

まだお読みでなければ、ぜひお読みください。

さあ、「お金に困らない仕組みづくり講座(全10回)」も番外編をのぞけば今回でおしまい。

最終回となる今回は、公務員が不労所得を得るための投資術をお届けします。

公務員専用メルマガ配信中

公務員は放ったらかし投資がオススメ

投資より本業に集中する人のイメージ画像

公務員の方は本業があるので、投資にあまり時間をかけられません。

なので、一度設定したらある程度放ったらかしにできるやり方が良いです。

具体的には、「積み立て投資」がオススメです。

積立投資=先取り貯金の投資バージョン

毎月一定額を投資に回して、長期で運用する方法です。

一度設定すれば、自動で積み立てられていくので楽チンです。

この講座の5回目で紹介した「先取り貯金」の投資バージョンというイメージでOK。

積立期間が長いほど複利効果(前回参照)が強力に働くので、少額でもいいのでとりあえず始めてみると良いでしょう。

注意
投資は増えるかもしれないし、減るかもしれないリスクのある金融商品です。でも、分散投資していれば投資したお金がゼロになるなんてことはまずありません。
岩崎FP
それでは、積み立て投資ができるオススメの方法を紹介します。

イデコがおすすめ第一候補

イデコで節税になって喜んでる人のイメージ画像

イデコ(個人型確定拠出年金)は、所得がある方なら節税で確実に得すので、まずオススメしたい投資制度です。

2017年から公務員も利用できるようになりました。

岩崎FP
投資に全然興味なかった教員の友人も、「これはやるわ」とすぐ始めてました 笑
ポメすけ
それぐらいお得な制度ってことか!

たとえば、

  • 年収600万円の方が、
  • 月12,000円をイデコで運用すれば、
  • 年間で約30,000円も税金が安くなる

このように、自分の資産を作るために運用してるだけなのに、税金が安くなるのがイデコの特徴です。

イデコには定期預金のような元本保証のメニューもあるので、イデコを使わずにふつうに貯金していたら、年間で30,000円損するとも言えますね。

メリットとデメリット

イデコのメリット
  1. 所得控除で税金が安くなる
  2. 運用時の儲けに税金がかからない
  3. 受け取る時にも税金優遇がある
イデコのデメリット
  1. 60歳まで使えない
  2. 手数料がかかる
  3. 運用リスクを負う

イデコのメリット・デメリットについては、「公務員専用イデコ活用マニュアル」で詳しく解説しています。

無料メルマガに登録していただいた方にプレゼント中なので、ぜひお受け取りください

イデコの口座はSBI証券がおすすめ

イデコで積み立て投資するには、「イデコ専用口座」が必要です。

銀行や証券会社で作ることができますが、おすすめは「SBI証券」です。ぼく自身もSBI証券でイデコを運用してます。

理由は2つです。

SBI証券の良いところ
  1. 管理手数料が無料
  2. 選べる商品のバリエーションが豊富

手数料無料が良いというのはお分かりですよね。「商品バリエーション」について補足します。

前回もお伝えしたように、投資の基本は「分散投資」です。

もしイデコ口座で株式しか選べなかったら、偏った投資になってしまい、分散投資ができません。なので、商品のバリエーションは豊富な方が良いです。

SBI証券なら、債券や株式、その他金融商品とバリエーションがとても豊富なので、しっかり分散投資が可能です。

岩崎FP
ネット証券ならではの手数料の安さも魅力ですね。
公式サイト

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーのイメージ画像

AI(人工知能)が勝手に投資してくれる「ロボアドバイザー」という投資サービスがあります。

自分で投資するより手数料が高めですが、「投資の本を読んで勉強してみたけど、踏み出せない…」という方にとっては良い選択肢です。

「手数料は確実なコスト」なので、基本的にはロボアドではなく、低コストのインデックスファンドを自分で選ぶことをオススメしてます。

また、ロボアドだと利益に税金がかかりますが、NISAやイデコなら非課税です。この点でもやはり自分で運用する方が良いですね。

でも、「投資をしてみたい」と思いながら踏み出せない状況があるなら、ロボアドの力を借りて投資の世界に足を踏み入れるのはアリだと思います。

ぼくはFPなので、どうしても「コスト削減」が念頭にあるのですが、悩んでる時間がもったいないのも事実ですからね。

ポメすけ
ワイなんか超めんどくさがりだから、こういうのがいいかも

ロボアドバイザーは「ウェルスナビ」がおすすめ

スマホ一つで投資可能な「ウェルスナビ」がおすすめです。

投資初心者にとって、ラクなポイントを押さえてあります。

ウェルスナビのメリット
  1. AIが最適な投資プランを立ててくれる
    …6つの質問に答えるだけ
  2. 確定申告が不要
    …口座開設時に「源泉徴収あり特定口座」を選ぶこと
  3. 積み立て投資ができる
    …毎月、指定口座から自動引き落とし

初期投資額は10万円から、毎月の積み立て額は1万円から設定できます。

WealthNaviにもしものことがあってもお客様の資産に影響が及ばないよう、法令に基づいて当社の資産とは明確に分けて保管しています。
ーウェルスナビ公式サイトから引用

ウェルスナビの手数料は高いので、慣れたら自分で運用しよう

ウェルスナビの手数料は積み立て資産の1%(年率)です。

これ以外の手数料は無いので、シンプルなところは評価できます。

でも、やっぱり高いんですよね。

自分で投資すれば、手数料0.1%台のインデックスファンドもあります。

見かけ上の手数料の違いはわずかでも、積み立て資産が増えるほどインパクトが大きくなります。

ロボアドで投資に慣れたら、ぜひ自分でも運用にチャレンジしましょう。

公式サイト

つみたてNISA

つみたてNISAで投資する人のイメージ画像

長期の積立&分散投資を支援するために、2018年から始まった国の制度です。

ふつう、運用で利益がでた場合、約20%の税金がかかるところ、つみたてNISAで運用すると、この税金がゼロになります。

つみたてNISAの特徴
  • 年間40万円まで投資できる
  • 最長20年間積み立て投資可能
  • 選べる商品が厳選されている
岩崎FP
とくに、商品が厳選されているのは大きな特徴ですね。

選べる商品が厳選されている

つみたてNISAで選べる金融商品は、「超低コストで、長期の運用に向いたものにしないとダメ!」と国が基準を作ってます。

そもそもそんな商品は少ないので、商品選びもラクです。

裏を返せば、自由度が低いと言えますが、投資初心者にとっては投資対象が多すぎても混乱するだけなので、「貯蓄から投資へ」を目指す時代の制度としてはアリだと思います。

つみたてNISA専用口座をつくろう

つみたてNISAで運用するには、専用口座が必要です。

口座開設はもちろん無料なので、ぜひ作っておきましょう。ぼく自身も使ってるSBI証券をおすすめします。

ネット証券の最大手なので安心して使えると思いますよ。

公式サイト

その他:ポイント投資

積み立て投資ではありませんが、楽天ポイントを使って投資ができます。

ポイントなら気軽にできる方も多いと思いますので、余ってる楽天ポイントがあればやってみましょう。

楽天ポイントでの投資方法を、スマホとPCの画面付きで詳しく説明してます。

ポメすけ
ポイントで投資できるっておもろいな!

まとめと番外編

お金に困らなくなる仕組みづくり講座第十回目のまとめを話すポメラニアンのキャラクター画像

さて、これで「お金に困らない仕組みづくり講座(全10回)」はおしまいです。

岩崎FP
最終回のポイントまとめです。
今回のポイント
  1. 公務員は放ったらかし投資でいこう
  2. まずは「イデコ」から
  3. ロボアドで投資の世界へ
  4. つみたてNISAで長期運用
  5. ポイント投資も試そう

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

全10回の講座でお届けした内容は、お金の知識の根幹部分です。

枝葉のテクニックはもちろんありますが、根っこや幹がしっかりしてないと、大きな果実は実りません。

基本をしっかり押さえて、資産を増やしていきましょう。

もし分からないことやご感想などありましたら、コンタクトフォームやTwitterでお気軽にご連絡ください。

このブログでは、お金についての知識やお役立ち情報を引き続き発信していきますので、ぜひまた遊びに来てくださいね。

ポメすけ
さいごまで読んでくれてありがと!番外編も読んでみてな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です