元公務員FPによる公務員のためのマネースキル向上マガジン

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

      

公務員といえば、待遇がいいとか、
税金で飯を食ってるとか、
何かと非難されがちですよね。

実際のところは、
そんなに高給取りじゃないし、
カツカツだよ…と憤りを覚えることだってあるでしょう。

ぼくも元公務員なので、
電話口でよく嫌味を言われてました。
生活保護のケースワーカー時代は、
それこそ毎日のように 笑

その度にこう思ってました。

「正直、そんなにもらってないよ…
公務員ってだけでこんなに責められて、
ワリに合わないよなぁ…」

そんな風に【当時は】思ってたんです。

ですが、お金のプロとして独立した今、
公務員時代を振り返ってみると、

「公務員のメリット、1ミリも活かせてなかった…」

と激しく後悔しています。

活かせてないだけならまだ良いですが、
銀行や保険会社に良いようにカモにされていたことも分かり、
なおさら落胆しました。

この世の中には、
お金についての間違った常識やワナが多すぎます。

そして、悲しいことに
公務員はそのワナにハマりやすい職業です。

なぜか?

その答えは、公務員なら、それなりに生きていくには困らないからです。

なんとなく生きていても、
食いっぱぐれることはまずありません。
(老後はわかりませんが、少なくとも現役のうちは。)

なので、お金の勉強をすることへの動機付けが働きにくく、
結果、お金に無頓着になりがちなんですね。

いわゆる、
マネーリテラシー(お金の知識をうまく活用する能力)
が身につきづらい職業だと言えます。

これは恵まれてるがゆえの弱点です。

で、その弱点に付け込む商売が
これまたたくさんあるんですよね。

昼休みになると現れる保険のセールス…
業務時間中にかかる不動産投資の電話…
定時後に、また現れる保険のセールス…

さまざまな営業アプローチを受けませんか?

それだけ、あなたが「上客」だということです。

それに対応するためには
マネーリテラシーという武器が必要なんですが、
この武器を持ってない方は非常に多いんです。

「いやいや、自分は大丈夫だよ。」

という方は、以下の10問テストにチャレンジしてみてください。

マネーリテラシーテスト〜思い当たるものにチェックを入れてください〜

マネーリテラシー10問チェック

チェックが3つまでならOKです!
これからもそのマネーリテラシーを
磨き続けてください。

逆に、4つ以上チェックが入った方は危ないです。

ちなみに、公務員時代のぼくは
7つチェックが入ってました…

FPになった今、当時を振り返るとゾッとします。

何が問題かって、
今はゾッとするほどのことなのに、
当時の自分はまったく何も気づいてなかったということ。

知らないと言うことは、非常に恐ろしいです。

今ならゼッタイこうするのに!
ってことが山ほどあります。

ぼくはもう公務員ではないので、
自分で実践することはできませんが、
あなたはまだ間に合います。

このメルマガで学べること

このメルマガは、次の方を対象にしています。

  • 公務員の方
  • 公務員の配偶者の方

これらの方に向けて、
元公務員の「お金の専門家」が、
公務員必修のマネースキルを
できるだけわかりやすい表現でお話しします。

具体的には、次のようなことが学べます。

給与や賞与、退職金カットでも豊かに生きるスキルが身につきます!

公務員の給与等は官民均衡化が図られ、
カットされることもよくありますよね。

昇給も段々と減って行きますし、
退職手当は2011年から2015年の4年間で
なんと約400万もカットされてます。

年金も2015年に制度変更され、
今後は民間と同水準になってきます。

…こうして見ると決して明るいとは
言えないのが公務員の未来です。

でも大丈夫です。

そんな状況でも
豊かに生きていくためのスキルを
身につけることができます。

公務員がハマるお金のワナが分かります!

公務員は、その特性上お金に無頓着な方が多いので、
お金のワナにハマって、損をしがちです。

どんなワナがあるのか?
どう回避すればいいのか?

具体的な対処法をお伝えします。

公務員「最強」の医療保険が分かります!

医療保険に入っている公務員の方は
たくさんいらっしゃいます。

ですが、公務員最強とも言える医療保険を
ほとんどの方は知りません。

そんな知られざる医療保険についてお伝えします。

マネーリテラシーが身につき、カモにならない公務員になれます!

お金の知識を得て、
うまく活用できるようになったら、
公務員は無敵です。

各方面からのセールスにも
適切に対処でき、消費者として
きちんと判断できるようになります。

これは、一時の対応策ではなく、一生使える知識です。

金融機関から完全に独立した公務員特化型のFPです

ぼくは、保険会社などの金融機関から
完全に独立しており、提携も一切していません。

金融機関と繋がっていると、
お話しする内容が
利益相反(りえきそうはん)に
陥る可能性があるからです。

利益相反とは、
「顧客の損が、売り手の利益になる状態」
を指します。

たとえば、保険販売で
他社によりよい商品があるのに、
自社商品だけ売る、などです。

つまり、保険や証券などの
金融商品を取り扱ってしまうと、
本当の「顧客目線」は難しいんです。

利益相反が起こりうる立場では、
いくら「あなたのためです」とか
「あなたの立場になって」とか言っても、
説得力がありません。

なので、完全独立の形を取っています。

完全独立のFPというだけで
相当珍しい存在なんですが、

ぼくはさらに、公務員の方に特化したFPです。

実際に7年間、公務員として働いてきて、
公務員はどんなリスクがあるか?
どういう家計改善が有効か?
という視点を持っています。

直近で言えば、
2017年に公務員の加入が解禁された
確定拠出年金(イデコ)は
老後資金作りに非常に効果的です。

イデコについては、
まだまだご存知ない公務員の方も
たくさんいらっしゃるので、
公務員・教員専用の無料マニュアル
ご用意しました。

ぼくは昔の自分のような、
「利用される側の公務員」を一人でも減らし、

一生役立つマネースキルを身につけた
「タフな公務員」を一人でも増やしたい、
そう本気で思ってるので、
マニュアルもメルマガも全て無料でお渡しします。

このメルマガを読めば、
相当な力が身につきます。
しかもその内容は、無料相談窓口では
教えてもらえません。

知識を身につけ、
具体的な行動に移すことで
タフな公務員になりましょう!

期間限定特典について

「公務員・教員専用」確定拠出年金(イデコ)活用マニュアル

2017年1月に、公務員のイデコ加入が解禁されました。

 

イデコは国の制度で、上手に使えば、老後資金をおトクに貯めることができます。個人が取り得る制度としては、最も有利なものですが、公務員にはまだ馴染みがありません。

 

そこでこのマニュアルでは、イデコの「キホンのキ」から実際の活用方法まで、これだけ知っておけば大丈夫!という情報をお伝えします。

本メルマガに登録していただいた方には、
期間限定で上記特典をプレゼントいたします!

ご登録いただいたメールアドレス宛てに
すぐにお送りしますので、
いますぐお受け取りください!

元公務員FPによる公務員のためのマネースキル向上マガジン

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

      

プライバシーポリシー
当方は、個人情報保護の重要性を認識し、以下の個人情報保護方針に基づき、個人情報の保護に努めることをお約束いたします。

個人情報の管理
当方は、個人情報の漏洩、滅失、毀損等を防止するために、個人情報保護管理責任者を設置し、十分な安全保護に努め、また、個人情報を正確に、また最新なものに保つよう、お預かりした個人情報の適切な管理を行います。

個人情報の収集および利用目的
当方は、以下の目的のため、その範囲内においてのみ、個人情報を収集・利用いたします。当方による個人情報の収集・利用は、お客様の自発的な提供によるものであり、お客様が個人情報を提供された場合は、当方が本方針に則って個人情報を利用することをお客様が許諾したものとします。

・ご注文されたサービスや商品をお届けするうえで必要な業務
・新サービスや商品の案内など利用者に有益かつ必要と思われる情報の提供
・業務遂行上で必要となる当方からの問い合わせ、確認、およびサービス向上のための意見収集
・各種のお問い合わせ対応

個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当方は、法令に基づく場合等正当な理由によらない限り、
事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示・提供しません。

情報内容の照会、修正または削除
当方は、ご提供いただいた個人情報の照会、修正または削除を希望される場合は、ご本人であることを確認した後、合理的な範囲ですみやかに対応します。

法令、規範の遵守と見直し
当方は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ
本プライバシーポリシーに関してご不明な点がある場合や、ご質問、苦情、ご相談等があります場合はお問い合わせフォームを通じてご連絡ください。
内容の確認後、折り返しメールでの連絡をした後、適切な処理ができるよう努めます。