公務員専用イデコ活用マニュアル

高卒公務員はイデコをすぐ始めるべき?→すぐじゃなくてOK。逆にすぐ始めるべき事は?

高卒公務員はイデコをすぐ始めなくていいというイメージ画像

岩崎FP
こんにちは!元公務員FPの岩崎です。

前回&前々回に引き続き、メルマガ読者さんからのご質問に答えていきます。質問内容はコチラ

お疲れ様です。

 

翌年度の四月から、高卒で地方公務員の一般事務職で働き始めるのですが、初めから知っておくと良いことはありますでしょうか。

 

また、高卒ならではのメリット、デメリット、注意点などがありましたら教えていただけると幸いです。

 

イデコはすぐに始めた方がいいのでしょうか?それともある程度収入が増えてからの方がいいのでしょうか?

 

初任給は約14万円です。

ー ほぼ原文ママ ー

「公務員として初めから知っておくと良いこと」、「高卒ならではのメリット、デメリットなど」については以前お答えしました

今回は、「イデコはすぐに始めた方が良いか?」についてお答えします。

結論は、『すぐ始めなくてOK』ですよ。

ポメすけ
そーなん?イデコはメリットいっぱいあるのに…
岩崎FP
イデコをすぐに始めなくて良い理由と、逆にすぐ始めるべきことを紹介するね。

公務員専用メルマガ配信中

高卒公務員がイデコをすぐに始めなくて良い理由

イデコはいつ始めるべきか悩む人の画像

質問者さんも「ある程度収入が増えてからの方がいいのでしょうか?」と書かれていましたが、そのとおりです。

具体的には、

イデコについて
  1. 初任給が安く、余裕がない
  2. 60歳まで引き出せない
  3. 特別法人税の存在

この3つの理由から、高卒公務員の方はすぐにイデコを始めなくても良い、と思っています。

岩崎FP
ひとつずつ説明していきますね。

初任給が安く、余裕がない

質問者さんの初任給は14万円とのことでした。

じゃあ全国平均はどうなの?ということで、総務省の調査、「平成29年地方公務員給与実態調査」を見てみましょう。

高卒・一般行政職の初任給
  • 平均で14万9,603円

この金額は、

  • 地域手当や住居手当の各種手当は含まない
  • 税金や社会保険料が引かれる前の金額

なので、実際の手取り額ではありませんが…

岩崎FP
余裕ある金額!とはちょっと言いにくいですよね。
ポメすけ
たしかに…もうちょっと欲しい…

イデコも投資のひとつなので、余裕資金でやるべきもの。

公務員のイデコの掛け金は、月に1万2,000円が上限なので、それくらいなら大丈夫かな、と思えた段階で始めると良いでしょう。

公務員は、ちゃんと働いていれば毎年昇給するので、数年様子見するのも全然アリですね。

(これから何十年も今の昇給制度が維持されるかはまた別ですが)

なお、ぼくの公務員時代の昇給実話を次の記事で公開しています。

「どんな感じで昇給するんだろ?」という若手公務員の方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに、手当を含まない月給を「給料」、手当を含む月給を「給与」といいます。

余談ですが、地方公務員の手当って26種類もあるんです。次の記事でまとめてるので、興味のある方はぜひどうぞ。

イデコは60歳まで引き出せない

さて、高卒公務員がすぐにイデコを始めなくても良い理由のふたつめ。

イデコの注意点
  • イデコで積み立てたお金は、60歳まで引き出せない。

つまり、たとえ教育費や入院費など、まとまったお金が必要になっても、イデコのお金はアテにできないんです。

これは、イデコが老後資金の確保に特化した制度だからです。

事実上、

  • イデコ=老後専用マネー

になってしまいます。

その点、現金ならいろんなことに使えます。使い道が限定されない、という意味では、キャッシュは最強なんですよね。

なので、まずはある程度貯金をして、キャッシュを蓄えましょう。

イデコの加入検討は、それからでも遅くはないですよ。

ポメすけ
なるほどー。イデコって何があっても60歳まで使えんの?
岩崎FP
いちおう例外規定が2つあるよ。
  • 死亡した場合
  • 一定の障害状態に該当した場合

この2つの場合、60歳より前に使えます。死亡の場合は、遺族に積立金が支払われます。

ここでは詳しく紹介しませんが、イデコで積み立てたお金が無駄になることはないよ、ということですね。

特別法人税の様子見をしても良い

さて、高卒公務員がすぐにイデコを始めなくても良い理由のみっつめ。最後の理由です。

『特別法人税』の存在です。

ポメすけ
とくべつほうじんぜい…?なにそれ…

イデコで積み立てたお金の1.173%が毎年取られちゃう税金のことです。くわしくは次の記事をどうぞ。

この特別法人税、1999年(平成11年)からずっと凍結されています。制度としては存在するけど、適用が見送られてるということですね。

年度内容
平成11年度
(1999年度)
凍結開始
平成13年度
(2001年度)
2年の凍結延長
平成15年度
(2003年度)
2年の凍結延長
平成17年度
(2005年度)
3年の凍結延長
平成20年度
(2008年度)
3年の凍結延長
平成23年度
(2011年度)
3年の凍結延長
平成26年度
(2014年度)
3年の凍結延長
平成29年度
(2017年度)
3年の凍結延長
(2019年度まで凍結)

直近では2017年度に3年間の凍結延長となったので、2019年度までは凍結されたままです。

なので、2020年度になったら「復活 or 凍結延長 or 廃止」の判断がされます。

もしもまた3年延長になれば、2023年度にどうするか判断して……以後繰り返しになる可能性もあります。

今のところ3年スパンで見直しをしてるので、この動向を見てからイデコを始めるか検討しても良いでしょう。

岩崎FP
特別法人税は、イデコ利用者にとって邪魔者でしかないので、バッサリ廃止して欲しいですね。

具体的には、2020年度の「与党税制改正大綱」に盛り込まれる予定で、時期としては2019年12月には分かるはずです。

ポメすけ
なんかたくさんポイントがあって混乱してきた…まとめろー?
岩崎FP
オッケー、簡単にまとめるね。
イデコについて
  1. 初任給が安く、余裕がない
  2. 60歳まで引き出せない
  3. 特別法人税の存在

この3つの理由から、高卒公務員が入庁後すぐにイデコを始めなくても良い、とぼくは考えています。

ただし、逆に「すぐ始めるべきこと」もあるんです。

逆にすぐ始めるべきこと

すぐに行動する人のイメージ画像

岩崎FP
次の3つは、できるだけ早く始めましょう。
すぐ始めよう
  1. お金が貯まる仕組みづくり
  2. マネーリテラシーの習得
  3. スキルアップ

お金が貯まる仕組みづくり

まっさきにするべきことは、お金が貯まる仕組みを作ることです。

ちょっとややこしいんですが、

  • お金を貯めること

ではなく、

  • お金が貯まる仕組みを作ること

です。

公務員なら生活に困ることはありませんし、高校生時代のバイト代よりはたくさんの給与をもらえます。

ぼくも公務員として働き始めた4月にもらった給与は、「こんなにもらっていいの?」と思ったほど。

ポメすけ
そんなにもらえたんか?
岩崎FP
半年分の交通費が含まれてたから、とくに多く感じたよ。

ただし、こんなにもらえるのかぁ、という感覚にまかせてバンバンお金を使っていると、すぐに底をついちゃいます。

じゃあ、節約をがんばればいいんだね、と「お金を貯めること」だけにフォーカスして闇雲やみくもな節約をしてしまうと、むしろ豊かな生活から遠ざかってしまうんですよね…

なので、無理のない節約をして、ラクにお金が貯まる『仕組み』を作ることが大切になってきます。

じゃあどうやってその『仕組み』を作ればいいの?という公務員の方向けに、『自動的にお金が貯まる仕組みづくり講座(全10回)』をお届けしてるので、ぜひお読みください

マネーリテラシーを身につける

日本の教育現場では「お金の授業(金融教育)」がほぼありません。

ですが、社会に出たら「お金の知識」は確実に必要になります。もしもお金の知識がないと、

お金の知識がないと
  • 税金をたくさん取られ、
  • 無駄な保険に入らされ、
  • ローン会社にだまされ、
  • カード決済をむやみに恐れる

というように、損する可能性がすごく高くなるんですよね…

なので、しっかりとお金のことを勉強して、お金を主体的にコントロールできる能力(マネーリテラシー)を身につけましょう。

とくに公務員は、お金を取る側からすると「だましやすい職業」です。

生活する分には困らない給与があるので、お金の勉強をするという動機付けが働きにくい職業なんですよね。

お金の知識が無い人というのは、言葉を選ばずに言ってしまうと、「いいカモ」なんです。

ポメすけ
カモにはなりたくないやで!
岩崎FP
かく言うぼくも、公務員時代は「すっごくいいカモ」だったんだ。

お金の知識がなくて、いろんな場面で損してきました 笑

実際、公務員になるといろんなセールスを受けますよ。

昼休みに保険のセールスを受けたり、職場に「マンション買いませんか?」という電話がかかってきたり…

そんな時、マネーリテラシーを身につけておけば、嘘にだまされず、情に流されず、きちんとした判断ができます。

ぼくが公務員時代に知っておきたかったお金の知識や、公務員だけが使えるお得情報などについて、無料のメルマガで配信中です。

登録していただいた方にはプレゼントも配付中なので、ぜひ読んでみてください。

スキルアップしよう

「公務員がすぐ始めるべきこと」のみっつめは、スキルアップです。

スキルアップが重要な理由は2つあります。

スキルアップが重要な理由
  1. 副業解禁の流れ
  2. 自由時間が増える

副業解禁の流れ

これからの公務員の未来は、給与の面を見ると手放しに明るいとは言えません。

なぜなら、人口減少による経済衰退がほぼ確実に訪れるからです。

働ける年齢層が少なくなれば、それだけ生産人口が減り、民間の平均給与が減り、結果として公務員の給与も減ってしまいます。

2019年で50代の公務員の方なら、まだ逃げ切れるかもしれませんが、これから公務員として働くぞ!という方にとっては厳しい状況です。

そこで必要になるのが、自身のスキルアップ。

人口減少は個人の力ではどうにもなりませんが、自分自身のスキルを磨くことはできますよね。

これからの公務員は、副業・兼業もできるようになりそうです。

すでに副業が解禁されている自治体があることは、「公務員を7年半で辞めてFPになった僕が伝えたい『公務員が知っておくと良いこと』3つ」という記事でも紹介しました。

スキルを磨いておけば、副業や兼業にも役立ち、収入を増やすことも可能になるかもしれません。

自由時間が増える

定時帰りのイメージがある公務員ですが、「残業」も意外とあるんですよね。

ポメすけ
そーなんや。毎日定時だと思ってた。
岩崎FP
部署にもよるけど、ぼくも100時間ごえの残業経験があるよ。

そして、単純作業だけど時間はかかる…みたいなしょうもない業務もあったりするんです。

そんなとき、業務を効率化できるスキル(プログラミングなど)を身につけておけば、仕事を早く切り上げることができます。

残業が減れば、そのぶん自由時間が増えます。

人生のすべてを公務員の仕事に捧げたい!という人は少ないでしょうから、スキルを磨き、自分の人生を楽しむ時間を増やすことをオススメします。

その増えた時間を趣味にあてるもよし、さらなるスキルアップにあてるもよし、投資の勉強をするのもよし、です。

時間は限りある貴重な人生の資源なので、無駄にしないようにしたいですね。

まとめ:高卒公務員とイデコについて

高校を卒業する女の子のイメージ画像

岩崎FP
それでは、今回の記事のまとめです!
今回の記事のまとめ
  • イデコはすぐに始めなくてOK
    …初任給が安く、余裕がない
    …60歳まで引き出せない
    …特別法人税の存在
  • 逆にすぐ始めるべきこと
    …お金が貯まる仕組みづくり
    …マネーリテラシーの習得
    …スキルアップ!

これまで3回にわたって、メルマガ読者さんからのご質問にお答えしました。

ご質問いただいた方へは、別途メールで回答していたのですが、「このサイトに早くから出会えた自分は本当に幸運だと思ってます!」と、お返事をいただきました。

ポメすけ
おー!それはうれしいナァ。
岩崎FP
お役に立てて良かった…こちらこそありがとうございます!

このブログやメルマガでは、お金のことや、保険の見直し、公務員の実情など、ご質問やご相談をお受けしています。

何かありましたら、コメントやコンタクトフォームからお気軽にメッセージください。

ポメすけ
最後まで読んでくれてありがと!
岩崎FP
また次回の記事でお会いしましょう!

関連記事

ポメすけ
この記事を読んでくれたなら、次の記事もオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です