無料プレゼント中
公務員専用イデコ活用マニュアル

確定拠出年金?NISA?インデックス?最優先&最強の投資先は『◯◯』だ!!

岩崎
こんにちは、元公務員FPの岩崎です。

最近では、投資のインフラが整ってきましたね。

たとえば、

  • 2017年:iDeCoの加入者拡大
  • 2018年:つみたてNISAの開始

などがあります。

これまで投資をスルーしてたけど、なんか始めてみようかなぁ

という方も増えてきているようです。

実際、ぼくも投資についての相談を受けることが増えました。 

この流れ自体はとても良いことだと思います。

投資について考えることは、自分の人生について考えることと直結しますので。

ただ、

  • 「iDeCoの商品は何がオススメ?」
  • 「インデックス投資しとけばOK」

なんて声を聞くと、少し不安になってしまいます。

そんなことよりも、真っ先に優先すべき投資先があるんです。

というわけで今回は、見落としがちな最強の投資先について書きます。

人的資本を活用しよう

結論から言いますね。

  • 最強の投資先は『自分自身』です

いわゆる自己投資、人的資本の活用です。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットもこう言ってます。

どのような投資にも勝る投資は、自分自身への投資である

あなたが持っている資本はなにも金銭や不動産・株式だけじゃなく、あなた自身も含まれます。

例えば、大学・大学院卒で25歳〜64歳まで働いた場合の生涯賃金(ボーナス込み、残業代除く)を見てみると …

男性で約2.6億円、女性で約2億円です。
(厚労省:平成28年度賃金構造基本統計調査より)

各年齢の年収から推計した数値なので、ここから実際に自分の生涯賃金を割り出すことはできません。

ですが、人的資本って結構デカいんだということが分かりますよね。

人的資本は減っていく

ここで悲しいお知らせです。

この人的資本、基本的には加齢に伴って減少します。

ここに、全く同じ能力を持つAさんとBさんがいます。

違いは、

  • Aさん:20歳
  • Bさん:50歳

年齢だけです。

20歳のAさんが50歳のBさんと同じ能力のわけないだろ…

と思われるかもしれませんが、比較のためにお付き合いください。

この場合、

Aさんの人的資本がBさんよりも大きいです。

なぜなら、Aさんのほうが

  • 長く能力を行使できて、
  • 能力の伸び代もあって、
  • 若くて健康面でも有利

だからです。

このように、放っておくと人的資本は冷酷に減っていきます。

人的資本を育てるには

「じゃあ人的資本を育てようよ」となるのですが、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

答えは単純で、

  • 学習や自己研鑽(けんさん)に努める

ということです。

これは何も難しいことではないですよ。

たとえば『身体を鍛える』ということも超シンプルな人的資本の拡大方法ですよね。

普段から身体を鍛えておけば風邪を引きにくくなりますし、現役で活躍できる期間を延ばすことにもつながります。

また、『プログラミングスキルを身につける』なんてことも良いですね。

(余談ですが、以前『テックキャンプ』という7日間の短期集中プログラミング学習に参加しました。超濃密だった7日間の参戦レポートは↓の記事で。)

若い時ほど人的資本を増やすチャンス

人的資本拡大の効果も、若ければ若いほど高くなります。

筋トレだって、プログラミングだって、年をとってからするより、若い時に始めたほうが有利ですよね。

若いうちから人的資本の拡大に努めれば、長期的に自己の収入を増やすことができます。

そのための費用は浪費ではなく投資です。

自己投資のための費用は惜しまず支出しましょう。

人的資本は基本的には目減りしていくという性質があります。

それをキープする、あるいは更に高めていくためには相応の努力・対策が必要ですね。

投資には明確な順序がある

ここで冒頭の投資(いわゆる株式投資など)に話を戻しましょう。

ぼくを含め資産家ではない一般人が投資で資産を増やす際の、明確な手順があります。

投資の手順
  1. 家計の見直し
  2. 自己投資
  3. 生活防衛資金の確保

②は常に継続していくべきことですが、③と同時進行してもOK。

ただし、最初に『家計の見直し』を行うことは必須です。

まず支出を見直さないと、仮に収入が増えても知らないうちに出て行ってしまうからです。

これは、よく「穴のあいたバケツ」にたとえられます。

せっせと水を運んでも、貯めておくバケツに穴があいていたら…?

一向に満杯になりませんよね。

バケツに入れる水量が半端じゃなく多く、しかも継続できるなら話は別ですが、そんなイレギュラーは自分の意志ではなかなか起こせません。

さて、手順②の自己投資はこの記事に書きました。

①家計の見直しと、③生活防衛資金については下の記事を読んでください。

こういった手順を踏んだ後に、やっと具体的な投資先(金融商品)の検討に入れるようになります。

まとめ

それでは、今回の記事のまとめです。

  • 金融商品への投資の前に、自己投資をして人的資本を拡大しよう

以上、『確定拠出年金?NISA?インデックス?最優先&最強の投資先は『◯◯』だ!!』という記事でした。

他にもお金についての記事をたくさん書いてますので、ぜひお読みください

あまり語られない確定拠出年金の唯一にして最大のデメリット/これアカンやつやん… 平成29年4月でふるさと納税のお得さ激減?還元率3割以下に
岩崎
最後まで読んでくれてありがとうございました。
追伸!あなたがもし公務員ならの情報が役立つので必ずチェックしてくださいね。