公務員専用イデコ活用マニュアル

公務員がふるさと納税で確定申告した手順を超丁寧に図解【簡単です】

ネットでふるさと納税の確定申告をする方法の説明記事のアイキャッチ画像

岩崎FP
こんにちは、元公務員FPの岩崎です。

ふるさと納税をした場合、

  • ワンストップ特例
  • 確定申告

このどちらかをしないと、税金が戻ってきません。

この記事では、公務員がふるさと納税の確定申告をする方法を紹介します。

ポメすけ
確定申告って難しそう…
岩崎FP
初めてだと「確定申告なんて自分には無理かも」って思うよね。でも大丈夫。

初めてインターネットで確定申告をする方でも、確実に確定申告できるように、実際の画面を一画面ずつ使って丁寧に解説します。

ざっくり手順を紹介すると、

確定申告の手順
  1. 源泉徴収票と寄付証明書を準備
  2. 確定申告書作成コーナーへアクセス
  3. ネットの画面を見ながら入力する
  4. 確定申告書を印刷、押印、郵送

この4ステップでOKです。

しかも、

  • 特別なソフトは不要
  • マイナンバーカード不要
  • MacでもWindowsでもOK

です。ぜひご覧ください。

ポメすけ
へー、専用ソフトとかいらんのやな!
岩崎FP
うん。ネット環境さえあればOKだよ。
MEMO
職場で年末調整が終わっている公務員の方を対象にした内容です。

ふるさと納税の確定申告で準備するもの

岩崎
準備するものは次の4つです。
  1. 源泉徴収票
  2. 寄付金受領証明書(自治体から送られてくる)
  3. マイナンバーが分かるもの
  4. 免許証などの本人確認資料
ふるさと納税の確定申告で使う源泉徴収票

①源泉徴収票

ふるさと納税の確定申告で使う源泉徴収票

②寄付金受領証明書

MEMO
マイナンバーが分かるものと、免許証などの本人確認資料は、申告書作成時は必須ではありません。作成後、印刷した帳票に添付する必要があります。
ポメすけ
「源泉徴収票」と「寄付金受領証明書」の2つがあればとりあえず申告書は作れるんやな。

ネット上でふるさと納税の確定申告書を作る手順

岩崎
さっそく始めていきましょう!

確定申告書は、インターネット上で作成することができます。

まず、国税庁の確定申告書作成コーナーにアクセスしてください。

①動作環境のチェックなど

「作成開始」をクリック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その1

「印刷して書面提出する」をクリック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その2

動作環境のチェック

パソコンのOSなどをチェックして、次に進みます。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その3

所得税コーナーへ移動

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その4

給与・年金の方用の作成開始ボタンをクリック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その5

確認事項を読んで、次へをクリック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その6

②生年月日等の入力

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その7

「給与のみ」にチェック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その8

給与の支払先と年末調整の有無をチェック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その9

「寄附金控除」をチェック

ここでチェックを入れておかないと、後でふるさと納税の項目を入力する画面が出てこないので注意しましょう。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その10

③源泉徴収票を見ながら入力

画面に源泉徴収票の入力例が出ます。色分けされてるので分かりやすく入力できますよ。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その11

扶養親族の数などを入力

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その12

給与支払者などを入力

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その13

入力内容の確認

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その14

所得金額の確認

これで、源泉徴収票の出番はおしまいです。

確定申告書を送る際の添付書類として使いますので、机の横によけておきましょう。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その15

④ふるさと納税の寄付証明書を見ながら入力

ここからは、各自治体から送られてきた「寄付金受領証明書」を使います。

(自治体によっては、「寄付受納通知書」と呼んだりします。)

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その16

入力するをクリック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その17

寄付した日などを入力

寄付先が複数ある場合、続けて入力してください。

「入力件数が多い場合の入力方法はこちら」というリンクをクリックすると、省略して入力する方法を見ることができますよ。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その18

入力内容を確認する

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その19

計算結果を確認する

所得控除の金額が、「ふるさと納税した金額マイナス2,000円」になっていることを確認してください。

例)下の画面は30,000円寄付したので、28,000円になっています。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その20

控除額を確認する

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その21

入力終了をクリック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その22

⑤還付金額の確認、振込先の入力

還付金額のチェックができます。

ここの金額は「所得税」の還付額なので少ないんですが、残りは翌年の住民税がちゃんと安くなるので安心してくださいね。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その23

扶養親族の有無をチェック

扶養親族等がいる場合は、右側のボタンから生年月日等を入力します。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その24

還付金の受け取り口座を入力

還付金は3つの方法で受け取ることができます。

  1. ゆうちょへ振込
  2. ゆうちょ以外の金融機関へ振込
  3. 郵便局窓口での受取

ゆうちょか他の金融機関への振込が楽ですね。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その25

氏名等を入力

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その26

住所等を入力

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その27

マイナンバーの入力

マイナンバーカードや通知カードを見て入力します。

ただし、ここで入力しなくても先に進めます。申告書を送る際の添付資料としては使いますので、準備はしておきましょう。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その28

MEMO
確定申告書にマイナンバーを記載することは、法律で義務付けられてます。ですが、今のところ罰則規定はありません。マイナンバーの記載や添付なしでも受け付けられているのが実態です。ただし、後ほど税務署から確認されることがあるので、素直に記載・添付しておきましょう。

OKをクリック

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その29

⑥ふるさと納税の確定申告書の印刷、押印、郵送

入力はこれでおしまいです。お疲れさまでした。

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の画面その30

ボタンを押すと、確定申告書等がダウンロードされます(PDFデータ)。

控えも合わせると6枚ほど作成されますが、そのうち、税務署に送るのは次の3枚です。

  1. 確定申告書A(第一表)
    押印箇所アリ
  2. 確定申告書A(第二表)
    →押印箇所ナシ
  3. 添付書類台紙
    →源泉徴収票や本人確認資料などを貼り付け

税務署に送る帳票3枚

ふるさとの確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の帳票「第一表」

第一表

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の帳票「第二表」

第二表

ふるさと納税の確定申告をネットの「確定申告書作成コーナー」を使って行う時の帳票「添付書類台紙」

添付書類台紙

税務署へ郵送、還付金の受取

押印や添付書類の貼り付けができたら、あとは封筒に入れて税務署に送るだけです。

先ほど作成されたPDFの中に「提出書類等のご案内」というものがあります。

その右下に提出先の税務署の住所が印刷されてるので、切り取って封筒に貼ると便利ですよ。

大体1ヶ月〜1ヶ月半くらいで、所得税が還付されます。

確定申告は1月にやってもOK

確定申告は、2月16日〜3月15日にすることになっています。

ですが、ふるさと納税や医療費控除など、所得税を返してもらう場合の確定申告書は、1月中に送っちゃってOK

むしろ、早めに出しておいた方が還付も早いので、源泉徴収票をゲットしたら早々に送っておきましょう。

ふるさと納税の確定申告をする手順まとめ

ポメすけ
で、できた…つかれた…
岩崎FP
おつかれさま!手順をまとめておくね。
確定申告の手順
  1. 源泉徴収票と寄付証明書を準備
  2. 確定申告書作成コーナーへアクセス
  3. ネットの画面を見ながら入力する
  4. 確定申告書を印刷、押印、郵送

ここまで一画面ずつ紹介してきましたが、もしわからないことがあればコチラからお気軽にお問い合わせください。

また、対面で確定申告したい方は、税務署に行ってもOKです。混み合いますが、職員の方に聞きながら確定申告できますよ。

ネットでも対面でもどちらでも良いですが、ワンストップ特例を使ってない方は、かならず確定申告をしてくださいね。

公務員の方でも、ふるさと納税や初回の住宅ローン控除など、確定申告をする機会は意外とあるもの

岩崎FP
しっかり確定申告して、節税していきましょうね。

公務員専用のiDeCo活用マニュアル、無料配布中

公務員専用のiDeCo活用マニュアル配布中のアイキャッチ画像

ふるさと納税と同じく、公務員の方が使える節税制度にiDeCo(イデコ)があります。

国の制度にしては珍しく、素直におすすめできる制度です。

ですが、公務員の加入解禁が2017年と最近なので「iDeCoってよくわかんない…」という方も多いですよね。

なので、元公務員のFPであるぼくが、公務員専用のiDeCoの活用マニュアルを作りました。

無料で配信している【公務員のマネースキル向上メルマガ】に登録していただいた方に、iDeCoの活用マニュアルをもれなくプレゼント中です

ブログでは書けない話や、公務員しか使えないお金の裏技なども紹介してますので、ぜひメルマガも読んでみてください。

詳細はコチラから

TRY NOW

公務員のための無料メルマガ


関連記事

ポメすけ
他にも公務員向けの記事がたくさんあるからぜひ読んでナァ
公務員の副業解禁されたけど、合法でバレずにやるならコレ一択という記事のアイキャッチ画像公務員の副業解禁されたけど、合法でバレずにやるならコレ一択お金が貯まらないのは、貯まる『仕組み』を作ってないから【元公務員FPが教えます】保険はほぼギャンブルだ、と判決を下す裁判長のイメージ画像保険はギャンブル。どうせ『賭け』なら上手に賭けよう!ポイントを中学生でも分かるように解説公務員がiDeCo(イデコ)年末調整に間に合わず確定申告する時の図解という記事のアイキャッチ画像公務員がiDeCo(イデコ)年末調整に間に合わず確定申告する時の図解

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です