公務員専用イデコ活用マニュアル

AFPの単位が足りない!→『即日』で『15単位』を『安く』取得できます

AFP継続教育研修を即日で安く取る方法を教える人のイメージ画像

焦るAFP
やばい!AFPの継続教育単位が足りない!なんなら1単位も取ってない!
岩崎FP
即日で全単位(15単位)取る方法があるから大丈夫ですよ。

がんばってAFP認定者になったぞ、やったー

と思っても、決められた期間中に「単位」を取らないと、資格の更新ができません。

きっとなにか目的を持って取得したAFP資格、失効させちゃうのはもったいないですよね。

そこで、この記事では、AFP資格更新に必要な単位を、

  • 即日で
  • 15単位(全単位)
  • 格安で

取得する方法を紹介します。

結論は、

  • 認定教育機関の通信講座を受講する

というものです。

順を追って説明しますが、「いいからオススメの通信講座だけ教えてくれよォ!!」という方は、こちらをクリックして記事下までジャンプしてください。

AFP資格を更新するための条件

まず、AFP資格を更新するための条件を確認しましょう。

ざっくり言うと、次のとおりです。

AFP資格の更新条件
  • 継続教育期間中に、
  • 15単位取得する

まず「継続教育期間」を確認しよう

継続教育期間は、AFP資格の有効期限みたいなものです(厳密にはちょっと違うけど)。

継続教育期間は、人によって違います。

AFP認定者の方なら、日本FP協会の「Myページ」の「資格状況」を見るとわかりますよ。

実際の画面をお見せしますね。

AFP継続教育期間の確認画面

継続教育期間はMyページで確認できる

岩崎FP
ここで確認した期間内に、15単位取ればOKってことですね。

「AFP継続教育単位」ってなんのこと?

継続教育期間が確認できたら、次は「単位」について。

ここで言う単位とは、

  • FPの資質や専門知識がちゃんと身についているか確認するよ〜
  • 確認できた人には単位をあげるよ〜
  • 15単位取った人は、またAFPと名乗っていいよ〜

という感じで、まぁ大学の単位と同じようなものですね。

ここでFPの専門科目を思い出してみましょう。6科目ありますよね。

FPの専門6科目
  1. 金融
  2. 不動産
  3. ライフ
  4. リスク
  5. タックス
  6. 相続

この6科目全部の単位を取らなきゃいけないの…?というと、そうじゃないんです。

AFPの場合、この6科目のうち2科目取ればOK。つまり選択科目制です。

また、選択した2科目にくわえて、「FP実務と倫理」という必須科目があります。FP倫理は実務上とても重要ですよね。

まとめると、

AFPの単位について
  1. 「FP実務と倫理」は必須→少なくとも1単位以上取る
  2. 6科目から2科目を選択して、残りの単位を取る
  3. ①と②を合わせて15単位取ればOK
岩崎FP
「最低15単位」というだけなので、何単位でも好きなだけ取ってOKです。

どうやって「AFP継続教育単位」を取るの?

AFP資格の単位は、いろんな方法で取得できます。

  • 認定教育機関の通信講座を受講する
  • FPジャーナルのテストを受ける
  • Myページでテストを受ける
  • CFP試験合格
  • 執筆活動
  • 講師活動

などなど…

執筆や講師活動でも認められるので、バリバリやってるよ〜という方は、日本FP協会の公式サイトで詳しい認定条件をご確認ください。

「AFP継続教育研修」を受けて15単位を取ろう

この記事は、

焦るAFP
もう期限まで余裕がない…とにかく安く単位を取りたい…

という方向けに書いてるので、おすすめは冒頭に書いたとおり、

  • 認定教育機関の通信講座を受講する

これ一択です。

講座内容にもよりますが、即日でキッチリ15単位取れるものもあります。

おすすめのAFP継続教育研修

AFP継続教育研修の認定教育機関もたくさんあって、なんと45社も存在します。多い…

というわけで、各機関をチェックしました(がんばりました)。

その結果、

  • 即日で
  • 15単位(全単位)
  • 格安で

取得できるのは、(株)アーティスが運営する「資格対策ドットコム」の『FP資格継続教育パック』 というものでした。

なんと税込み2,592円で取得可能。

ネット完結なのでインターネット環境さえあればすぐに受講可能で、申し込みから3か月以内に受講終了すればOKです。

3か月以内とありますが、正直、数時間もかからず受講を終えることができます。申込日=研修終了です。

なお、ほかの取得方法や、他社の通信講座と比べてどれくらい安いかと言うと…

  • FPジャーナルのテスト
    …1回900円で3単位→4,500円
  • FPK研修センターの通信講座
    …5,300円

…うん、まぁ何万円も安い!ってわけじゃないけど、そこそこ安い。

「どうしてもここの講座を受けたい!」というこだわりがなければ、「資格対策ドットコム」の『FP資格継続教育パック』がおすすめです。

ちなみに、この「資格対策ドットコム」ですが、AFP資格を取得する時に受ける「AFP認定研修」のコースも準備しており、当サイトからもたくさんの方が受講されています。

岩崎FP
安くてもちゃんとFP協会に認定された会社なので安心です。

選択科目や研修の内容は?

資格対策ドットコムの「FP資格継続教育パック」は、

  • 必須科目(FP実務と倫理)
  • 選択科目その1
  • 選択科目その2

のセットになっていて、選択科目の組み合わせも全パターン用意されています。

自分の好きな選択科目の組み合わせのものを選べばOK。どの組み合わせを選んでも、受講料は同じ。

研修内容は、Web上で講座を受講して、テストに合格すれば単位がもらえます。テストは各科目5問くらいなのですぐ終わるような内容です。

もし間違えても、不合格!とはならず、やり直しができるので安心してくださいね。

ちなみに、「専門分野だし講座は飛ばしても大丈夫〜」という方は、いきなりテストから受けてもOK。

くわしくは公式サイトでチェックしてみてください。

公式サイト

単位取得後のAFP更新申請方法

さいごに、無事に単位取得したあと、どうやってAFP資格の更新を申請するのか?について紹介して終わります。

資格対策ドットコムの場合、テストに合格すると「継続教育研修受講証明書」がダウンロードできるようになります(PDFデータ)。

パソコンなどに保存しておいてください。

日本FP協会の『Myページ』の「取得単位の記録と確認/更新手続」ページの下のほうに、「協会承認講座の単位申請」というボタンがあります。

実際の画面はこんな感じ。

AFPの単位申請方法

ページの下の方にあります

ボタンをクリックして、受講内容などを入力し、最後に申請ボタンを押せば完了です。

なお、パソコンに保存した「継続教育研修受講証明書」は、3年間は保存しておく必要があるので気をつけてくださいね。

まとめ:AFPとしてのスキルアップは欠かさずに

岩崎FP
今回の記事のまとめです。
AFPの単位取得について
  • AFP資格更新の単位を、「即日」で「全単位」取るには、通信講座を受講しよう
  • 「資格対策ドットコム」が格安でおすすめ

今回紹介した方法で問題なくAFP資格は更新できるはずです。

AFP資格を取得する理由は人それぞれだと思いますが、胸を張って「AFPです!」と言うには、実力が伴っていないといけませんよね。

更新しておしまいにせず、日々、知識やスキルを磨いて専門性を高めていきましょう。

ぼくも頑張ります!

岩崎FP
この記事の他にも、CFPやFP1級に「独学&1発合格する秘訣」などを書いてるのでぜひどうぞ!

FP試験の独学合格サポートサイト

FP試験の独学合格を目指す人のための専用サイト作りました。独学向きかの診断テストもあるので、ぜひ遊びに来てください

参考 独学!FP試験のあるきかたFP試験合格サポートサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です