公務員専用イデコ活用マニュアル

ガンになった公務員は入院でいくら必要?ガン保険を元公務員FPが徹底解説

セールスマン
今や2人に1人はがんになる時代です。不安ですよね…がん保険で備えましょう!
岩崎FP
こんなセールストークを聞いたら要注意です。

「50%はガンになる」ってすごくキャッチーですよね。不安を煽るには効果十分なフレーズ。

でもこれって、「完全にウソ」ではないけど「ほとんどウソ」なんです。

真実を知れば、「公務員にとってガン保険は不要」だと分かりますよ。

ポメすけ
2人に1人はガンになるってよく聞くけどナァ…
岩崎FP
数字のマジックがかかってるんだよ。詳しく説明していくね!

公務員専用メルマガ配信中

ガンになる確率を統計から知ろう

本当に2人に1人はガンになるのか?

まずはここを統計データから洗ってみましょう。

「国立がん研究センター」ってご存知ですか?

その名のとおり、ガン治療や研究の拠点となる国の機関です。

その国立がん研究センターが、一般の方向けに「がん情報サービス」というサイトを運営しています。

このサイトの「最新がん統計のページ」でガンになる確率をチェックしてみましょう。

参考 最新がん統計がん情報サービス|国立がん研究センター

ガンになる確率は男性62%・女性47%

国立がん研究センターの2014年のデータによると…

生涯でがんに罹患する確率は、男性62%(2人に1人)、女性47%(2人に1人)。

引用:最新がん統計|国立がん研究センター

やっぱり2人に1人はガンになるっぽいですね。

ポメすけ
おいこら。
岩崎FP
いやちがうのよ。もう少し聞いてほしい。

この男性62%・女性47%という数字には、ある重要な視点が欠けてるんです。

それは、「年齢」です。

確かに一生涯では2人に1人はガンになりそうですが、年齢も含めてデータを見直すと、まったく違う結果になるんです。

60歳になるまでにガンになる確率→数%

岩崎FP
今の年齢から、10年後までにガンになる確率を表にしました。

男性がガンになる確率

10年後までにガンになる確率(男性)
今の年齢10年後
20歳0.3%
30歳0.6%
40歳2%
50歳5%
60歳15%
70歳29%

女性がガンになる確率

10年後までにガンになる確率(女性)
今の年齢10年後
20歳0.4%
30歳1%
40歳4%
50歳6%
60歳9%
70歳14%

ガンは歳を取ってからかかる病気

10年後までのガン発症率
  • 今30歳の人:0.6~1%
  • 今40歳の人:2~4%
  • 今50歳の人:5~6%

どうでしょうか?

どう見ても「2人に1人はガンになる」とはかけ離れた確率ですよね。

つまり、ガンは「歳を取ってからかかる」病気なんです。

それなのに、現役で働いてる人に「2人に1人はガンになりますよー、だからガン保険が必要ですよー」と言うのは正直どうなの?と思います。

ポメすけ
たしかに…不安あおりすぎやでさすがに。
岩崎FP
だよね。でもこんなセールストークが横行しちゃってるんだ。

公務員がガンで入院したらお金はいくら必要?

ポメすけ
確率が低いのは分かったけど、実際ガンになったらお金が心配やで…
岩崎FP
そうだよね。そこも検討していこうか。

若いうちは癌になりにくいので、正直なところそんなに心配いりません。

心配な人
それでもガンになったら不安……いつかガンになるなら結局は医療保険いるんじゃない?

という方のために先に結論を伝えておくと、「きちんと貯蓄してたら対応できる」ので大丈夫。心配いりませんよ。

医療費・食費・差額ベッド代・先進医療

ガンで入院した場合にかかるお金は、

  • 医療費
  • 食費
  • 差額ベッド代
  • 先進医療

などが主なものです。

岩崎FP
それぞれいくらかかるか見ていきましょう!

医療費は25,000円(ひと月の上限)

公務員は、共済組合に強制加入してます。

この共済組合の医療保険がめちゃくちゃ強力で、ガンでひと月まるまる入院しても、自己負担額は2.5万円で済むんですよ。

高給取りの方でも自己負担は5万円でOK。

注意
月またぎの入院は医療費自己負担が増えるケースも。詳細は「高額療養費があれば医療保険は不要?自己負担額を知っておこう」の記事で解説しています。

実際の金額は共済組合によって異なりますが、いろんな共済組合のサイトを確認したり、公務員世帯の方と話したところ2.5万円~5万円という場合がほとんどです。

この制度は「附加給付」とか「一部負担金払戻金」というもので、扶養家族も対象になるという超頼れる制度なんです。

YouTubeでも解説してるので、これは絶対に知っておいてくださいね。

食費は1日1,380円

入院時の食費の自己負担額は、1食460円です(2019年度)。

なので、460円×3食=1,380円が1日あたりの自己負担額になります。30日間の入院だと、41,400円の負担ですね。

よくある誤解は「普段の食費+41,400円がかかる」というもの。これ本当に多い間違いなんです…

なぜなら、入院日数分は普段の食費が浮くからです。

本当の自己負担額は、「入院による食費の自己負担額」ー「普段の食費」で出しましょう。

ポメすけ
この辺りは別の記事にしてるやで。

差額ベッド代

厚労省の資料「主な選定療養に係る報告状況(2018年11月14日)」によると、差額ベッド代の自己負担額は以下の通りです。

  • 4人部屋:2,440円/日
  • 3人部屋:2,798円/日
  • 2人部屋:3,119円/日
  • 1人部屋:7,837円/日

平均額なので、実際の金額は病院によって変わってきます。

余談ですが、差額ベッド=個室というワケじゃないのも押さえておきましょう。

先進医療

ガン治療では、先進医療が不安の種ですよね。実際、普段からよく相談を受けてます。

ガンに係る先進医療は、

  • 陽子線
  • 重粒子線

主にこの2つです。

では、その自己負担額はいくらか?

中央社会保険医療協議会の先進医療の実績報告(2017年度)によると、

  • 陽子線:276万円
  • 重粒子線:315万円

これくらいかかってきます。なかなか高額ですね。

ただ、先進医療が実施されるのは、ほんっとうにレアケースなんだということも押さえておきましょう。

ガン患者のうち、何%が先進医療を受けるかというと、

  • 陽子線:0.1%
  • 重粒子線:0.08%

すごく僅かな確率です。

そもそも現役期にガンになる確率が数%で、そこから0.1%程度の話。

ポメすけ
確率的にはめっちゃ低いんやな!
岩崎FP
不安なのは分かるけど、そんなに心配無いのが正直なところだよ。

ガンで入院した場合の自己負担額まとめ

  • 医療費:ひと月25,000円
  • 食費:1日1,380円
  • 差額ベッド:1日2,440円~7,837円
  • 先進医療:276万円~315万円

それぞれの自己負担額が大体分かりましたね。

それでは、平均入院日数でシミュレーションしてみましょう。

ガンの平均入院日数からシミュレーション

ガンにもいろいろありますが、罹患率が高いのが「胃ガン」です。

岩崎FP
なので今回は胃ガンを例に見てみましょう。

厚労省の統計データ、平成29年(2017)患者調査の「退院患者の平均在院日数等」によると、

  • 胃ガンの平均入院日数:19日
ポメすけ
あら。意外に短いんやな。
岩崎FP
あくまで平均だけど1か月も入院しないんだよね。

ちなみに、年齢別に見ても1か月いきません。

年齢別の平均入院日数
  • 15~34歳:12日
  • 35~64歳:13日
  • 65歳以上:20日

では、これを踏まえて

  1. 現役時代(附加給付あり)
  2. 退職後(附加給付なし)

この2パターンで、平均入院日数の19日間入院(同月内)した場合の自己負担額を試算してみます。

現役時代の自己負担額

19日間入院した場合の自己負担額(現役)
先進医療ナシ先進医療アリ
医療費2.5万円
差額ベッド代15万円
食費2.6万円
先進医療300万円
合計20.1万円320.1万円

差額ベッド代は一番高額な1人部屋の平均額としました。

もし差額ベッドも先進医療も不要なら、19日入院しても約5万円で済みます。

ここから普段の食費を差し引いたり、共済組合や互助会からの見舞金も加味すると、更に負担額は減ってきます。

岩崎FP
医療費自己負担が抑えられてるのは、やっぱり公務員の強みですよね。

退職後の自己負担額

19日間入院した場合の自己負担額(退職後)
先進医療ナシ先進医療アリ
医療費9万円
差額ベッド代15万円
食費2.6万円
先進医療300万円
合計26.6万円326.6万円

退職後、附加給付が使えなくなっても、「高額療養費」によって自己負担は軽減されます。

たとえば、「69歳以下」で、「年収370万円〜770万円」くらいの方なら、たとえ月の医療費総額が100万円かかっても、自己負担額は9万円くらいで済みます。

70歳以降は、更に負担額が軽減されます。

岩崎FP
退職後に高額所得者でもない限り、だいたいこのレンジに収まるはず。
ポメすけ
高額療養費については別の記事に詳しく書いてるやで。

公務員のガン入院時の自己負担まとめ

岩崎FP
ここまでを表にまとめておきます!
現役期退職後
差額ベッド無し5万円11.6万円
差額ベッド有り
(1人部屋)
20.1万円26.6万円
先進医療有り+300万円

1人部屋を使っても、20~30万円あれば、ガンの平均的な入院には備えられそうですね。

ポメすけ
先進医療も考えると金額が跳ね上がるんやな。
岩崎FP
そうだね。超レアケースだってことを押さえた上でそれでも備えたいか?ってところだね。

先進医療については、YouTubeの「公務員も先進医療には医療保険で備えるべき?」という動画で詳しく解説してるので、そちらを見て検討してみてください。

少なくとも、先進医療を加味しない場合は預貯金で十分に対応可能というのが今回の結論です。

先進医療に備える場合も、

  • 先進医療に単独加入できるもの
  • 職場の団体保険で特約をプラス

といった方法でなるべく割安に入るようにしましょう。

公務員にガン保険は不要な理由まとめ

岩崎FP
それではまとめです!
今回のポイント
  • 「2人に1人はガンになる」は嘘
  • 現役期にガンになる確率はかなり低い
  • ガンになっても長期入院はしにくい
  • ガンで入院しても預貯金で十分対応可能
  • 先進医療は超レアケース→心配し過ぎないこと

保険勧誘の現場では、いろんなセールストークが繰り広げられます。

中でも、「不安を煽る」のは鉄板です!人は不安に弱い生き物ですから…

でも、「不安だから」という心理状態で保険を選ぶのは悪手です。絶対に入りすぎになっちゃいますからね。

もちろん、ぼくも人間なので不安になる気持ちは分かります。ガン怖いですよね。

でも、すべての不安に保険で備えるのは無理ですし、少なくともガンは預貯金で対応が可能です。

今回紹介したデータやシミュレーション結果をもとに、ガン保険との付き合い方を見つめなおして欲しいなと思います。

ポメすけ
最後まで読んでくれてありがと!

関連記事

ポメすけ
この記事を読んでくれたなら、次の記事もオススメ!

お金の本質が学べる動画配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です