無料プレゼント中
公務員専用イデコ活用マニュアル

【2018年】公務員のボーナス計算方法(シンプル版と詳細版)人事院勧告後版

公務員のボーナスの計算方法についての記事のアイキャッチ画像

岩崎
こんにちは!
元公務員FPの岩崎です。

今回のテーマは、公務員ボーナスの計算方法です。

  • シンプルに年額を計算する方法
  • 6月と12月の額を計算する方法
  • 支給月数を知る方法

についてお話しします。

管理職を除いた、一般の職員の話です。

また、一部の自治体では3月にも支給されるので、その場合についても紹介します。

シンプルに年額を計算する方法

公務員のボーナスの年額計算方法の見出しアイキャッチ画像

年額を計算するのはシンプルでとても簡単です。

①給料②地域手当③扶養手当)× ④支給月数

①〜③の額は、給料明細を見れば分かります。

④の支給月数は、2018年は4.45月になる見込みです。

  1. 毎年8月の人事院勧告で国家公務員分が決まる
  2. その後、人事委員会勧告で各地方公務員分が決まる(多くは国と同じくらいになる)

※実際は、勧告を受けて、国会や地方議会で議決されます。

公務員のボーナスの計算例(年額)

岩崎
実際に計算してみよう!

給料と手当の額は総務省の「平成29年度地方公務員給与実態調査」から、北九州市の平均値を取ってきました。

ご自分の金額に置きかえて計算してみてください。

  1. 給料月額:354,900円
  2. 地域手当:11,900円
  3. 扶養手当:14,034円
  4. 支給月数:4.45月

①+②+③=380,834

380,834円×④4.45月=1,694,711円

年額約169万円ですね。

ここから所得税や年金掛金などが引かれ、手取りは約80%の135万円くらいでしょう。

このシンプル版で計算すれば、見込み額を知るのには十分です。

ここからは「夏のボーナス(6月)と冬のボーナス(12月)も計算したい」という方向けに、それに対応したバージョンも紹介します。

上で計算した①+②+③の額に、

  • 6月分は2.125をかける
  • 12月分は2.325をかける

これで2018年のボーナス額が出せます。

国と支給月数が同じものとして計算してますので、地方公務員の方は、詳しくはご自分の自治体の人事委員会勧告をチェックしましょう。

とは言え、8割以上の自治体は国と同じ支給月数です。詳しくは関連記事をお読みください。

6月と12月のボーナスを計算する方法

公務員のボーナス夏(6月)と冬(12月)の計算方法の見出しアイキャッチ画像

公務員のボーナスは、

  • 期末手当
  • 勤勉手当

という2つの手当が組み合わさってできています。

なので、この2つの手当の金額を合計すればOKです。

2つの手当の計算式はシンプル版と同じですが、支給月数が違います。

イメージ的には、全体の支給月数(2018年は4.45月)を、期末手当と勤勉手当に割り振るという感じですね。

また、ほとんどの自治体では、12月のボーナスが6月よりも多く支給されます。

これは12月の支給月数を6月よりも多く割り振る自治体が多いからですね。

また、支給月数については、

  • 期末手当:だれでも同じ月数になる
  • 勤勉手当:成績によって月数が増減

という特徴もあります。

まずは、期末手当と勤勉手当の計算方法を紹介し、その後6月と12月の金額を実際にシミュレーションしてみます。

ポメすけ
ふむふむ。「期末手当」と「勤勉手当」がボーナスの正体なんやな。

期末手当の計算方法

期末手当の計算方法の見出しアイキャッチ画像

①給料②地域手当③扶養手当)× ④期末手当の支給月数

①+②+③を「期末手当基礎額」と言います。

今回は、この「期末手当基礎額」を380,834円として計算します。

④期末手当の支給月数は、6月より12月の方が多い自治体がほとんどです。

2018年の期末手当の支給月数

2018年の期末手当は年間で2.6月分で、

  • 6月→1.225月
  • 12月→1.375月

と割り振られてます。

一部の自治体では、3月にも割り振られます。

  • 6月→1.175月
  • 12月→1.175月
  • 3月→0.25月

3回支給されても、トータルは2.6月で国や他の自治体と同じですね。

勤勉手当の計算方法

勤勉手当の計算方法の見出しアイキャッチ画像

①給料②地域手当③扶養手当)× ④勤勉手当の支給月数

①+②+③を「勤勉手当基礎額」と言います。

お気付きかと思いますが、「期末手当基礎額」と「勤勉手当基礎額」は全く同じです。

計算例では380,834円とします。

勤勉手当の④支給月数は、6月と12月で基本的には同じです。

勤務成績によっては、支給月数が増減することもありますが、それは自分で事前に知ることはできませんし、ほとんどの場合は標準成績ですから、今回も標準成績として計算します。

計算額よりも実際のボーナス額が多い時は、成績が良かったんだと喜びましょう。

岩崎
まあ実態は、不公平のないように所属長が割り振りしてるようですけどね…部署にもよるでしょうが…

2018年の勤勉手当の支給月数

2018年の期末手当は年間で1.85月分で、

  • 6月→0.9月
  • 12月→0.95月

と割り振られてます。

制度としては6月と12月で変わらないんですが、人事院勧告が8月にあるため、6月は支給済みになります。

その差額を12月に上乗せする形ですね。

2018年は0.05月upだったので、12月に上乗せされてます。

また、年に3回ボーナスがある自治体でも、3回目のボーナスには勤勉手当は割り振られてないことがほとんどです。

上の福山市の例でも、3月のボーナスは期末手当のみでした。

夏(6月)のボーナス(期末手当と勤勉手当)の計算例

公務員の夏(6月)のボーナスの計算方法の見出しアイキャッチ画像

計算の材料は次のとおりです。

  1. 期末(勤勉)手当基礎額:380,834円
  2. 期末手当支給月数(6月):1.225月
  3. 勤勉手当支給月数(6月):0.9月

②+③で2.125月なので、

  • 額面:380,834円×2.125月=809,272円
  • 手取:809,272×80%=647,417円

となります。

ポメすけ
月数は自治体によって違うこともあるみたいやで。

冬(12月)のボーナス(期末手当と勤勉手当)の計算例

公務員の冬(12月)のボーナス計算方法の見出しアイキャッチ画像

6月と同様に計算します。

  1. 期末(勤勉)手当基礎額:380,834円
  2. 期末手当支給月数(12月):1.375月
  3. 勤勉手当支給月数(12月):0.95月

②+③で2.325月なので、

  • 額面:380,834円×2.125月=885,439円
  • 手取:809,272×80%=708,351円

となります。

ポメすけ
やっぱり12月は多いんやな!

公務員のボーナス計算まとめ

公務員のボーナスの計算方法は明細を見ればわかる見出しのアイキャッチ画像

内容が分かってしまえば、公務員のボーナスの計算は自分で簡単にできますね。

給料や地域手当などは明細で、支給月数は人事院勧告(地方は人事委員勧告)をチェックしておけばOKです。

岩崎
それじゃ、今回のおさらいだよ。
  • ボーナスは(給料+地域手当+扶養手当)×支給月数
  • ボーナスの中身は「期末手当」と「勤勉手当」
  • 支給月数は人事院勧告や人事委員会勧告で決まる

2019年以降の支給月数についても、分かり次第この記事に追記しますので、ブックマークをお願いします。

この記事の他にも公務員の方に特化した記事を書いてますので、ぜひチェックしてください。

公務員専用「お金のメルマガ」あります

公務員専用のお金の無料メルマガ見出しアイキャッチ画像

ぼくは元公務員のファイナンシャルプランナーですが、公務員時代は「お金」に無頓着で、結果的にいろいろ損してました。

あのころ、今の【お金の専門家】としての知識があれば、損せずに公務員のメリットを最大化できていたのになぁ…と後悔してます。

そこで、現役の公務員の方向けに、お金の知識やスキルが身につく無料のメールマガジンを配信してます。

ボーナスの税金を取り戻す効果的な方法や、公務員の方しか使えない裏技など、いろいろとお話ししてますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください

TRY NOW

公務員のための無料メルマガ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です