無料プレゼント中
公務員専用イデコ活用マニュアル

地方公務員の年収や手取りを、統計データから各年代別に推計してみた

地方公務員の年収や手取りを、統計データから各年代別に推計してみたという記事のアイキャッチ画像

nino
こんにちは、元公務員FPのninoです。

今回は、地方公務員の年代別の年収がテーマです。

以前、ぼくが公務員だった30歳頃の年収について公開しましたが、せっかくなので全年代分も推計することにしました。

  • 地方公務員の全年代での年収推計
  • 手取り年収はどれくらい増える?
  • 収入を増やすよりも節約&節税を

といったことについて取り上げます。

また、この記事では、一般行政職について書きますが、教員については下の記事に書いてます。

統計の元データと推計方法

地方公務員の給与は、総務省が毎年調査しています。

2018年10月時点での最新調査である「平成29年地方公務員給与実態調査」のデータを使用しました。

  • 手取りは70〜80%程度で計算
  • ボーナスは4.4月(H29人事院勧告)で計算

という条件で、各年代の年収・手取り・ボーナス(内額)を推計しました。

年収が上がるほど税金や社会保険料が増えるので、年収に占める手取り額の割合は逆に減っていきます。

  • 20〜31歳までは基礎控除のみとした
  • 32歳以降は基礎控除+配偶者控除とした
  • ボーナスに含む「扶養手当」と「地域手当」は年齢別データが無かったため同額とした
nino
元データに合わせて、4歳きざみで紹介していくね。
ポメすけ
気になる年代だけでもタップorクリックしてな。

20〜23歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 356万円 280万円 91万円
都道府県 356万円 280万円 91万円
政令市 381万円 299万円 97万円
353万円 277万円 89万円
町村 314万円 249万円 81万円
特別区 415万円 326万円 110万円

24〜27歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 416万円 327万円 101万円
都道府県 417万円 328万円 102万円
政令市 448万円 348万円 108万円
413万円 324万円 99万円
町村 366万円 288万円 92万円
特別区 469万円 385万円 119万円

28〜31歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 473万円 369万円 113万円
都道府県 480万円 371万円 114万円
政令市 512万円 393万円 122万円
466万円 364万円 110万円
町村 414万円 325万円 102万円
特別区 525万円 404万円 132万円

32〜35歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 535万円 420万円 127万円
都道府県 544万円 428万円 129万円
政令市 578万円 452万円 137万円
524万円 410万円 123万円
町村 469万円 373万円 114万円
特別区 599万円 466万円 149万円

36〜39歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 603万円 469万円 144万円
都道府県 613万円 477万円 146万円
政令市 653万円 506万円 154万円
593万円 461万円 140万円
町村 535万円 420万円 131万円
特別区 672万円 518万円 165万円

40〜43歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 669万円 511万円 161万円
都道府県 685万円 525万円 164万円
政令市 722万円 549万円 169万円
658万円 502万円 157万円
町村 602万円 465万円 148万円
特別区 745万円 562万円 181万円

44〜47歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 719万円 546万円 173万円
都道府県 728万円 549万円 174万円
政令市 767万円 573万円 181万円
709万円 539万円 170万円
町村 652万円 502万円 161万円
特別区 788万円 588万円 190万円

48〜51歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 755万円 569万円 181万円
都道府県 761万円 573万円 182万円
政令市 809万円 600万円 190万円
746万円 562万円 179万円
町村 684万円 524万円 170万円
特別区 814万円 604万円 196万円

52〜55歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 781万円 583万円 188万円
都道府県 784万円 586万円 188万円
政令市 842万円 620万円 198万円
769万円 574万円 186万円
町村 707万円 539万円 176万円
特別区 843万円 621万円 202万円

56〜59歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 800万円 594万円 194万円
都道府県 805万円 597万円 194万円
政令市 872万円 642万円 206万円
789万円 589万円 192万円
町村 719万円 546万円 180万円
特別区 871万円 641万円 208万円

60〜63歳の地方公務員の平均年収

区分 年収 手取 ボーナス(内)
全体 497万円 389万円 128万円
都道府県 499万円 391万円 129万円
政令市 512万円 399万円 133万円
484万円 378万円 125万円
町村 446万円 350万円 118万円
特別区 585万円 451万円 148万円

地方公務員の平均手取り年収の推移

nino
全年代での推移も紹介するね。

イメージしやすいように、手取りの金額で作成しました。

43歳以降は昇給しにくいため、グラフの傾きがなだらかになってます。

また、60歳での定年後は、収入がガクッと落ち込んでますね。

自治体の規模や地域によって金額に差はあっても、同じようなグラフを描いていることが分かります。

手取り年収はあまり増えない

もうお気づきかもしれませんが、見かけ上年収が増えても、手取り年収はそこまで増えません。

市職員を例にあげるとこんな感じです。

年代 年収
(万円)
年収増
(万円)
手取
(万円)
手取増
(万円)
20〜23歳 353 277
24〜27歳 413 +60 324 +47
28〜31歳 466 +53 364 +40
32〜35歳 524 +58 410 +46
36〜39歳 593 +69 461 +51
40〜43歳 658 +65 502 +41
44〜47歳 709 +51 539 +37
48〜51歳 746 +37 562 +23
52〜55歳 769 +23 574 +12
56〜59歳 789 +20 589 +15
60〜63歳 484 −305 378 −211
ポメすけ
ほんまや!あんま増えないんやな。

まとめ:早めに節約・節税スキルを身につけよう

このように、たとえ昇給して給与が増えても、払う税金や社会保険料も増えるシステムになってます。

しかも、公務員の昇給はどこかで頭打ちになります。

もちろん、課長や部長、局長といったように出世を目指すのであれば給与も上を目指せます。

しかし、出世する絶対数が少ないですし、当然責任は重くなりますし、繰り返しですが払う税金なども増えます。

そう考えると、早い段階で節約や節税スキルを身につけておくことは、誰にとっても大切だと言えますよね。

また、誰にとっても「今日が一番若い日」です。

動き出すのは1日でも早い方が有利なので、「節約や節税なんて…」とバカにせず、取り組んでみてくださいね。

公務員専用「お金の無料メルマガ」あります

地方公務員の年収や手取りを、統計データから各年代別に推計してみたという記事の見出しアイキャッチ画像

ポメすけ
最後まで読んでくれてありがとなぁ。
nino
さいごにお知らせだよ。

元公務員のFPであるぼくが、「公務員時代に知っていたかったお金のこと」について無料メルマガで配信中です。

この記事で書いた「手取り年収はあまり増えない」という時に使える節税術も紹介します。

また、メルマガに登録していただいた方全員に、2017年に公務員の加入が解禁されたイデコ(確定拠出年金)の活用マニュアル冊子をもれなくプレゼント中です

ブログでは書けない話や、公務員の方しか使えない裏技なども紹介してますので、ぜひメルマガも読んでみてください。

詳細はコチラから

TRY NOW

公務員のための無料メルマガ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です