無料プレゼント中
公務員専用イデコ活用マニュアル

ハピタス(ポイントサイト)はなぜ無料?怪しくない?危険性は?と思った時に読む記事

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

この記事では「ハピタスってなぜ無料で稼げるの?怪しくない?」という疑問に、FP(お金の専門家)がわかりやすく答えます。仕組みさえ知れば、その疑問は解決しますよ。

ハピタスとは、ポイントサイトのひとつです。

ポイントサイトとは、そこを経由して買い物したりサービスを使えば、ポイントがもらえるサイトのことで、もらったポイントは現金やnanacoなどに交換できます。

登録料や利用料など一切かからず完全に無料なので、FPのぼくもガンガン利用してます。

ポイントサイトの使い所
  • クレジットカードを作る時
  • 銀行や証券の口座を作る時
  • 本を買う時
  • 旅行する時

などなど、いろんなシーンで使えます。

で、初めてポイントサイトの存在を知った時に思ったのが

岩崎
…怪しくない?

ってことです。
ぼくは疑り深いんです。

そしてアレコレ調べた結果、

岩崎
これは安心して使えるね!

ということが分かりました。
それからずっと使ってます。

では、さっそくその仕組みを解説していきましょう!


公務員専用メルマガ配信中

ポイントサイトの仕組みはテレビCMと同じ

簡単に言うと、ポイントサイトの仕組みはテレビCMと同じです。

まずはテレビCMの仕組みを、あの国民的アニメ「サザエさん」を例に見てみましょう。

テレビCMの仕組み

テレビはたくさんの人が見ますよね。
たくさんの人が見る(集まる)場所で宣伝できれば、その効果は高くなります。

なので、自社商品やサービスを宣伝したい企業は、テレビ局にお金を払ってでもCMを流したいんです。

たくさんの人に知ってもらうチャンスですから。
広告費を払っても、それを上回る利益が出ると思ってCMを流すわけです。

サザエさんも毎週日曜日に

サザエさん
ご覧のスポンサーの提供でお送りします

って言ってますね。あれもCMです。
サザエさんもタダではあんなこと言いません。お金をもらって企業を紹介してるわけですね。

つまり、サザエさん(テレビ局)は「宣伝できる場所」を提供して、場所代としてお金を取ってるということです。

ポイントサイトの仕組み

ポイントサイトに話を戻すと、

サザエさん(テレビ局)=ポイントサイト

です。

つまり、ポイントサイトは、ネット上に人が集まる「宣伝できる場所」を提供して、場所代としてお金を取っているんです。

なので、ポイントサイトは

  • 広告を載せる企業側からお金を取り
  • 広告を見るユーザー側は無料で使える

という仕組みになってます。

ポイントがもらえるのはなぜ?

「なるほど、無料で使えるのは分かった。でも更にポイントがもらえるのはなぜ?」

この疑問の答えも簡単で、

企業から集めたお金の一部をポイントとしてユーザーに還元し、ユーザーが集まる動機付けにしてるからです。

「宣伝できる場所」として機能するには「たくさんの人が集まること」が必須ですね。

何もしなくても人が集まるなんてふつうは無いので、人を集めるには、その集まった人にとって何かしらのメリットが必要です。

それを「ポイント還元」という形で解決したのがポイントサイトです。
しかもその原資は企業から集めたお金。

良くできてますよね。

これって、誰も損しないんですよ。

  • ユーザーも
  • 広告を出す企業も
  • ポイントサイトも

3者とも損してないですよね。みんなハッピー。
シンプルで、とても良い仕組みです。

アムウェイのような一部の人しか儲からないネットワークビジネスなんかとは全く違います。

ポイントサイトは全然怪しくないし、ましてや詐欺でもないし、いたってまともなビジネスなんですね。

クレジットカード作成で大量のポイントがもらえるのは?

「買い物で数%だけポイントが付くのは分かる、でも、クレカ作成で8,000円分ポイントとかあるのはなぜ?企業にメリットなくない?」

と思われるかもしれませんが、企業にメリットはあるんです。

企業(この場合はカード会社)だってポイント目当てでクレジットカードの申し込みがあることは当然分かってます。

それは承知の上で、「それでも一定数は継続してくれて、利益を出せる」という経営判断をしてるんですね。

また、ポイント付与の方法も

  • 作成時に2,000ポイント
  • クレジットカード利用で5,000ポイント

というように工夫してるカード会社もあります。

まずは手にとってもらうこと、次に使って魅力を知ってもらうこと、これが大切だと思ってるということです。

ポメすけ
スーパーの試食みたいなもんか。

ポイントサイトの危険性・注意したいこと

ただし!ここからが大切です。

火のないところに煙は立たないと言いますが、ポイントサイトが怪しいと思われてしまう理由に「悪質サイトの存在」があります。

どんな業界にも悪いやつはいるもの。

悪質サイトは絶対に利用しないでください。

最悪、利用してもポイントがもらえなかったりします。

悪質ポイントサイトの見分け方

悪質サイトの特徴をまとめると、

悪質ポイントサイト
  1. ポイントの最低交換額が高い
  2. ポイントの有効期限が短い
  3. ポイントの交換先が少ない
  4. 掲載広告が少ない
  5. 掲載広告のジャンルが偏っている
  6. 運営会社の情報が隠されている

これらに該当していたら悪質サイトと考え、利用は控えましょう。

優良ポイントサイトの見分け方

裏を返すと、優良サイトも分かります。

優良ポイントサイト
  1. ポイントの最低交換額が低い
  2. ポイントの有効期限が長い
  3. ポイントの交換先が多い
  4. 掲載広告が多い
  5. 掲載広告のジャンルが幅広い
  6. 運営会社の情報が開示されている

こういうサイトを使いましょう。

結局どこのポイントサイトがおすすめ?→FPはハピタス使ってます

いちいち優良サイト調べるのめんどい…

という方でも、一度は自分で調べてみるのが良いです。

サイトのデザインとか使いやすさとか、自分に合ったサイトがきっとありますから。

ちなみに、実際にぼくが使ってるポイントサイトは冒頭に出てきたハピタスです。

さっき紹介した優良サイトの条件を全てクリアしている老舗サイトで、200万人以上が利用しています。

最低交換額300円から
有効期限なし
1年ログインしないと失効
交換先現金など13
掲載広告社数約3000社
掲載ジャンルとても幅広い
運営会社株式会社オズビジョン
2006年設立

ハピタスの良いところ

ハピタスは1ポイント=1円」と、レートが単純明快で気に入ってます。

これは地味ながらも大切な部分です。

実際にいろんなポイントサイトを使うと分かるんですが、レートが「1ポイント=1円」じゃないとすごく使いにくいんです。

仮に「20ポイント=1円」だと、見かけ上10万ポイント貯まってても、5千円…

「ポイントたくさん貯まった!」と喜んでても、計算するとがっかりしちゃうんですよね..

以前は他のポイントサイトも使ってましたが、今はもうハピタスだけにしました。

TRY NOW

まとめ:ポイントサイトは怪しくないので素直に使おう

ここまでの説明で、ポイントサイトは1ミリも怪しくないことが分かったと思います。

人は理解できないことがあると「怪しい!」「詐欺だ!」と一種の防衛反応を示すことがあります。

ポイントサイトに限って言えば、その防衛反応によって悪質サイトを回避できるので、防衛は成功です。

その一方で優良サイトを見逃してしまいます。

このように、なんでも決めつけて調べることをサボると、正しい情報やお得な情報を見逃してしまうんですよね。

お金が貯まる人が持つ力は「行動力」

ぼくはFPという職業柄、何人もの方からお金の相談を受けるので、自然と「お金が貯まる人が持つ力」も分かるようになりました。

それは「行動力」です。

とりあえずやってみよう、とすぐに行動できる力です。

これはなんでもそのまま受け入れるということではなく、自分の頭も使いつつも、人の意見や新しい事柄を否定せず、素直にチャレンジできるということです。

自分で考えつつも「へー、そんな方法もあるのね、じゃあやってみるか。」と行動できる人はお金が貯まりやすい印象です。

なので、「ポイントサイトってあるらしいけど、怪しくない?」で終わらず、ちゃんと知ろうとココまで読み進めたあなたなら大丈夫ですね。

ポイントサイトを活用しつつ、ちょっとお得に人生を楽しみましょう。

ハピタスは登録も利用も完全無料なので、一度試してみてください。下のボタンから登録すると、30ポイントがもらえます。

TRY NOW

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です