公務員専用イデコ活用マニュアル

高額療養費が将来なくなっても、医療保険の価値とは無関係

高額療養費と医療費は無関係というイメージ画像

岩崎FP
こんにちは!1級FPの岩崎です。

前回の記事のラストで、「もし高額療養費がなくなったら、民間の医療保険は要るのか?」という問題を取り上げました。

もしまだ読んでなければ、ぜひ読んでくださいね。

今回は、「高額療養費の有無は、医療保険の価値とは無関係」という内容を話したいと思います。

公務員専用メルマガ配信中

高額療養費が無くなっても、医療保険金は増えない

前回の記事のおさらいになりますが、たとえば、今月丸々入院して医療費の総額が100万円かかったとしましょう。

まずは3割負担で30万円を窓口で支払います。

一般的な所得の方なら、約22万円の高額療養費が払い戻されて、自己負担は約8万円になります。

(分かりやすくするため、万円未満は切り捨てています)

もし高額療養費が無くなったら、22万円はもらえなくなりますね。

ポメすけ
22万円も減るなら、やっぱり医療保険要るんや!
岩崎FP
落ち着いて…医療保険の価値が上がるわけじゃないんだよ。

たしかに、22万円減るのはイタイですよね。

では、医療保険に入っていれば、この22万円は補てんされるのか?というと、そんなことはないんです。

もしも、

セールスマン
ウチの医療保険は、高額療養費が無くなった場合にはその金額(上の例だと22万円)を上乗せしますよ〜

という保険があったら、確かに検討の余地があります。

でも、残念ながらそんな医療保険は、ほぼありません。

(実費給付の保険も一部ありますが、給付上限があります)

つまり、高額療養費があってもなくても、医療保険の価値(もらえるお金)は変わらないんです。

高額療養費と医療保険を実際に計算してみよう

岩崎FP
言葉だけでは分かりにくいので、実際に計算してみますね。

以下の条件で計算します。

  • 入院日数:20日
  • 医療費総額:100万円
  • 高額療養費:22万円
  • 入院給付金:5日目から1日1万円(16万円)
医療保険と高額療養費(万円単位)
医療保険高額療養
両方あり162238
医療保険あり16016
医療保険なし02222
両方なし000

高額療養費があってもなくても、医療保険でもらえる金額は同じ16万円ですね(黄色マーカー)。

このように、医療保険のパワー(もらえるお金)は、高額療養費に左右されないんだ、ということは押さえておきましょうね。

もちろん、医療保険の保険金があれば、見かけ上の自己負担は減ります。

でも、「保険金がもらえる」=「保険料というコストを払っている」ので、そこも含めて実質的な自己負担がいくらなのか?を検討する必要があります。

保険料のコストってよく分からない…という方は次の記事を読むとよく分かりますよ。

医療保険のお金は自由に使えなくなる

さて、高額療養費があってもなくても、医療保険の価値は変わらないことをお伝えしました。

もうひとつ、医療保険の厄介なところをお伝えします。

それは、お金の「何にでも使える」機能を無効化してしまう、ということです。

たとえば、月に1万円の医療保険に入っていた場合、30年で360万円の保険料を支払います。

その30年の間、事故や病気もなく、健康に過ごせたとしましょう。これ自体はとても幸せなことですね。

ですが、払った360万円は戻ってきません。もし貯金していたら、家のリフォーム代にしたり、家族で海外旅行代にだって行けたでしょう。

このように、医療保険として払ったお金は、病院にかからないと機能しなくなります。使い道を限定されてしまうんです。

本来のお金ってそうじゃないですよね。

それこそ保険料だったり、教育費だったり、旅行代だったり、無数に使い方があります。

医療保険に入るということは、無数の可能性を放棄して、病院専用マネーにするということです。

医療技術の発達に伴い、入院日数は減少しており、今後も減少傾向は続くと思われます。

そんな時代を生きていく上で、病院専用マネーにすることの妥当性を、きちんと考えておきましょう。

ポメすけ
使い道が限定されちゃうのは、たしかに不便かも

まとめ:医療保険の価値は高額療養費と無関係

岩崎FP
それでは今回のまとめです。
今回のまとめ
  • 高額療養費の有無は、医療保険の価値と無関係
  • 保険料というコストを確認しておこう
  • お金の「何にでも使える」機能は重要

保険の知識は、きちんと押さえておかないと間違ったセールストークにはまってしまうことがあります。

もし「高額療養費がなくなったら困りませんか?」というセールスを受けても、「保険金が増えるわけじゃない」という点を意識し、妥当性を検討しましょうね。

ポメすけ
最後まで読んでくれてありがと!
岩崎FP
保険の見直しや家計改善などのご相談がありましたら、コンタクトフォームからお気軽にメッセージください。ブログやメールで回答いたします!

関連記事

ポメすけ
この記事を読んでくれたなら、次の記事もオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です