家計簿って別にいらなくない?面倒だし何のために付けるの?

お金が貯まらないのにはワケがある!「プロの家計改善・節約シリーズ」第2回です。

nino
前回は「お金が貯まらない理由とその対処法」について話しましたね。
ポメすけ
支出を3種類に分けるってやつやな。前回の記事はコチラ(↓)やで!
nino
第2回のテーマは『家計簿』です。
ポメすけ
・・・
nino
アレ?どうしたんですか?
ポメすけ
家計簿きらい。めんどい。でもお金は貯めたい。
nino
なんて明確な意思表示ッ…

まあまあ、面倒じゃない家計簿の付け方もあるし「なんで家計簿をつけるか?」を一度考えてみません?

ポメすけ
エッ?そんなんあるんか?そいじゃ話だけでも聞いてみよか。

家計簿を付ける理由は「収支の可視化」

節約のよくある失敗は、家計の収支を把握(可視化)しないままに始めてしまうこと。

「何にお金を使っているのかよくわからない状態」での節約はとっても非効率です。

ざっくりで良いので、まずは収支(お金の入口と出口)を可視化しましょう。

nino
では、収支を可視化するにはどうすれば良いと思います?ほら、「か」から始まるアレ。ほら、ね?
ポメすけ
・・・言わせたいんやな?家計簿をつける事やろ?
nino
そのとおり!よくわかりましたね、えらい!
ポメすけ
(バ、バカにされている…後で噛んでおこう)

つまり、家計簿をつける目的は「収支を可視化し、効率良く家計改善をするため」です。

家計簿をつける理由
  • 支出のどの部分をダイエットできるか一目瞭然になる。
  • より効率の良い方法を検討できる。

家計簿の付けかた3パターン

ポメすけ
家計簿を付けたほうがいいのは分かったやで。でもやっぱり面倒だしハードル高いやで・・
nino
ひとくちに家計簿と言っても付け方はいろいろありますよ。
家計簿の種類
  1. 手書きで付ける
  2. 表計算ソフトで付ける
  3. アプリで付けるオススメ!

手書きで付ける

市販の家計簿ノートや、適当な紙に書く方法です。

手書きの特徴
  • メリット
    とくになし
  • デメリット
    時間がかかる、電卓が必要
ポメすけ
いいとこないやん!
nino
非効率なのでオススメはしませんが、書くのが好きな方はチャレンジしてもいいかもしれませんね。

表計算ソフト(エクセルなど)で付ける

表計算ソフトで付ける方法。エクセルがなくても、グーグルのスプレッドシートという表計算ソフトなら無料で使えます。

表計算ソフトの特徴
  • メリット
    手書きより速い
  • デメリット
    PCとスマホでの共有がしにくい
ポメすけ
ウチのオカンはエクセルで付けとったわ〜。
nino
テンプレートがあったり、グラフ化もできて便利ですよね。手書きよりは断然おすすめですよ!

アプリで付ける

スマートフォン用の家計簿専用アプリを使う方法です。

アプリの特徴
  • メリット
    手書きより速い、手軽、多機能
  • デメリット
    スマホが必要
ポメすけ
スマホならワイも持っとるやで。
nino
個人的に一番オススメしたいのはアプリですね。無料で使えるものもたくさんありますよ。

無料家計簿アプリを試そう

ポメすけ
調べてみたらアプリめっちゃあるやん。どれ使っていいかわからんやで・・・
nino
ぼくは2015年から「マネーフォワード」っていう無料アプリを使ってますよ。

このアプリは「家計簿を自動作成してくれる」のでとってもラクです。

こんな感じでグラフで見ることもできます↓

ポメすけ
ほえー、自動で作ってくれるんならラクちんやな!
nino
そうでしょ?でもこのアプリを使う時の注意点もあるので、そこは次回お話しますね。
ポメすけ
ほーい、よろしく頼むやで!

まとめ

nino
それでは今回はここまで!ポイントをまとめておきますね。
第2回まとめ
  • 効率良い家計改善のため、家計簿を付けよう
  • 家計簿はアプリで管理するとラク
ポメすけ
次回「プロの家計改善・節約シリーズ」第3回のテーマは『家計簿アプリ』やで!ワイのお眼鏡にかなうアプリか確かめてやろうぞ。
次回(第3回)
「自動家計簿アプリ?危なくないの?」はコチラ(↓)からどうぞ! マネーフォワードを2年使って分かった大切なこと。メリット・デメリットも。


その他オススメの記事

ポメすけ
資産を増やすために他の記事もチェックやで!
持ち家と賃貸どっち?それより先に検討すべき『超』大切なこと 投資を始める前に◯◯と△△を準備しておかないと落とし穴にハマります。 本当に子どもの事を考えたとき、あなたは学資保険に入るべきか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です