複利ってそんなにすごいの?FPが図表でシミュレーションしてみます

投資について調べていると、よく目にするキーワードがあります。それは…

複利(ふくり)

というもの。とっても重要なキーワードです。

複利ってよく聞くけど、いまいちピンとこない…

そんな方に向けて、具体的な数字とグラフで複利の世界をお見せします。

きっと想像をこえる景色が広がっていますよ。

複利で増やすってどういうこと?

nino
ポメすけさん、貯金っていくらくらいあります?
ポメすけ
えっ、ププププライバシーにかかわることは言えんやで!
nino
じゃあ仮に500万円としましょう。
ポメすけ
(そんなにないけど…)
まあ、それで?
nino
この500万円を、複利単利それぞれで運用した場合をシミュレーションしてみましょう。
条件
  • 500万円を
  • 年利5%で
  • 30年間運用
ポメすけ
言うても元々は同じ500万だし、そんなに変わらんくないか?
nino
と思うでしょ?ふふふ。。
ポメすけ
なにその不敵な笑み。こわい。

グラフで複利と単利を比較

では、グラフで比較してみましょう。

nino
どうですか?(ふふん)
ポメすけ
どっちも右肩あがりですねえ。
nino
うんうん…えっ
それだけ?もっとこう、驚くことないですか?
ポメすけ
nino
ほら、右にいくにつれて、二つの線が離れていってるでしょ?
ポメすけ
わーほんまやー
でもそれがどうかしたんか?
nino
これは、単利では毎年一定金額しか増えないのに対して、複利では「毎年増える額そのもの」がだんだんと増えていくってことなんですよ。
ポメすけ
ほへー、とにかく複利のほうがおトクってことやな!

表で複利と単利を比較

では次に表にして比較してみましょう。

 複利単利
1年後525万円525万円0万円
5年後638万円625万円13万円
10年後814万円750万円64万円
20年後1,327万円1,000万円327万円
30年後2,161万円1,250万円911万円
ポメすけ
エェェエエエェーーーー!!!??
nino
お、こんどは驚いてくれましたね。すごいでしょ。
ポメすけ
しゅ、しゅごい!
こんなに違うなんてオドロキやで!
nino
長期になればなるほど複利効果って大きくなるんですよ。後半の増えかたが尋常じゃないですよね。

まとめ:普通預金は単利

ポメすけ
複利がすごいのは分かったけど、なんでこんなに違うのか教えろー?
nino
それはこういうことなんですよ。
複利と単利の違い
  • 増えた利息にも利息がつくのが複利
  • 当初元本にのみ利息がつくのが単利
ポメすけ
ふむふむ。こうなると単利のヤツは選びたくないやで。単利にはどんなものがあるんやろ?
nino
代表的なのは普通預金ですね。

税金や利息のかかる範囲など、正確にはもうちょっと複雑なんですが、普通預金は単利と覚えておいて大丈夫ですよ。

ポメすけ
ワイもう銀行に預けるのやめるやで…
nino
以上、「複利ってそんなにすごいの?FPが図表でシミュレーションしてみます」という記事でした。最後までお読みいただきありがとうございました!
ポメすけ
お問い合わせや記事リクエストはコチラのお問い合わせフォームからどうぞやで!

あなたにオススメの記事

ポメすけ
他にもFPが書いた記事があるらしいのでチェックしとかな!FPってなんか知らんけどな!
「普通預金金利はイオン銀行がダントツ高いのに何で使わないの?」→「それはね…」
ふるさと納税は本当に得?所得税還付と住民税控除額でチェック!
mineo超安い!でも通話料にはご注意を。格安simの落とし穴。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です