無料プレゼント中
公務員専用イデコ活用マニュアル

WDの外付HDD『My Book Duo』をMacで/RAID1

nino
今回は外付けHDDのおはなし。

写真をRAWで撮ると、後からホワイトバランス等を変更できて便利ですよね。

でもRAWだと1枚20MB近くのデータ量になります。

ぼくはタイムラプス動画の素材もRAWで撮るので、データ量がハンパないことに…

メインマシンとして使用しているiMacのストレージ容量は1TB。

ポメすけ
ぜんぜん足りんやで…

という訳でWESTERNDIGITAL(ウエスタンデジタル)の外付けHDD『My Book Duo』を購入しました。容量は12TB。

出荷時にはWin用&RAID0でフォーマットされているため、Mac用&RAID1に再セットアップする方法を書き留めておきます。

MEMO
この記事は2016年10月に書きましたが、2018年10月現在も故障なく稼働してくれており、とても満足しています。

なぜMy Book Duoにしたの?

数ある外付けHDDから『My Book Duo』を選んだ主な理由は次のとおり。

  • 3年間の製品保証
  • 据え置き型
  • RAID対応
  • 故障率が低いHDD(WD Red)搭載
  • USB3.0ハブ2口あり

今回の購入の裏には、外付けのポータブルHDDがクラッシュするという悲しい事件がありました。

あんまり持ち運んでなかったので、据え置きでRAIDが組め、故障率の低いものを探していたところ、『My Book Duo』にたどり着いた感じです。

デフォルトで3年間の保証も付いてるし、良いかなと。

RAID(レイド)とは?

ポメすけ
ところでRAID(レイド)ってなに?
RAIDとは
複数台のHDを組み合わせて仮想的に1台のHDとして使う技術のことで、種類がRAID0からRAID6まであります。
nino
詳しく知りたい方はウィキペディアなどを見てね。

外観や付属品、HD交換方法

いつものごとくAmazonでポチ。

My Book Duo

本体・ACアダプタ・USB3.0ケーブル

My Book Duo

クイックインストールガイド

クイックインストールガイドが超シンプル 笑

でも繋げて認識されるまでホントに簡単でした。

My Book Duo

電源とドライブごとにLEDあり

My Book Duoレビュー

背面

『My Book Duo』はUSB接続ですが、背面にUSB3.0のハブが2口あるので、実質的にパソコン側のUSBを潰さなくて済みます。

My Book Duoレビュー

上面

My Book Duoレビュー

カチッ

My Book Duoレビュー

ぱかっ

My Book Duoレビュー

カバーブレート

My Book Duoレビュー

手で回せる蝶ねじ

My Book Duoレビュー

アクセスできました!

こんな感じで、ドライバー1本使うことなく中のドライブにアクセスできます。

が、実際にドライブを交換する際はプラスドライバーが必要です。

詳しい交換手順はユーザーマニュアルの75Pを参照。

Mac用にRAID1でセットアップ

出荷時はNTFSというWindows用の形式でフォーマットされてます。

ぼくのメインマシンはiMac(27インチ,Late2012)なので、Mac用にフォーマットしてあげます。

また、RAID1で使いたいのでこちらも同様にセットアップ。

ポメすけ
なんかむずかしそう…
nino
そう思ってたけど、とっても簡単だったよ。

WD Drive Utilitiesをダウンロード、設定

1.WDのHPへアクセス、下部の「ダウンロード」をクリック

WD Drive Utilities

2.Mac用WD Drive Utilitiesをクリック

WD Drive Utilities

3.ダウンロードをクリック

WD Drive Utilities

4.インストール

ダウンロードされたインストーラを立ち上げ、WD Drive Utilitiesをインストールする。WD Drive Utilities

5.WD Deive Utilitiesを立ち上げる

WD Drive Utilities

6.RAID等の設定

  1. 「RAID管理」をクリック
  2. 「構成」をクリック
  3. 「ミラー(RAID1)」をクリックし、任意のボリューム名を入力、フォーマット形式をHFS+JかExFatを選択する。

    ExFatならMacとWindowsで共用できますが、タイムマシンでのバックアップはできなくなります。
    ぼくはMac専用で使うので、HFS+Jを選択しました。

    なおRAID1を選択した場合、データを2つのHDDにそれぞれ書き込むため使える容量は半分になります。
  4. チェックボックスにチェック
  5. 「構成」をクリック

    WD Drive Utilities
  6. 完了!
    しばらく待つと、このようなダイアログが表示されます。

    WD Drive Utilities
  7. 容量確認
    WD Drive Utilities上では12TBのままですが、Finderやディスクユーティリティなどで確認すると、無事6TB認識されてました。
    WD Drive Utilities

My Book Proと比較。どっちがいい?

WDは『My Book Pro』という製品もリリースしています。

こちらは高速なThunderbolt2での接続が可能で、速さは正義!なストレージ界において、今回購入した『My Book Duo』よりも優れています。

だけど…超高いんですよね。

価格.comで見てみると12TBモデルは最安でも108,077円!!!!(2018/10/30現在)

ピューと吹く!ジャガー4巻72Pより画像引用

ピューと吹く!ジャガー4巻72Pより画像引用

自分の用途ではそこまで高速なものは不要と判断し、『My Book Duo』を選択。

『My Book Duo』に写真データを保存して、Lightroomで編集してますがストレスなく作業できてます。

どうしても高速なストレージが欲しい!というわけでもないのなら『My Book Duo』で十分ですよ。

また、ぼくのMy Book Duoは2015年モデルですが、2017年に新モデルが出てます。

2017年モデルならUSB-Cも使えるので、さらに高速に使えてうらやましい…

USB-CとUSB-A(従来のUSB)どちらのケーブルも付いてくるので、どんなPCでもOKです。

My Book Duoを買うならどこが安い?

価格.comで確認したところ、2018年10月30日時点で、Amazonが最安です。

ちなみにAmazonで買うなら、まずギフト券をチャージしてから購入するのが確実にお得ですよ→チャージ方法はこちら。

(リンク画像は2017年モデルです。)

なお、Amazonを使うならプライム会員になってないと正直損です。メリット・デメリットを丁寧に解説してるので読んでみてください↓

まとめ

nino
今回の記事のまとめ!
  • 『My Book Duo』はMac用に簡単セットアップ可能
  • 『My Book Pro』か『My Book Duo』で迷っている場合、速度が必要か検討しよう。
nino
以上、「My Book DuoをMacでRAID1にする」という記事でした。
ポメすけ
お問い合わせや記事リクエストはコチラのお問い合わせフォームからどうぞやで!

あなたにオススメの記事

この記事を読んでくれたあなたには、下の記事もオススメです▽

nino
最後まで読んでくれてありがとうございました。
追伸!あなたがもし公務員ならの情報が役立つのでぜひチェックしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です