トランクス比較!ジオラインVSエアリズム/快適な股間環境のために

夏場のアンダーウェア選びはたいせつです。

少しでも快適に過ごすためにアンダーウェアの見直しを敢行。

速乾性のあるアンダーウェアとして、モンベルのジオラインユニクロのエアリズムはよく比較されてます。

nino
肌着比較はよく見るけど、パンツ比較はあんまり無いよね。

というわけで先日ジオラインのトランクスをタダで入手したので、早速比較・検証します!

モンベルのジオラインとユニクロのエアリズム

左がジオライン、右がエアリズム

生地と肌ざわり

  • ジオラインはポリエステル100%、サラっとした肌ざわり。
ジオライン

ポリエステル100%

ジオライン

編み編みの生地

  • エアリズムはポリエステル89%、ポリウレタン11%。ツルっとしてます。
エアリズム

ポリエステルとポリウレタン混合

エアリズム

光沢感がある生地

価格

ポメすけ
お値段はー?
ジオラインL.W.トランクス2,484円(税込)
エアリズムボクサーブリーフ1,069円(税込)
nino
ジオライン1枚の価格でエアリズムは2枚買えるね。
ポメすけ
たっか!それに見合う快適性があるんやろか?

実際に履いて1日過ごしてみた

nino
いつもエアリズムを履いてたから、ジオラインを試してみるよ。

実際にジオラインを身につけ、1日過ごしてみました。

ムシムシする日だったので、快適性テストにちょうど良かったです。

シーン1:通勤

大体バイク通勤なんですが、この日は電車通勤。トータルで20分くらい歩きました。

夏なので徒歩でもそれなりに汗かきましたが、蒸れてる感はナシ。

シーン2:デスクワーク

この日はデスクワークでほぼ座りっぱなしでしたが蒸れ感はゼロ、貼りつく感じもなくて良好です。

ジオラインでガードされてない太もも部分は、素肌とスラックスが直接当たった時に「汗かいてるなぁ」と思いました。立ち上がった時とか。

ポメすけ
しっかり吸水、乾燥してくれてそうやな。

アクティブな活動じゃなければエアリズムで十分

nino
ジオラインかなり快適で感動!ネックは価格だね。

今回は発汗量が少ないシーンだったので、エアリズムと比較して優位性はあまり感じませんでした。

ジオラインはスポーツやレジャー等のアクティビティ時にこそ真価を発揮してくれそう。

エアリズムはツルツルしてるので、一定量以上の汗をかくと貼りついちゃうんですよね。

あと外回りが多い営業の方にもジオラインはおすすめできそうですね。

まとめ:シーンによって使い分けが最適解

nino
まとめてみるよ!
  • 発汗量の少ないシーンではエアリズム
  • スポーツやレジャー時にはジオライン

こんな使い方が良いのではないでしょうか。

でもジオライン快適だったので、これからもガシガシ使っていきます。

おまけ

ちなみにジオラインにはブリーフもあります

ギリギリを攻めたい方はトライしてみましょう。

nino
以上、ジオラインとエアリズムの比較記事でした!
ポメすけ
ジオラインとか、モンベル製品をタダでゲットした超お得情報は必読やで
ふるさと納税×モンベル/15,000円分のポイントで購入したもの。 モンベル13,000円分タダ!ふるさと納税はやはりお得だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です