【改悪】ゆうちょ送金有料化/ネットバンクへ避難推奨!はよせな!

ゆうちょ銀行って全国にあるから便利なイメージがありますよね。

しかし、2016年10月からゆうちょ銀行同士の送金でも、月4回目以降は123円かかるようになりました。

それまではゆうちょ同士だったら回数無制限で無料だったのに…

ポメすけ
むきー!!
nino
こうなったらもうネットバンクに避難しよう。

FPのぼくも使ってる住信SBIネット銀行なら、同行同士はずっと無料です。

しかも、ちょっと初期設定するだけで、他行宛の振込手数料が月7回無料にできます。

ポメすけ
しゅ、しゅごい。

ゆうちょ銀行同士でも有料…だと…

ゆうちょ同士の送金でも手数料がかかる。

時代の流れを考えると、これは改悪と言わざるを得ませんね。

日常的な利用の範囲だと影響を受ける人は少ないと思われますが、ヤフオクなんかでよく使ってる方は痛いかも。

これを機会にネットバンクに乗り換えてはいかがでしょうか?

住信SBIネット銀行ならゆうちょ銀行ATMでも入出金可能

ぼくも2014年からメインバンクとして利用している『住信SBIネット銀行』

nino
ゆうちょ銀行のATMも使えるんだよ。
ポメすけ
そうなんや!

他にもセブンやローソンのATMでも使えます。

振込はスマホやPCで可能ですし、銀行や郵便局に行く手間が省けますよ。

ゆうちょダイレクトでも他行あて手数料はかかる

ゆうちょ銀行の場合でも、ゆうちょダイレクトを使ってネット上で送金することもできます。

これなら、月5回まで送金手数料はかかりません(今回の有料化は、あくまでATMを利用した場合の話)。

ポメすけ
ふーん、それなら別にイイんやない?
nino
でも、これって「ゆうちょ同士だけ」の話なんだ。

ATMだろうがゆうちょダイレクトだろうが、他行宛は手数料がかかります。

どうせネット上で手続きするなら、住信SBIネット銀行を使って、他行宛振込手数料も無料にしちゃいましょう。

他行宛振込手数料とATM利用料をそれぞれ月に7回まで無料にする方法は、別の記事で詳しく解説してますので参考にしてください。

振込手数料ゼロ!!家賃振込自動化でお金&時間節約/住信SBIネット銀行編

ゆうちょ銀行のメリットは薄れている

ゆうちょ銀行は店舗数が多く、全国で利用しやすいことが強みでした。

親が遠く離れた子どもに仕送りをしたり…

旅行中でもカンタンにお金をおろせたり…

nino
でも正直、今は時代が違うよね。

今では、住信SBIネット銀行に限らず、ゆうちょ銀行やコンビニで入出金できるネットバンクがいくつもあります。

リアルな店舗の近さは、もはやメリットとなり得ない時代に突入しているんですね。

ぼくはちょっとの手間で月7回無料のメリットが大きいと思うので、住信SBIネット銀行推しです!

FPとして普通預金口座の選び方も記事にしてるので、ぜひ読んでくださいね。

関連記事>>>普通預金口座の選び方。金利?安心?重視すべき基準はコレだ

nino
以上、「ゆうちょ送金有料化/ネットバンクへ避難推奨!」という記事でした。
ポメすけ
お問い合わせや記事リクエストはコチラのお問い合わせフォームからどうぞやで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です