公務員専用イデコ活用マニュアル

2019年のふるさと納税は要注意!節税できなくなる可能性があります

2019年のふるさと納税に注意というイメージ画像

2019年1月12日現在、ふるなびで和歌山県高野町に寄付すると、「日本旅行ギフトカード」がもらえます。記事内にも書いてますが、金券は近々なくなると予想されるので、狙ってるかたはお早めにどうぞ。
岩崎FP
こんにちは!元公務員FPの岩崎です。

お得な制度として定着してきたふるさと納税ですが、2019年は規制強化が予定されており、下手すると節税にならなくなってしまいます。

この記事では、2019年もふるさと納税で楽しみつつ節税するための注意点を紹介します。

2019年6月以降のふるさと納税は要注意

時期としては「2019年6月」に、ふるさと納税の規制が強化される予定です。

ふるさと納税の規制強化
  1. 返礼割合は3割以下
  2. 返礼品は地場産品のみ

この2点を守らない自治体へ寄付しても、寄附金控除が受けられなくなります(節税にならない)。

おそらく守らない自治体は出てこないとは思いますが、念のため…

ポメすけ
つらい…
岩崎FP
まぁ、しかたないよね…

金券類は完全アウトに

2018年のふるさと納税界はかなりカオスな状態で、Amazonギフト券やJCBギフトカードなど、金券類が返礼品としてバンバンもらえました。

これは実質的な錬金術なので、一部では「闇ふるさと納税」と呼ばれて大人気に。寄付が殺到する自治体も出てきました。

一方で、ふるさと納税の趣旨からかけ離れているため、制度の元締めである総務省も自治体へたびたび通知を出して、「金券はやめなさい」とか「地場産品だけにしなさい」とか言いまくってたんです。

でも、法律上の罰則がないので、通知に従わない強気な自治体は相変わらず金券類を扱い続けてたんですね。

まあ、やりたい放題だったわけです。

これは元公務員のぼくとしては、すごいなこの自治体!と、ちょっと驚きました 笑

そんな世紀末さながらの様相を見せるふるさと納税も、2019年からは状況が変わりそうです。

具体的には、2019年6月以降は、「返礼割合3割以下」&「返礼品は地場産品」を守らない自治体へ寄付しても、節税にならなくなってしまいます。

岩崎FP
金券類や返礼割合が高いものは完全にアウトになる予定です。

平成31年度税制改正大綱

ではどうやって規制を強化するかというと、法律の改正です。

2018年12月21日に「平成31年度税制改正大綱」が閣議決定されました。

ポメすけ
ぜいせいかいせいたいこう…?
岩崎FP
新年度以降の税制改革の基本方針をまとめたものだよ。

この税制改正大綱に、ふるさと納税についての記載があります。

一部省略しつつ引用。

個人住民税における都道府県又は市区町村に対する寄附金に係る寄附金税額控除について、次の見直しを行う。

〜略〜

(イ)返礼品の返礼割合を3割以下とすること
(ロ)返礼品を地場産品とすること

〜略〜
(注)上記の改正は、平成31年6月1日以後に支出された寄附金について適用する。

要するに、

ふるさと納税の規制
  1. 返礼割合が3割を超えたらダメ
  2. 返礼品は地場産品だけ
  3. これを守らない自治体への寄付は税金控除しない
  4. 2019年6月1日以降の寄付から適用

ということですね。

岩崎FP
節税メリットがなくなるので、さすがにやりたい放題していた自治体も従うしかなくなるでしょうね。
ポメすけ
さらば闇ふるさと納税…

2019年の返礼品は米や肉が狙い目

この改正によって、「自治体間での住民税の喰い合い」になっていたふるさと納税が、本来の理念を取り戻すかもしれません。

少なくとも、2018年までの何でもアリな状態からは脱することになりそう。

それでもふるさと納税が納税者にとってお得な制度であることは変わりません。お米やお肉など、地場産品をもらえるなら、食費の節約になりますしね。

また、2019年5月31日までは法改正の効果が及びませんので、それまでを狙うという手も考えられます。

でも、5月31日ギリギリまで金券などを扱う自治体はさすがにいないかなと思います。

実際、ぼくも以前モンベルポイントをもらった長野県小谷村から、2019年1月からはモンベルポイントの扱いを辞めるとのメールがありました。

岩崎FP
会計年度を考えても、粘る自治体でも3月までじゃないかな

なお、2019年1月12日現在なら、ふるなびで和歌山県高野町に寄付すると、「日本旅行ギフトカード」がもらえます。

公式サイト

ふるさと納税オススメサイト

ということで今回は、2019年のふるさと納税を使うときの注意点をお伝えしました。

規制によって寄附金控除の対象外となる自治体は、総務省やふるさと納税サイトなどで公表されるはずです。

2019年6月以降にふるさと納税する場合は、対象外の自治体じゃないよね?と念のためチェックしてから寄付するようにしましょう。

岩崎FP
ぼくがふるさと納税で使ってるサイトは↓です。
ふるさと納税おすすめ3サイト

  • ふるさとチョイス
    参加自治体数がダントツ。ただ、知ってる方も多いので、人気の返礼品はすぐになくなっちゃうというデメリットも。
  • さとふる
    主に肉や米などの食品系が充実。穴場的なので、人気返礼品もゲットしやすい。
  • ふるなび
    こちらも穴場サイトで狙い目。寄付金額の2%のAmazonギフトコードがもらえます!対象条件は次の3つです。
    ①ふるなび会員(無料登録)に登録し、ログイン状態で寄付

    ②ふるなびのサイト上からの寄付
    ③クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での寄付
ポメすけ
最後まで読んでくれてありがと!
岩崎FP
ブログの感想や記事リクエストなど、コンタクトフォームからお気軽にメッセージください。
ワンストップ特例は使うな!確定申告するべき3つの理由/ふるさと納税ふるさと納税は本当に得?所得税還付と住民税控除額でチェック!元浪費家からFPになった僕が本当にオススメするお金の本まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です