ワンストップ特例は使うな!確定申告するべき3つの理由/ふるさと納税

この記事は、ふるさと納税の「ワンストップ特例」と「確定申告」どちらを選ぶと良いのかな?とお悩みの方に向けて、FP(お金の専門家)が書いたものです。

節税方法としてすっかり定着したふるさと納税ですが・・・

せっかくふるさと納税しても確定申告を忘れると節税になりません。

しかし、2015年4月1日から始まったワンストップ特例を使えば、確定申告ナシで節税が可能になりました。

つまり、ふるさと納税後には次のどちらかを選ぶことになります。

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度
nino
確定申告をしたほうが有利かなと思います。
ポメすけ
ふーん、なんでやの?確定申告って難しそうやけどなぁ。

理由は次の3つ。

  1. 6以上の自治体へ寄付したい
  2. ワンストップの手続きが面倒
  3. じつは簡単にできる確定申告

それぞれ見ていきましょう。

6以上の自治体へ寄付したい

できるだけ多くの自治体へ寄付して、返礼品のバリエーションを増やしたい」という方も多いのではないでしょうか。

6以上の自治体に寄付した場合、ワンストップ特例制度は使えないんです。

2,000円の自己負担で寄付できる上限額を60,000円とした場合で具体的に考えてみましょう。

  1. 「A市に6万円」寄付、返礼品は1つ
    →うれしい
  2. 「A市に3万円」「B市に2万円」「C市に1万円」寄付、返礼品は3つ
    →シアワセダナー
  3. 「A市に2万円」「B市・C市・D市に1万円ずつ」「E市・F市に5千円ずつ」寄付、返礼品は6つ
    愉悦っ…悪魔的愉悦っ…

1と2の場合、ワンストップ特例でもOK

3の場合は確定申告する事になります。

nino
返礼品の価値が高い少数の自治体へ寄付した方がお得なこともあります。

「いろんな地方の食材や季節の果物など年間を通して楽しみたい」という方は寄付先が6以上になることも珍しくありません。

その場合は確定申告しましょうね。

ワンストップの手続きが面倒

ワンストップ特例制度を利用するなら、寄付先の自治体へ書類を送らないといけません。

ポメすけ
書類?
nino
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という書類があるんですよ。
ポメすけ
名前長い・・・わかりにくい・・・

この書類、自治体が送ってくれないこともあるようです。「届いてないなー」と思って問い合わせたら「忘れてました、今からおくります」なんてことも・・・

そして、寄付先ごとに返送が必要です。

たとえば5つの自治体に寄付した場合、その5つすべてに書類を書いて返送しなくてはなりません。

nino
2016年1月1日からは、マイナンバーの確認書類も同封しなきゃダメです
ポメすけ
なにそれめんどい!全然ワンストップじゃない!
注意
  • 寄付先の数だけ申請する必要がある
  • マイナンバー確認書類の同封が必要

ワンストップ特例制度を使える人

ワンストップ特例制度を使える「人」にも条件があります。

nino
次のすべてを満たしている人が対象ですよ。
ワンストップを使える人

  1. 給料を1箇所からしかもらっていない会社員
  2. 年収2,000万円以下の人
  3. 確定申告をする必要のない人

これらを満たしていなければ、寄付先が5自治体以内だったとしても確定申告が必要です。

ワンストップ特例制度のギモン

同じ自治体に6回以上寄付したらどうなるの?

「回数」は何回でもOK。6「箇所」以上だとワンストップは使えません。

3箇所に寄付して、2箇所しかワンストップの書類を送り返さなかったら?

送り返した自治体のぶんは節税になりますが、残りは自己負担になります。この場合でも確定申告をすれば、3箇所分とも節税できます。

じつは簡単にできる確定申告

ポメすけ
確定申告って難しそうで自身ないやで・・・
nino
やってみると意外とカンタンなので安心してください。

なんだか確定申告って難しそうなイメージがありますよね。

ぼくも初めて確定申告する前はそうでしたが、実際にやってみたら驚くほどあっけなくできましたよ。

準備するものさえそろえば、国税庁のホームページ上で画面の指示通り入力していけばカンタンです。

準備するもの

揃えよう!

  • 源泉徴収票
  • 受領証明書(寄付先から送られてきます)
  • 還付金受取口座の番号が分かるもの(通帳など)
  • 印鑑(みとめ印でOK)

手順

  1. 国税庁のホームページで源泉徴収票を見ながら情報を入力
  2. 出来上がった申告書をプリントアウトして、管轄の税務署へ郵送
ポメすけ
画面表示に従って入力するだけでいいのは楽チンやなー。

家にプリンターがない方は、セブンイレブンで印刷できますよ。

まとめ

6以上の自治体に寄付したいという方は、ワンストップ特例制度は使わずに確定申告しましょう!

2016年にふるさと納税を確定申告した時の記事があるので、どれぐらい節税になったかチェックしてみてください。

ふるさと納税は本当に得?所得税還付と住民税控除額でチェック!

ちなみに、ぼくがふるさと納税をする際は下記の3サイトを使い分けてます。

ふるさと納税おすすめ3サイト

  • ふるさとチョイス
    参加自治体数がダントツ。有名すぎて人気の返礼品は品切れになりやすいのが難点。
  • さとふる
    主に肉や米などの食品系が充実。穴場的なので、人気返礼品もゲットしやすい。
  • ふるなび
    こちらも穴場サイトで狙い目。寄付金額の1%のAmazonギフトコードがもらえます!対象条件は次の3つ。
    ①ふるなび会員(無料登録)に登録し、かつログインされた状態で寄付
    ②ふるなびのサイト上からの寄付
    ③クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での寄付
nino
以上、「ワンストップ特例は使うな!確定申告するべき3つの理由/ふるさと納税」という記事でした。
ポメすけ
お問い合わせや記事リクエストはコチラのお問い合わせフォームからどうぞやで!

あなたにオススメの記事

ポメすけ
この記事を読んでくれたアナタにはこちらの記事もおすすめやで。
ゲス記事注意!!2016年ふるさと納税の個人的ランキング モンベル13,000円分タダ!ふるさと納税はやはりお得だった ふるさと納税アイス対決/とよとみ牛乳ソフトクリームVSにゅうにゅう工房アイスクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です