無料プレゼント中
公務員専用イデコ活用マニュアル

1年で150万貯めたFPの節約・家計見直し術を大公開!!

お金が貯まらないのにはワケがある!「元公務員FPの家計改善・節約シリーズ」第1回です。

CFPになってから多くいただく質問に、

  • 「お金が全然貯まらない・・特に贅沢してないのになぜ?」

というものがあります。

岩崎
そんな声にお応えすべく、1年で150万円貯める節約・家計見直しのノウハウをまとめてみるね。
ポメすけ
FPの節約術なんてどーせハードル高いんやろ?
岩崎
大丈夫!余裕で誰でもできるやつだよ。ただ、FPになった今振り返ると「あれは無駄だった」って事もあるんだ。
ポメすけ
なるほど。そのあたり踏まえた「美味しいとこ取りの節約術」ってことやな?
岩崎
そういうこと!全4回でお届けしていくよ。

お金が貯まらないのには理由がある

ポメすけ
あ〜カネが全然貯まんねェ!
岩崎
どうどう。はじめの一歩として「なぜお金が貯まらないか?」考えてみよう。
ポメすけ
そんなの、つかっちゃうからに決まっとるやろ?
岩崎
そうだね。「お金をつかう」ことを「支出」と言うんだ。
ポメすけ
ふむ。それで?
岩崎
その「支出」を3種類に分けて考えると、お金が貯まらない理由が見えてくるよ。

支出を3つに分ける

収入がなくてもお腹は減ります。何かを食べなきゃ生きていけない。

収入がなくても眠たくなります。屋根のある家で安心して眠りたい。

このように、収入の多い・少ないに関係なく「必ず必要な支出」がありますよね。

もしもこの「必ず必要な支出」を削ってしまったら…?

きっと心身が消耗してしまい、かえって豊かな生活から遠ざかってしまうでしょう。

そんな悲劇を避けるため、ここからは支出を3つに分けて考えていきます。

3つの支出
  • 消費
  • 浪費
  • 投資
岩崎
ひとつずつ見ていこうね。

消費とは?→必ず必要な支出

上に書いた「必ず必要になってくる支出」は「消費」です。

「替わりがきかない支出」としても良いですね。式で表すと、こう。

使うおカネ=得る価値

一般的には食費、光熱水費、通信費、日用品費など。

あえて「一般的には」としたのは、同じ費目でも時と場合によって消費と言えないことがあるからです。

岩崎
夏場にクーラーをかけながら毛布にくるまる…とかやったことないかな?
ポメすけ
(あるかも。)

この例は、費目としては光熱水費ですが、消費とは言えませんよね。

この場合、まずはクーラーの温度を上げます(最低28℃)。

それでも暑ければ「薄着になる」「サーキュレーターを併用する」などの代替手段が考えられます。

浪費とは?→無駄な支出

いわゆる「無駄遣い」のこと。

でも「どこからが無駄で、どこまでが無駄じゃないか」ってちょっと難しいですよね。

次の式で考えてみましょう。

使うおカネ>得る価値

クーラーの例はまさに浪費の典型ですね。

目的の実現のために他の安い代替手段があり、実際にその手段を選択できるのなら、それは浪費です。

岩崎
ジムの会員になったけど全然通ってない…なんてのも浪費だよね。
ポメすけ
ギクゥ!

投資とは?→得る価値が高い支出

スキルアップや将来的な資産増など「後々にはプラスつながる支出」のこと。

消費、浪費と同様に式にしましょう。

使うおカネ<得る価値

例えば「転職のためにプログラミング合宿へ参加する」ことはどうでしょうか。

お金を使った時点ではプラスにならなくても、後々には費やしたお金以上の収入を生む可能性がありますね。

価値はなにも増収に限りません。

「気の合う友達と旅行に行く」ことも、気分転換になり活力が湧いてくるなら、使ったお金よりも得られる価値が大きいこともあり得ますよね。

岩崎
「このお金を使うだけの価値があるかな?」と考えてみると良いよ。

浪費をどう扱うか?3つの方法

岩崎
これで支出を3つに分けることができたね。
ポメすけ
こうして考えると「投資のつもりが浪費だった」なんてザラにありそう。

そう、お金を活かすも殺すも自分次第。

「何を投資にして、何を浪費にするか?」その決定権は自分自身にあることを意識しましょう。

そして、お金が貯まる家計にするためのポイントは「浪費」を減らすこと。

言いかえると「浪費」を減らせてないから、お金が貯まらなかったんです。

次の3つの方法で減らしましょう。

浪費の3つの減らし方
  1. 丸ごとカットする
  2. 消費へ振り替える
  3. 投資へ振り替える

①丸ごとカットする

岩崎
「通ってないスポーツジムの例」だと、ジム自体をやめてしまうことだね。
ポメすけ
まるっとカットするってことか。ワイもジムやめて家トレにしようかな…

②消費へ振り替える

岩崎
「スマホを格安SIMに乗り換える」ことは消費への振り替えだね。
ポメすけ
スマホは必需品だけど、料金高いもんナァ…
岩崎
格安SIMにすれば年間6万円くらい浮くよ。乗り換え前は6万円浪費してたとも言えるよね。

③投資へ振り替える

岩崎
「惰性で参加してた飲み会」の参加スタンスを変えて、積極的に情報収集して仕事に活かすって例が考えられるかな。
ポメすけ
むしろ飲み会そのものに行かなくするってのも…?
岩崎
もちろんアリ。その場合は丸ごとカットしたことになるよね。

まとめ

岩崎
それでは今回はここまで!ポイントをまとめておくね。
第1回まとめ
  • 支出は3つに分けて考える
    ・・・「消費」「浪費」「投資」
  • 浪費は3つの方法でカット
    ・・・「丸ごと」「消費へ」「投資へ」
ポメすけ
次回「元公務員FPの家計改善・節約シリーズ」第2回のテーマは『家計簿』らしいやで!家計簿きらいなんやけどナァ。
次回(第2回)
「家計簿ってつける意味ある?」はコチラ(↓)からどうぞ! 家計簿って別にいらなくない?面倒だし何のために付けるの?


岩崎
最後まで読んでくれてありがとうございました。
追伸!あなたがもし公務員ならの情報が役立つので必ずチェックを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です