バイク防寒はユニクロ防風(ブロックテック)シリーズで確定

全国のライダーさんお元気ですか、2級FPのnino(@kurashilog)です。

ぼくも通勤でほぼ毎日バイクに乗ってますが、最近ぐっと寒くなりましたよね、薄着で出ようものなら外気に瞬殺されちゃうそんな季節。

この季節になると防寒グッズが気になり出すのがライダーの性。

なんかいいのないかなーと思ってたら、ユニクロが防風シリーズを復活させとる!

2012年位に買ったユニクロの防風イージーパンツが良すぎて、秋冬はオーバーパンツとしてずーっと愛用してるんですが、さすがにボロボロ…

ボトムスの買い換えついでに、上下ユニクロの防風シリーズで固めたらどうなるか検証してみました。

スポンサーリンク

ぼくがかんがえたさいきょうのぼうかんぎ

ブロックテックの実力やいかに!!

バイクは風を全身に受けて進むドM仕様のビークルのため、冬はそっち系の方や修行者以外乗ってはいけない…死んでしまう。

ただでさえ気温が低い中、風を切ってブイブイ言わせるので当然身体は急激に冷えていきます。

バイク乗らないから判んないんだけどって声が聴こえますが…ホント超極寒なんです。

冬にタンクトップで街歩いてる外人さんは見かけても、そのままハーレーでズドドドしてるの見たことないですよね、そういうことです(いたらごめんなさい)。

逆に言えば「風」さえ対処できればなんとかなります。

そこで登場するのがユニクロの防風(ブロックテック)シリーズ。

ストレッチ性のある極薄の特殊フィルムを生地間にサンドして、風をシャットアウトできるという売り文句ですが、本当かしら…?

というわけで上下スーツの上に重ね着し、外気温7℃・30分の通勤で試してきました。

先に結論を言うと、最強。寒くない。もっと正確に言うと暖かい。

もうこれからの冬はこれでいきます。

検証時の装備

  • トップス
    エアリズム
    Yシャツ
    セーター
    スーツジャケット
    ブロックテックシルキーフリースジャケット
    ブロックテックパーカ
  • ボトムス
    エアリズム
    スラックス
    ブロックテックウォームイージーパンツ
  • その他
    ヒートテックソックス
    ヒートテックファンクショングローブ

一番下にヒートテックを着ると室内での温度調節が難しくなるので、アンダーウェアはエアリズム。同様の理由でタイツも履きません。

ちなみに「エアリズム」とモンベルの高性能アンダーウェア「ジオライン」を実際に履いて1日過ごしてどちらが快適か検証した記事を書いてます。興味のある方はぜひ。

関連記事>>>トランクス比較!ジオラインVSエアリズム/快適な股間環境のために

関連記事>>>モンベル13,000円分タダ!ふるさと納税はやはりお得だった

それでは本題に戻って、ブロックテックシリーズ(くつ下はヒートテック)についてそれぞれ書いていきます。

ブロックテックパーカ

2サイズアップ

アウターはブロックテックパーカをチョイス!防風機能だけでなく、止水ジッパー付きで、記事も耐水性も兼ね揃えてます。

ペラっとしてて、単体での保温性はあまりないのですが、バイク乗ってるの忘れちゃうくらい風が入ってこないのには驚きました…防風性能はバッチリですね!

正直ちょっと引きました

この下にさらにブロックテックシルキーフリースジャケットを着てたからかも。

袖口についてるベルクロを締めて、被せるように手袋を付けると風をシャットアウトできるようになっていたりと、かゆいところに手がとどく機能性も持ち合わせてます。

ベルクロで締められます

ポケットはカバー&ジッパー付きで、水が侵入しにくくなっている構造になっており、よく考えられて作られた製品だと思います。

下にスーツとフリースジャケットを着るため2サイズアップしましたがこれが大正解。

1サイズアップだったら動きづらかったと思います。秋口や春先ならこれ1枚羽織るだけでイケそう。キャンプやグランピングなどのアウトドアでも活躍してくれますね。

FBI大山で念願のグランピング!テント内にソファ?ベッド?最高か。

2017.09.04

中国地方でグランピング!FBI大山の予約攻略方法&泊まった感想

2016.10.19

ブロックテックシルキーフリースジャケット

もこもこ〜

スーツの上、アウターの下にコイツを着込むだけで南国の暖かさです。

もっこもこのフリースで着心地やわらか。
これを着た上にブロックテックパーカを羽織ると、暖かさが逃げません。

自宅を出て30分後の職場到着時も胸のあたりがぽかぽかしてました。これはすごい。

トップスにブロックテック×2。
こうかはばつぐんだ。

気温によってはこれをアウターにしても良いかも。

こちらは1サイズアップで使用。

 ブロックテックウォームイージーパンツ(リップストップ)

裏地はフリース素材です

オーバーパンツとして使用するため、1サイズアップ。

ひざ下から若干テーパードしてるので、ジャストサイズだとスラックスを巻き込んで履きづらいです。

このテーパードがキレイなシルエットを演出してくれるのですが、バイク用防寒着としてはマイナス点かな…以前の防風イージーパンツはストレートで履きやすくて好みだったのでちょっとざんねん。

とは言え、性能はトップス同様バッチリ!十分頼れる戦力になってくれます。

裾はドローコードで絞れるようになってます。ホコリが付きやすい素材なので気になる方もいるかも。

余談ですが…黒の衣服で細かいホコリが気になるという方は、防水スプレー試してみることをオススメします。

ホコリが付きやすい黒ジーンズなんかにシューっとしてあげるとホコリが付きにくくなって快適!ぼくはアメダスを愛用してます(色落ちしないかどうか事前にテストしましょう)。

ヒートテックファンクショングローブ

側面から風が…

ヒートテックと名前がついてますが、ブロックテック素材が使われてます。

他にも「ヒートテックライナーグローブ」とか「ヒートテックニットグローブ」とかありますが、これらはブロックテック素材が使われてないので要注意。

最初これ買ってなかったんですが、ブロックテックの効果(特にトップス2着)に驚き「これなら手袋もいけるのでは?」と期待を込めつつ購入することに。

が。

うーん、真冬は使えないかな?というのも、走行時に人差し指と親指の付け根部分から風が入ってくる感覚が…!

注意書きを見ると「手の甲側にブロックテック機能の素材を使用しています」の表記。

風を感じたのは人差し指の側面部分で、おそらくブロックテック素材が使われてなくて風をスルーしちゃってるのだろうと思われます。

Amazon1位のバイク用ハンドルカバーとか、バイク用ウインターグローブなど、手袋は別に準備したほうが良さそう。

ちなみにタッチパネル対応とありますが、こちらも反応はイマイチでした。うーむ。

ヒートテックソックス

素材・厚みが違う

ソックスはブロックテック展開がありません。

なのでヒートテックソックスを使ったんですが、実はヒートテックソックスにも厚みや素材の違いがあります。上の写真でもアクリル含有量が違ったりしてますね。

バイクに乗る際はできるだけ厚手のものをチョイスするほうがベター。店頭で実際に触って選びましょう。

ぼくはレギュラー丈を使用してますが、さらなる暖かさを獲得したい方はハイソックス丈にするといいかも。

まとめ:ブロックテックで良い(ただし手袋は除く)

上下ブロックテックでテスト走行してみましたが、手袋以外は良好な結果が得られました。

これから迎える冬本番もこれで安心して迎えられそうです。

ユニクロでの購入は「ユニクロではこう買う!クーポン&セール情報」という記事(クリックで読めます)をどうぞ。

手袋だけはまぁアレだったのでバイク用のウインターグローブかハンドルカバーを買おう。

普段はファイナンシャルプランナーとして超節約術や資産形成に役立つ情報などを発信してます。興味のある方はぜひ他の記事もお読みください。

年間54万円の損!FPが家を決める時のたった一つのルール

2017.04.04

1年で150万貯めたFPの節約・家計見直し術を大公開!!

2017.04.02
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です