5年経験者の”うまくいくルームシェア”超具体的方法5つ

こんにちはnino(@kurashilog)です。

ルームシェアやシェアハウス、今では”他人と暮らすこと”が一般化している世の中です。

かく言うぼくも社会人になってから5年間、友人と2人でルームシェアして暮らしてました。

もともと友人が少なくて一人で過ごすタイプなんですが、同居人のソイツとは楽しく生活できたのでとても感謝してます。

ちなみに、5年間一度もケンカしませんでした。

今回は、そんな経験からルームシェアがうまくいく5つの超具体的な方法をお伝えします。

ちなみに、”もともと友人同士だった2人がルームシェアした”というケースなので、”シェアサイトなどを利用した初対面の他人同士のルームシェア”とは勝手が違うかもしれません。

ですが、結局は他人同士のルームシェアなので基本的には共通する内容かと思います。

ルームシェアを考えてる人はぜひ読んでみてね。

スポンサーリンク

前提:お互い”テキトー”であること

まず、細かいことを気にするタイプの人はルームシェアに向きません。

ゼーッタイ、確実に向きません!(断言)

ある種のテキトーさが必要なんです。

ルームシェアとは、『部屋を分けあう』ことではなく、『暮らしや人間性を分けあう』ことです。

実家暮らしや一人暮らしでのルールや習慣をそのまんま当てはめて、同居人のそれとぶつかった場合、どちらかがそれを押し通そうとするとうまくいきません。

自分と違って当たり前。

ぼくも同居人もテキトーな奴同士だったので、まあいいや精神で暮らしていたらいつの間にか5年も経ってました。

超テキトーな人同士だったら、それだけでうまくいくかも。

前提ここまで。

では、具体的な方法を紹介していきます!

冷蔵庫はそれぞれ持つ

小さくてもいいので、それぞれ自分用の冷蔵庫を持ちましょう。

自炊をする場合はもちろん、たとえ自炊をしない2人だったとしても冷蔵庫は2つが基本です。

理由はただひとつ。その方がラクだから。

間違って同居人のアイス食べちゃってケンカに発展、なんてこともないです。
(まあ、その時は謝りゃいいんですけどね。)

当時のぼくらの家電所有状況を参考までに。

  • 冷蔵庫:2つ
  • 洗濯機:1つ
  • 電子レンジ:1つ
  • 炊飯器:1つ

冷蔵庫以外の家電は下手に増やさない方がいいかも。

家事当番なんて決めない

当番なんて決めちゃダメです。

決めちゃうと何らかの理由で家事をこなせなかった時にトラブルになります。

「あーなんか洗濯物たまってんなー」と思ったら、思ったアナタがすればそれでいいんです。

もしくは、今から洗濯しよーぜ!掃除しよーぜ!とか声かけてみて、相手が乗り気だったら一緒にやればいい。

ぼくのほうが”洗濯物を溜める能力”が同居人より低かったので、洗濯はぼくがすることが多かったかな。

逆に同居人はよくゴミ出しをしてくれてました。奴のほうが朝早かったので、出かける時に持って行ってくれてたんですね。ありがとう。

部屋数=シェア人数+1以上

2人でシェアするなら3DK以上、3人なら4DK以上といったように、シェア人数よりも1部屋多い物件を選びましょう。

“あぶれ部屋”があると便利なんです。

それぞれの部屋に収まらない荷物を収納したり、部屋干しスペースにしたり。使い方はいろいろ。

もしまたシェアするとしたら、やはり人数+1部屋の物件を探しますね。

家賃・生活費の共用口座をつくる

共用口座を開きましょう。
そこから払うor引き落とすのは以下のもの。

  • 家賃
  • 光熱水費
  • ネット代など共用の固定費

ちなみに、ぼくらはそれぞれ「家賃半額+1万円」を共用口座へ毎月入れてました。

大体余って貯まっていってたので、火災保険更新等で共通の臨時支出があればそこから出す、という感じで運用してましたね。

固定金額を入れて、そこからやりくりがオススメです。

ネットバンクを開いて互いに決まった日に自動送金するように設定しましょう。
手数料無料で送金できます。

参考記事↓

飯はそれぞれで食う

“ルームメイトと一緒にオシャレに家ランチ”みたいなシチュエーションに憧れを抱く女子もいるかもしれません。

でも、食事はそれぞれで済ませましょう。

もちろん、タイミングが合えば一緒に食べていいんですが、勝手に相手の分も作っておくなんてことはやめたほうがいいです。

ぼくらもルームシェアを始めた当初は一緒に朝メシを食べてたりしてたけど、お互いに生活リズムが確立されてからはそれぞれで食べるようになったよ。

まとめ:”他人と暮らす”はたのしい

うまくいくルームシェア、5つの方法振り返りです。

  1. 冷蔵庫はそれぞれ持つ
  2. 家事当番なんて決めない
  3. 部屋数=シェア人数+1以上
  4. 家賃・生活費の共用口座をつくる
  5. 飯はそれぞれで食う

この5つはすべて、当時の生活を改めて振り返って”ああ、あれでうまくいってたんだな”と感じたこと。

中には、最初から決めてかかったことじゃなくて、お互いが暮らすうちになんとなく”そう”なってたこともあります。

そして、さいごに伝えたいのは”ルームシェアで他人と暮らすのはたのしい”ということ。
基本的に一人が好きなぼくが言うんだから間違いないのです。

ルームシェアには金銭的なメリットもあるけど、他人と暮らすことで自分に新しい発見をもたらしてくれます。

それは自分自信のことだったり、相手の考え方だったりいろいろ。大げさに言えば、自分の人間性を拡張することもできるんです。

『ルームシェアしてみたいな、でも他人と暮らすなんてできるかな。』

もしアナタが今そう思っているなら、試しに気軽にシェアしてみましょう。

ダメだったら解消すればいいんです、ただそれだけ。

この記事が、悩んでる誰かの役に立てば幸いです。

以上、5年経験者の”うまくいくルームシェア”超具体的方法5つ…でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です