ブログのアクセス数が急増→1日1,000PVを超えた理由

いつの間にか記事更新よりもグーグルアナリティクスでpv数等をチェックするのが日課に。

ダメブロガーあるあるですよね。
こんにちはnino(@kurashilog)です。

さて、タイトルどおりなんですが姉さん事件です!ブログのアクセス数が急増です!
11/23のpv数は1,035と、初の1日あたり1,000pv超えとなりました。

1ヶ月前の同日10/23は184pvだったのでざっと5.6 倍。

読んでくださったみなさんありがとうございます!
そんなわけで今回はアクセス数急増の原因をガサゴソまさぐっていくよ、そんな記事よ。

スポンサーリンク

検索結果で上位表示された

結論から言っちゃうと、検索流入がドバッと増えたことです。
具体的にはこの記事。

バイク防寒×ユニクロというシンプルな内容ですが、ちょうど季節的に検索されやすいキーワードだったようです。

例えばこの記事を書いている2016/11/25時点で「バイク 防寒 ユニクロ」と検索すると1位で表示されます。「バイク ユニクロ」でも2位。

やっぱり検索結果で上位表示のインパクトはすごいのね。
グーグル先生サンキューです!

バイク通学・通勤寒いもんね。
わかる、わかるよみんな。

関東は初雪が降ったみたいだしこれからつらいよね。

内部リンクで関連記事へ誘導

記事公開の11/6から11/23までのアクセス数の推移を見てみましょう。
(検索流入のみで集計)

  • 11/6……23
  • 11/12……188
  • 11/18……237
  • 11/23……540

こうして見ると順調にアクセスが伸びてますね。

すると当然こう考えます。
「できるだけこの記事から他の記事に飛んで読んでもらいたい」

初のヒット記事なので、できるだけチャンスをモノにしたいわけです。
人は欲深い生き物なんや。

かと言ってまったく関連性のない記事のリンクを貼ってもクリック率は低いはず…

なので、ユニクロのセール・クーポン情報を記事にしてリンクを貼りました。
加えてバイクやアウトドア関連の記事などもリンク。

結果、作戦が功を奏したのか30%の確率で読まれるようになるユニクロセール記事。
読者のニーズに沿った適切な動線を確保することがやはり重要なんですね。

物は試しと個人的に読んで欲しいカオスなインド料理店の記事もリンク貼ってみたけど、鮮やかに0%を叩き出してくれました。フォー!独りよがりじゃダメなのね。

読まれる記事の条件とは?

半年ほどブログを続けてみて、読まれる記事の条件が分かるようになってきました。

  • 読み手にとって役立つ記事であること

一言で言うとこれだけです。シンプル。

検索に引っかかりやすいようなタイトルや見出しを付けることもSEO的には大切です。
でも、結局は記事の内容が良いこと、つまり読み手に価値を提供できているコンテンツであることが大前提として必要。

その価値は多様で、例えばHow toだったり、絶景写真だったり、ゴシップだったり、はたまた文章そのものだったりします。受け手(読者)は世界中に存在しているので、何が価値あるものかということは一概に言えません。

世の中にはブログ運営についての記事が溢れてます。ちょろっと検索するだけでもゴミのようにわっさわっさ出てきます。
そんな中、一定以上のアクセス数を誇るブロガーさんに多く共通しているのは「読者の顔を意識している」ということ。

結局マーケティングと同じで、ニーズを把握し、それらを満たす記事を適切なタイミングで提供することができれば自然と読まれるようになるはずです。

この立場で考えると、特定のジャンル特化型のブログがやはり強い気がしますね。
ぼくみたいなごった煮ブログは方向性を見失いがちだからな 笑

とまあペーペーブロガーがたまたま1記事ヒットしてドヤってみましたが、楽しく書けることも大事なんですよね。

ブログって続けることが何より難しくて、続けさえすれば誰でもある程度のアクセスは得られると言われてます。
そういう意味ではジャンル特化型でなくとも、楽しく自分が更新できる・没頭して書けるのであれば、ごった煮ブログでも構わないと言えそう。

ぼくも価値を提供できるようなブログを目指しつつ、楽しんで書いていきたいと思います。

以上、ブログのアクセス数が急増→1日1,000PVを超えた理由…でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です