年間54万円の損!FPが家を決める時のたった一つのルール

こんにちは、FP(ファイナンシャルプランナー)のnino(@kurashilog)です。

みなさん、ご自宅の住み心地はいかがですか?

「すごくゆったりできて満足してるよ」、「もっといい家に引っ越したいなあ」

いろんな声が聞こえてきそうですね。

ちなみに、我が家の住み心地をひとことで表すと…「最高!」です。
もうこの家以外考えられないの!ってくらい自宅ラブ。 

そんな満足度を提供してくれる家…一体どんな物件だと思いますか?
注文住宅…?それとも新築マンション…?

いえいえ、違います。 
取り立てて家賃が高いわけでもない、いたってフツーの賃貸物件です。

「じゃあ何が最高なんだよ!」
とお思いかもしれません。

今回は、FPであるぼくが考えるたった一つの「家選びの基準」をお伝えします。 
この基準を知れば、ぼくが大満足している理由がわかっていただけるはずです。 

スポンサーリンク

家は職場の近くを選べ

いつもどおり結論から。

職場近くの物件を選びましょう。

「エッ、それだけ!?」
はい。たったこれだけです。拍子抜けしましたか?

なぜ職場近くの家を選ぶだけで幸せになれるのか、具体的に解説していきます。

人生にはお金よりも大切なものがある 

ここでちょっと触れておきたいことがあります。

ぼくはファイナンシャルプランナーです。
当然、お金の専門家としてお金はとても大切なものだと考えています。

多くの人々にとって、人生の舵をうまく切っていく、豊かに生きていくためにお金は必要不可欠なものと言ってよいでしょう。

では、人生で一番大切なものはお金か?と問われれば、答えはNo。
少なくとも、お金よりも大切なものは存在します。

それは、『時間』です。 

人は必ずいつか死にます。終わりを迎え、彼岸に立つときが必ずやってきます。
時間は誰にとっても有限で、1秒たりともムダにしてはならない、たいへん貴重な資源です。

それなのに、時に時間を浪費してしまうぼくら。

ダラダラとテレビを無目的に見る。

行きたくもない飲み会に参加して愛想笑いを浮かべる。

同じ時間でも、過ごし方次第でその後の人生が決定付けられてしまうことだってあるのに…

「あの時間、もったいなかったな」
そう誰もがきっと一度は思ったことがあるはず。

そういった「時間の浪費」は強制的に排除して、時間を生み出してしまえばいい。
その方法の一つが「職場の近くに住む」ことなんです。 

職場の近くに住むことの効果

ぼくは実際に職場近くに住んでいます。
通勤時間はドアtoドアで5分。即到着。

今の家に引っ越す前は片道50分かけて通勤してましたが、マジでもっと早く引っ越しておけばよかった…と絶賛後悔中。おろろん。

だって引っ越しただけで、1日90分も自分が使える時間を生み出すことができたんですから。

週5で通勤したとして「どれくらい時間が浮いたのか」確認してみましょう。
ついでに時給を1,500円として金銭換算もしてみます。

期間浮いた時間金銭換算
1週間7.5時間11,250円
1ヶ月30時間45,000円
半年180時間270,000円
1年360時間540,000円

なんと1年で360時間も浮く計算に…!
1週間という単位でも自由に使える時間が7.5時間も増えるのって、結構スゴくないですか?

浮いた時間を自己投資や趣味にあてれば、今よりももっと素敵で充実した人生になりますよね。
以前紹介した定時上がりの術と一緒にぜひ実践していただきたいです。

9時〜17時のサラリーマンの方が定時上がりできれば、家に着いてもまだ余裕で17時台ですよ。
ワクワクしませんか? 

春から転職・転勤で職場が変わった方、職場近くに引っ越して人生を豊かにするチャンスです!

ちなみに、引っ越し時はスマートな一括見積もりサービス「引越ラクっとNAVI」で引っ越し料金を抑えるのがおすすめ。

まとめ

それでは、今回の記事のまとめ!

  • お金よりも大切なのは『時間』
  • 職場の近くに住むことで時間の浪費をカットしよう
  • 浮いた時間で人生を豊かにしよう

 

さいごに、いつも聴いてる星野源さんの「化物」の歌詞を紹介して終わります。

何気ない日々は何気ないまま
ゆっくり僕らを殺す
そしてまた変わらず何も起こらず
一人お辞儀で帰る

化物星野源
J-Pop
¥250


以上、「持ち家でも賃貸でも、家を決める時にコレだけは知っておいてほしい!!とFPが思うこと」という記事でした!

スポンサーリンク