ヘルメットぺちゃんこヘアーを防止/クレイワックスのすすめ

全国のバイク通学・通勤の皆様、こんにちはnino(@kurashilog)です。
ぼくももっぱらバイク通勤です。

夏って気温は高いわエンジンも熱いわでなかなかつらい季節ですよね。
まあそれでも冬に比べればマシですけど…

さて、バイク乗りが気になることランキング上位に「ヘルメットで髪がぺちゃんこ現象」がありますよね。ないですか?あるよね…?

ヘルメット脱いだら髪がペタっとしちゃってなんだかなー、髪型さえキマってたらモテるのに…という勘違い悩み、あると思います。

そんな方には整髪料の見直しをオススメ!
クレイワックスを使うのです!

スポンサーリンク

クレイワックス×ヘルメットの相性は抜群

バイクに限らず、ヘルメットを着用するシーンが多い方はクレイワックスを使ってみましょう。
このワックス、ヘルメットとの相性が良いんです。

クレイワックスとは

クレイワックス(ドライワックス、マットワックスとも呼ばれます)の特徴は次のとおり。

  • ベタベタしない(油分が少ない)
  • セット力が強い
  • 再スタイリングしやすい

これらの特徴が、ヘルメットとの親和性を高めています。

  • ベタベタしないため、蒸れてワックスが溶け出すことも少ない。
  • ヘルメットを脱いだ後、ささっと再スタイリングしやすい。

特に、再スタイリングしやすいのが重宝ポイントです。
クリームやジェルタイプのワックスだと、ベタっとしてリカバリーしにくいんですよね。
ムースはセット力低くて、ヘルメットとの相性悪いし。

オススメのクレイワックス

ぼくが普段使ってるワックスはコレです。
DEUXER dry paste wax 6(デューサー ドライペーストワックス6)

軽くて使いやすいワックスです。
あんまり全体に付けすぎると重たくなっちゃうので要注意。
万能タイプですが、ロングの方には向かないかもしれません。

まとめとおまけ:クレイワックスの洗い方

そんなわけでバイク乗りにはクレイワックスを推しております。
一度使ってみると便利さを実感してもらえるはず!

整髪する髪がそもそもなくなるまではこのワックスを使いつづけるつもりです。

最後に洗い方について少しだけ。
shampoo_boy

クレイワックスは洗い流しにくい部類のワックスです。
なので、水やお湯で髪を十分にすすいでからシャンプーするようにしましょう。

以上、「ヘルメットぺちゃんこヘアーを防止/クレイワックスのすすめ」でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です