トランクス比較!ジオラインVSエアリズム/快適な股間環境のために

こんにちはnino(@kurashilog)です。
毎日暑いですね、梅雨でジメるし。

この季節を少しでも快適に過ごすためにアンダーウェアの見直しを。

速乾性のあるアンダーウェアとして、モンベルのジオラインとユニクロのエアリズム(シルキードライ)はよく比較されてます。
で、肌着比較はよく見かけるんだけど、パンツ比較はあんまり無さそう。
というわけで先日ジオラインのトランクスをタダで入手したので、早速比較・検証開始!

スポンサーリンク

どちらに下半身を預けるべきか

左がジオライン、右がエアリズム

生地と肌ざわり

  • ジオラインはポリエステル100%、サラっとした肌ざわり。

 

  • エアリズムはポリエステル89%、ポリウレタン11%。ツルっとしてます。

 

価格

ジオラインL.W.トランクス2,484円(税込)
エアリズムボクサーブリーフ1,069円(税込)

ジオライン1枚の価格でエアリズム2枚買えますね。高いよ。
それに見合う快適性を備えているのかしら…

実際に履いて1日過ごしてみた

過去記事でもちょろっと書きましたが、夏場のぼくはエアリズムを履いてます。誰得情報。

なので今回はジオラインに下半身を預け、1日過ごしてみました。
ムシムシする日だったので、快適性テストにちょうど良かった。

シーン1:通勤

大体バイク通勤なんですが、この日は電車通勤。トータルで20分くらい歩きました。

夏なんで徒歩でもそれなりに汗かきましたが、蒸れてる感はナシ。

シーン2:デスクワーク

この日はデスクワークでほぼ座りっぱなしでしたが蒸れ感はゼロ、貼りつく感じもなくて良好です。
ジオラインでガードされてない太もも部分なんかは、素肌とスラックスが直接当たった時に「汗かいてんなー」と思いました。立ち上がった時とかね。
ジオラインがしっかり吸水、乾燥してくれてるんだろう。

アクティブな活動じゃなければエアリズムで十分

ジオラインかなり快適だったわけですが、やっぱりネックは価格。

今回は発汗量が少ないシーンばかりだったので、エアリズムと比較した際の優位性はそこまで感じませんでした。
(通勤とデスクワークしか検証シーンがなくスミマセン。自分でも書いてて「コイツの1日、つまんねぇ!」と超びっくり。)

ジオラインはスポーツやレジャー等のアクティビティ時にこそ真価を発揮してくれそう。
エアリズムはツルツルしてるので、一定量以上の汗をかくと貼りついちゃうんですよね。まあ割とすぐ乾くけど。

あと外回りが多い営業の方にもジオラインはおすすめできそうですね。

まとめ:シーンによって使い分けが最適解

さあ、無難な結論に軟着地しましたよ。

  • デスクワークなど発汗量の少ないシーンではエアリズム
  • スポーツやレジャー時にはジオライン

こんな使い方が良いのではないでしょうか。
でもジオライン快適だったので、これからもガシガシ使っていきますよー

おまけ

ちなみにジオラインのラインナップにはブリーフもあるんですよ。
ギリギリを攻めたい方はトライしてキメちゃってください。

以上、快適な股間環境のためにジオラインとエアリズム(シルキードライ)を比較した話でした。
ジオラインをはじめ、モンベル製品をほぼ無料でゲットした記事は↓からどうぞ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です