auからmineoにMNPして2年。請求書内訳公開&メリット・デメリットまとめ

mineo使いのnino(@kurashilog)です。
みなさん月々のケータイ料金いくら払ってますか?

ぼくは2015年の9月にauからmineo(マイネオ)にMNPしたのですが、月平均1,800円くらいです。
au時代は毎月6,000〜8,000くらいかかってたので、一ヶ月5,000円くらい安くなってます。

年間60,000円くらい経費削減できる計算になりますね。
固定費の削減ってやっぱりインパクトが大きい。

格安sim、MVNOって実際どうなの?
という方に向けて、ぼくの請求書内訳を公開します。
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

請求内訳公開

2016年5月利用分の明細を公開!

請求内訳

この頃はまだ基本料の割引があったので、これくらいの金額で収まってます。
割引がなくなってから以降も現在までずーっと約2,000円なので、3大キャリアよりもかなり格安。まさに格安sim。

ぼくは仕事の都合上必要なので、音声通話あり(デュアルタイプ)で契約してますが、音声通話は不要という方はデータ通信のみ(シングルタイプ)で契約すればもっと安くできますよ。

ちなみに、通話料を抑えるために「楽天でんわ」アプリを使ってますが、これについては別記事にしてますのでコチラをどうぞ

mineoのいいところ

実際に2年使ってきて、もう超・大満足してます。
どんなところが良かったのか書き出していきましょう。

安い!!

当たり前ですが、ケータイ料金がぐーんと安くなりました。
冒頭にも書いた通りひと月あたり5,000円は安くなってます。

こうかはばつぐんだ。

ぼくはファイナンシャルプランナーとしてこんな記事も書いてます。

家計の見直しは『固定費』からが鉄則です。
その意味でもケータイ料金の見直し効果はインパクト大ですよ。

ちなみに、基本的にドコモプラン(Dプラン)の3GB(税込1,728円)を使用中。
契約プランや容量は当月25日までにネット上で申し込めば翌月分を変更できます。

mineoスイッチで容量節約

mineoから「mineoスイッチ」という公式アプリが出ていて、なかなか使い勝手が良いんですよ。
このアプリで節約スイッチonにしておくと、通信速度が200kbpsになる代わりに、容量を一切消費しなくなります。

200kbpsでも次の事ならストレスなく使用できてます。

200kbpsでも余裕

  1. LINEやメールの送受信
  2. LINE、Skype、FaceTimeオーディオでの通話
  3. テキストベースのサイトブラウジング
  4. ネットラジオ(radikoなど)

フリータンクがすごい!

mineoユーザーみんなで、パケットを分け合おうという機能です。
これめっちゃ画期的なんです!

200kbpsでも余裕

  • パケットが余ったユーザーはタンクにパケットをIN
  • パケットが足りないユーザーはタンクからパケットをOUT

というシンプルかつ衝撃的なサービス!
僕も実際にIN&OUTしましたが、コレ良い。

しかもね、INやOUTの際に「使いきれないのでどうぞ」とか「少しの間お借りします」とかコメントしてあって、ほんわかするんですよ。

なんだこの素敵空間。ネット砂漠の安住の地や!

なお、OUTは毎月21日〜末日の1日前までの間で、最大1GBまでとなってます。

2017/1/31追記
ここのところ急激にフリータンク残量が減ってるとの公式アナウンスが。
今後は利用制限がかかるかもしれませんね…安住の地は幻と化したんや…

→その後多くの方がinして枯渇回避!mineoユーザーのみなさんサスガ!

マルチキャリアで分け合える

mineoはマルチキャリア対応のため、ドコモ・auどちらの回線も使えます。

simフリースマホを持ってなくてもドコモ端末があればドコモプランで契約できるし、au端末があればauプランで契約できます。

しかも、別々のプラン同士でもパケットシェアという機能を使って、パケットを分け合えるんです。

家族で違うキャリアのスマホを持っている場合、新たにsimフリースマホを購入しなくてもパケットシェアできるのは嬉しいですよね。

また、mineoには家族縛りはなく、設定さえすれば誰とでも分け合えちゃう。
他のMVNOでは家族のみ分け合えるサービスが主流なので、地味に大きなアドバンテージじゃないでしょうか。

ルームシェア時代にこのサービスがあれば使いたかったなあ。

誰かとなにかを分け合うって素晴らしいよね。

家族割がある

さらに、mineoの特徴として家族割があります。
3大キャリアでは当然の家族割、実はMVNOでは希少なんです。

1回線につき50円割り引いてくれます(最大5回線まで)。
離れて暮らす家族や姓が異なる家族も割引対象になるという親切設計で好感が持てます。

割引額はわずかですが、ただでさえ割安なMVNOでよくがんばってるな〜という印象。素敵。

mineoの残念なところ

平日12時〜13時は速度低下

これはどこのMVNOもそうかもしれませんが、平日12時〜13時は速度低下します。
youtube見ようとしても止まっちゃうこともありますね。

でも、その他の時間帯はストレスなく使用できてます。

今後利用者が増えればわかりませんが、そこはmineo側もユーザー数の増加に伴い対策をするはずなので、ぼくはあまり心配してません。

もしもmineoの品質が低下してしまい、他のMVNOの方が魅力的になれば乗り換えればいいだけですしね。

また、優先通信サービス「プレミアムコース」なるものも登場しました。
2017年3月から正式サービス開始しましたね。ぼくも応募しましたがあえなく落選…

1年以内のMNP転出は12,420円かかる

利用開始月の翌月から12カ月以内にMNPで転出した場合、MNP手数料が12,420円(税込)かかります。

13カ月目以降のMNP転出料は、2,160円(税込)です。

なので、音声通話もアリで契約する方(デュアルタイプ)は、1年以内に他者へMNPで乗り換える場合、通常よりも手数料が多くかかってしまうので要注意です。

音声通話ナシ(シングルタイプ)の方であれば、そもそもMNPは関係ありませんので手数料無料で解約できます。

詳しく知りたい方は

もっと詳しく知りたい方は、mineo公式ページをチェックしてみてください。
ドコモ、auそれぞれのプランの詳細や、乗り換え時期の確認方法などコンテンツも充実してますよ。

まとめ&お得に契約する方法

auからmineoに乗り換えてほぼ2年ですが、めちゃくちゃ満足!
今後も使い続けるつもりです。

他のMVNO業者も沢山あるので、どこと契約するか悩んでる方もいると思います。
mineoにはフリータンクやマルチキャリアの利点があるのでおすすめ

お得に契約するには、mineoの紹介キャンペーンの利用とエントリーコードを格安でゲットするのが鉄板です。

mineoに限らず、携帯電話の契約時には「契約事務手数料3,240円」がかかります。
そしてmineoの場合、エントリーコードというモノがあれば、この3,240円が無料になります。

エントリーコードはAmazoneoショッピングモールで1,000円程度で売ってるので、契約前に購入しておきましょう。

(2017/9/1現在)

また、下記URLやボタンから契約すると1,000円分のAmazonギフト券がもらえます。
2017年9〜11月限定で2,000円にUPしてます!!!!

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F8R2C8U9R6

(有効期間:2017/9/1〜2017/11/9)

キャンペーンについての最新情報は別記事にて常に更新してるのでチェックしてみてください。

以上、『auからmineoにMNPして2年。請求書内訳公開&メリット・デメリットまとめ』という記事でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です