「引越ラクっとNAVI」の何がいいの?FPが実際に使って検証した話

こんにちは、2級FPのnino(@kurashilog)です。

間近に春。

それは出会いと別れの季節。

入学、卒業、就職、転勤転職etc…
そんな人生の節目イベントが全国で一斉に開催されるシーズンですね。

必然的に最大の引っ越しシーズンでもあります。

ぼくも先日引っ越したところ。
FPとして引っ越し料金の比較をせねば…

というわけで嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】 を実際に使ってみました!

結論から言うと、これからお引越しをされる方、特に単身者の方には超オススメです!

スポンサーリンク

引越しラクっとNAVIとは

一言で表すと、「電話地獄にならない一括見積もりサービス」です。
しかも、利用料金は一切無料!

車でも保険でも、もちろん引越しでもなんでもいいです。一括見積もりサービスを利用されたことある方なら実感してもらえると思いますが…

一度登録したら最後。

とにかく!バンっバン電話かかってくる!
車を売却した時なんて、ネットで申し込みボタンを押した瞬間にかかってきたことあります。
(いやホントコンマ3秒とかそれくらいだった)

もう決定した後でもかかってきたり、夜中でもおかまいなしだったり…
まあ、そういうサービスなので仕方ないんですけどね。

一括見積もりって、確かに金銭的にはお得になるんですが、電話応対で時間泥棒されちゃう。
疲れるし、めんどくさがり屋の方にはオススメできない。

が、その点「引越しラクっとNAVI」はすげーんですよ。

コールセンターの方と1回だけやりとりすれば、後はサイト上で複数社の見積もりが登録されていきます。

そしてそのままネット上で発注。選ばなかった会社への断りの電話も不要。

もちろんPC・スマホどちらからでもOKなレスポンシブ対応。
めっちゃスマート。

ただでさえ慌ただしい引っ越し、他にもやることいっぱいあります。
一括見積もりでの電話応対をバッサリカットできちゃうメリットはデカい。

利用の具体的な流れ

実際に利用した際の流れはこんな感じ。

  1. 会員登録
  2. サイト上で引越し手配
  3. コールセンターからの電話
  4. 見積提出予定日まで待つ
  5. サイト上で見積確認
  6. サイト上で発注orお断り
  7. 発注業社と直接やり取り→引越し

それぞれ詳しく説明していきます。
画像はPCの例ですが、スマホでも同じ要領で進めます。

なお、ぼくは単身で利用しましたのでネットと電話で完結しましたが、ファミリーだと実際に荷物量を各社が見にくる場合もあるそう。

会員登録

  1. 【引越しラクっとNAVI】 から仮登録
    入力したメールアドレスに本登録用のURLが送られてきます。
  2. 本登録
    名前やパスワード等を入力し、本登録

サイト上で引越し手配

  1. マイページ「登録情報の編集」から希望連絡日や連絡可能日を入力
  2. 「引越し手配」をクリック
  3. 「申込」ボタンをクリック
  4. 申込状態を確認
    ステータスが連絡待ちになったことを確認します。

コールセンターからの電話

サイト上で指定した連絡希望日、コールセンターから着信。
以下のことなどについて聞かれました。

  • 引越し予定日、搬入出時間など
    引越し予定日は期間指定できるのであれば、日時指定するよりも安くなる傾向にあります。日時指定だとそこで対応できる会社からしか見積もらえませんので…。
  • 単身orファミリー
    単身の場合、ネット上で見積完結。ファミリーの場合、各社が実際に荷物量を見に来てからの見積になります。なお、荷物量が単身程度ならネット上での見積完結可能とのことだったので、ファミリーの場合でもたずねてみるといいかも。
  • 荷物の大きさ、量
    ベッド、テレビ台、デスクトップPCはあるか等、具体的な荷物の種類や大きさ、量について聞かれます。特に単身の場合、訪問見積はありませんので申告した量と違う場合、追加料金が発生する場合もあるので注意しましょう。
    机などの大きさ(3辺)を事前に測っておくと良いですね。
  • エアコン、洗濯機の着脱サービスの要不要
    ぼくは自分で取り外し、取り付けをする予定だったので断りました。
  • ダンボールの必要数
    余れば後で返却できるとのことでしたので、少し余裕を持って伝えました。
  • 見積依頼業者の選定
    地域によって依頼できる業者や業者数に違いがあるようで、ぼくの場合は5社案内できると言われました。その枠内で「大手のみ」「中小企業のみ」「大手と中小企業のミックス」といったように選ぶことが可能だったので、ミックスでお願いしました。

こんな感じで大体30分程度のやりとり。
電話の感じも丁寧かつ機械的じゃなくて好印象。

他にはインターネット環境のサービス案内もありましたが、ぼくはwimaxなのでお断りしました。

見積提出予定日まで待つ

電話を終えたら、見積提出予定日まで待ちます。
予定日はマイページに表示されていて、ぼくの場合は電話確認から3日後でした。

ちなみに、翌日には大手の見積は反映されてた。さすがに早いですね。

また、聞き取ってもらった荷物量なんかも確認することができます。
訂正があればコールセンターへ連絡しましょう。

サイト上で見積確認

予定日の前日にコールセンターから着信。
出てみると「見積もりが揃いました」とのこと。1日早く見ることができました。

というわけで、見積結果を見てみると…

なんと2倍以上の差が…!!

その差36,720円!!こんなに違うもんなのね。ちょっと衝撃。

見積もり結果は表も載せておきます。

会社見積結果
A社見積辞退
B社35,640円
C社43,200円
D社51,600円
E社72,360円

直接見積もりの方が安いの?

よーしそれじゃ最安のB社で発注ボタンポチ…

…いやまてよ。
ここで一つ懸念が…

「引越しラクっとNAVIって無料で使えるけど、仲介手数料が見積もり額に上乗せされているのでは…」

発想がゲスいですね。
ゲスFP。いや、ゲスP。

というわけでゲスPは「直接見積もりを取った場合」との比較をすることにしました。

比較対象に選んだのは大手F社、中小G社。
どちらも電話連絡のみで、実際の荷物確認はありませんでした。

その結果がこちら。

会社見積結果方法
A社見積辞退ラクっとNAVI
B社35,640円ラクっとNAVI
C社43,200円ラクっとNAVI
D社51,600円ラクっとNAVI
E社72,360円ラクっとNAVI
F社62,300円電話
G社32,400円電話

じ、自分で電話したG社が一番やすぅい!
でも仲介手数料が上乗せされているということはなさそうな価格帯ですね。

ここからB社に直接掛け合って金額を下げてもらうということもできたとは思いますが、そこまではしませんでした。

というわけで実際の引越しはG社にお願いすることに。

サイト上で発注orお断り

本来ならば、見積結果ページからB社の「発注」ボタンをポチって、後はB社と直接やり取りで完了だったのですが、ぼくは引越しラクっとNAVIで見積もりをとっていない会社で引っ越すことにしたので、お断りしなくてはなりません。

なので、お断りする場合の手順を載せておきます。

  1. 「引越し中止・お断り」ボタンをクリック
  2. ダイアログが表示されるのでOKをクリック
  3. キャンセルを確認
    マイページでキャンセルされたことを確認します。

今回のようにすべてキャンセルした場合も、各社へ直接お断りの連絡を入れる必要はありません。
もちろん、発注した場合も発注先以外の会社への連絡は不要です。

なんてコミュ障にやさしいサービス。
ありがたや。

結局どんな人におすすめ?

今回、ぼくは最終的に断ってしまいましたが、「引越しラクっとNAVI」は電話応対に追われることなく見積もり比較から発注までできる便利なサービスだと感じました。

次のいずれかに当てはまる方にはオススメ!

  • 引越しを安く済ませたい方
  • 単身者or単身程度の荷物量の方
  • 何度も電話対応するのが面倒な方
  • 断りの連絡を入れるのが苦手な方

もし次回引っ越す時があれば、また利用します!

引越しラクっとNAVIは一括見積もりサービスだけでなく、引越しに関するコンテンツが充実している引越し専門の情報サイトでもあるので、引越し検討中の方は覗いてみて損はないですよ〜

以上、電話地獄回避!引越一括見積「ラクっとNAVI」実際に利用してみた話でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です