手作り加工品&お手紙!士幌高校の皆さんごちそうさま!/ふるさと納税

こんにちはnino(@kurashilog)です。

2015年は8自治体にふるさと納税して、それぞれ返礼品をいただきました。
全国には美味しいものがたくさんあるなあ。

そんな中、一番おもてなしの心を感じたのが北海道士幌町(しほろちょう)!
「士幌高校加工品セット」という期間限定の品をいただいたのですが、とってもほっこりするものだったのです。
ほっこり具合をおすそ分け。

スポンサーリンク

リアル銀の匙!農業高校生徒の手作り加工品

まずは返礼品の内容をどどん。

どーん!

  • スモークチキン(丸々1羽!)
  • ソーセージ
  • ハスカップとシーベリーのコンフィチュール
  • ビーフカレー&ビーフシチュー

10,000円の納税でこれだけいただきました。
スモークチキンの存在感やばい!

もちろん国産だぜ!(クリックで拡大)

ラベルは士幌高校オリジナルデザイン。
ラベル作成者の生徒さんのお名前も。
(画像はモザイク加工してます)

牛さんかわいい

牛さんかわいい

これらの加工食品は士幌高校に隣接した士幌町食品加工研修センターで加工されたそうです。
ちょっと施設概要見てみたけど、いろいろ作れるんですね。

  • 乳製品加工室
    チーズ、アイスクリーム、ヨーグルトなど
  • 農産物加工室
    パン、ジャム、レトルトパウチ食品など
  • 肉製品加工室
    ソーセージ、ハム、ベーコンなど

チーズも作れるのか。
銀の匙の吉野みたいな生徒さんもいるのかな。

(c)荒川弘/銀の匙 Silver Spoon 12巻より画像引用

(c)荒川弘/銀の匙 Silver Spoon 12巻より画像引用

これが士幌高校のおもてなしだ!

それでね、農業高校生の手作り加工品がただ送られてきただけじゃないんですよ。
こんなカードが添えてありました。

shihoro-11

なんと!包んでくれた生徒さん自ら名前とメッセージを書いてくれとる!
しかもよく見ると分かるんですが、下書きをしていらっしゃる。
「心を込めて手作りした加工品です」という言葉がただの定型句じゃなくて、本当の気持ちなんだなとジーンときました。
おじさんになるとちょっとしたことでグッときちゃうんだからやめて。

◯◯さん、どの加工品もおいしくいただきましたよ。
そしてお腹もココロも満たしてくれた北海道士幌高等学校のみなさん、ありがとうございました!

なまらうまかったべや!
(言ってみたかった)

士幌町ってどんなまち?

十勝平野の北部に位置

 

人口は6,355人(2016/6/1現在)
総面積は259.19km²、東京ドーム約5,543個分です。

明治31年3月に士幌町への本格的入植が始まったそう。
当時の入植者達が北海道の原始林を切り開いて土地を耕し、新しい暮らしを創造した。
そしてそこで今も農作物を作り続けている人々がいる。

まさにフロンティアスピリッツを持った人々が築いた「まち」なんですね。

士幌町農協によると、2015年度には農畜産物販売額が424億8千万で過去最高を記録したそうです。
すごっ!

地域おこし協力隊も活躍中

ぼくは北海道が大好きで、バイクツーリングで士幌町を訪れたこともあります。
だけど農業高校があるのは知らなかった。
今度北海道へ行くときはもっとじっくり回ってみようと思います。

こうやってふるさと納税がキッカケで、ぼくみたいに「行ってみよう」となる人も一定数いるはず。
実際に訪れた観光客がお金を落とせる仕掛けがあれば町も潤いますよね。

士幌町地域おこし協力隊のFacebookページもチェックしておこう。

「パン工房はなお」が気になる…。

キウイのパンうまそう

 

古民家を改装した「カフェまるく」も素敵です。

薪ストーブもある!

アイヌ語で「広大な土地」それが士幌!

町の名前になっている「士幌」は、アイヌ語の「シュウウォロー」が転訛して名付けられたものだと言われています。”広大な土地”を意味した「シュウウォロー」の発音を訛って変化させ、今の町名「士幌」ができました。

士幌町ホームページより引用

広大な土地…十勝平野のまちにぴったりですね。
十勝方面に行ったことある方なら共感いただけると思いますが、マジで広大すぎます。
遮るものがないため、地平線に沈む夕日なんてものを普通に拝めちゃう。
空も広くて、夜はまさに降るような星が一面に広がる。

恐るべし北の大地!

まとめ:士幌高校ありがとう、期間限定はもったいない!

ふるさと納税の返礼品で高校生からメッセージカードをいただけるとは思っていませんでした。
こうしたちょっとしたことで、そのまちに興味を持ったり、もっと好きになったりするんですよね。

ぼくはますます士幌町が好きになりました。

いやー、士幌高校の加工品を返礼品としてラインナップした士幌町イケてますね!
惜しいのは期間限定のため2016年7月20日現在では取り扱いが無いこと。
もったいないのでぜひレギュラー化してほしいな。

以前紹介したポケットマルシェの交流機能みたいに、農高生と消費者の相互コミュニケーションまでパッケージ化された返礼品があれば面白いのではないでしょうか。

士幌町、士幌高校のみなさん、ありがとうございました!

ちなみに、ぼくが実際にふるさと納税をする際は下記の3サイトを使い分けてます。

ふるさと納税おすすめ3サイト

  • ふるさとチョイス
    参加自治体数がダントツ。ただ、知ってる方も多いので、人気の返礼品はすぐになくなっちゃうというデメリットも。
  • さとふる
    主に肉や米などの食品系が充実。穴場的なので、人気返礼品もゲットしやすい。
  • ふるなび
    こちらも穴場サイトで狙い目。しかも2017年11月1日以降なら、寄付金額の1%のAmazonギフトコードがもらえます!対象条件は次の3つです。
    ①ふるなび会員(無料登録)に登録し、かつログインされた状態で寄付

    ②ふるなびのサイト上からの寄付
    ③クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での寄付

最後までお読みいただきありがとうございます!
他にもふるさと納税や節約関係の記事をたくさん書いてますので、よければ読んでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です