ふるさと納税の実力は?H28年度住民税控除額でチェック!

こんにちはnino(@kurashilog)です。

みなさんはふるさと納税してますか?

ぼくは2015年に初めてのふるさと納税を体験し、確定申告までしてみました。
今回は実際の寄付額と還付額から、ふるさと納税の実力を確かめてみようと思います!

君の実力、見せてもらうよ。ふるさと納税くん。

スポンサーリンク

ふるさと納税還付結果(H28)

先に結果を発表!

1 寄付額65,000円
2 所得税還付額6,426円
3 住民税控除額59,069円

所得税還付額と住民税控除額の合計は65,495円
ふるさと納税で寄付した金額のうち、2,000円は自己負担です。
65,000円寄付したので所得税分と住民税分合わせて63,000円になるはず。
はずなんだけど、、2,495円多い。

内なる別人格が知らぬ間に寄付していたとでもいうのか。

…何か他の控除があったんですかね、無知ですみません。

《2017/6/12追記》
平成29年分の計算をしていたら判りました。
1年越しでようやく解決…

調整控除という控除があるんですが、ぼくの場合は市民税で1,500円、県民税で1,000円が控除されてました。5円合わないのは端数処理の関係ですね。

調整控除について詳しくは書きませんが、所得税と住民税との控除額の差を調整しましょうねという趣旨の制度です。

《追記おわり》

とりあえず損はしてなかったので一安心。
事前にいろいろ調べてはいたけど、この目で住民税を確認するまでは「ちゃんと控除されるのか不安…」と思ってました。
小心者なんです。

今回の流れはこんな感じ

  1. 平成27年1月〜12月にふるさと納税(寄付)
  2. 平成28年2月に確定申告
  3. 平成28年2月末に所得税が6,426円還付された
  4. 平成28年度の住民税(H28.6〜H29.5分)が59,069円安くなった

まあ4の住民税について、2,495円は別の控除なんでしょうけどね。
(→調整控除だよ。)

以上、まずは結果報告でした!

で、何がお得なの?

今ではすっかりおなじみとなった感のあるふるさと納税。
冒頭でも書いたとおり、ぼくは2015年に初めて試してみました。

「話題にはなってるけど、やったことないなあ」

「結局何がお得になるの?」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ぼくもふるさと納税というコトバは知ってたのですが、まわりで実際にやってる人もいないし、税金が安くなるの?何ソレ?状態でした。
興味を持ってようやく調べ始めたのが2015年の11月。
制度上1月〜12月の納税額がひとくくりなので、駆け込みで寄付しました。

よく「ふるさと納税は年額2,000円のお取り寄せグルメ」などと言われます。
これもうホントそんな感じです。

寄付した額に応じて、寄付先の自治体からお礼の品を送ってもらえます。
知床のウニとか、A5ランクの黒毛和牛とか、各地の地酒とか、、
そして寄付金額2,000円を超えた金額については、その年の所得税として還付されるなり、翌年度の住民税から引かれるなりするので、結局お金を支払わずに特産品をもらえたことになります。
住民税については、翌年度分を先払いしてるようなイメージですね。

つまり、お礼の品の価値が2,000円を超えていればお得と言えます。

どうやってふるさと納税するの?

ふるさと納税の方法は、主に次の2つです。

  1. ふるさとチョイスさとふるなどの専用サイトから申し込む
  2. 各自治体へ直接申し込む

おすすめは圧倒的に専門サイトです!自治体のページって判りにくいんですよね…。

全国の特産品のカタログから選んでいくイメージです。
選ぶのが楽しすぎて、すぐに時間経っちゃいます。

寄付金の支払いはクレジットカードで、もちろんポイントも付きました!
カードが使えない自治体もありますが、カード決済可能な自治体を絞り込めます。

専用サイトのおすすめは?

たくさんあるふるさと納税専門サイト。
ぼくはふるさとチョイス、さとふるを使い分けてます。

おすすめのふるさと納税サイト

  • ふるさとチョイス
    参加自治体数がダントツ。ただ、知ってる方も多いので、人気の返礼品はすぐになくなっちゃうというデメリットも。
  • さとふる
    主に肉や米などの食品系が充実。穴場的なので、人気返礼品もゲットしやすい。
  • ふるなび
    こちらも穴場サイトで狙い目です。2017年6月末まで寄付金10,000円につきAmazonギフト券1,000円がもらえるキャンペーンをしてたり、お得な時期もあるので要チェック!

注意点やデメリットは?

目立つデメリットはないと思いますが、注意点が2点。

注意

  1. 寄付金額の上限を超えると、自己負担が2,000円を超えてしまう
  2. 確定申告や、ワンストップ特例制度を利用しないと、1円も戻ってこない

寄付金額の上限については、コチラでシミュレーションできます。
あくまでシミュレーションですが、目安になります。

また、ふるさと納税の後には、確定申告を行うかワンストップ特例制度を利用しましょう。
寄付先が6か所以上になるとワンストップ特例制度は使えません。

ぼくは8か所に寄付したので確定申告しました。
確定申告も超ビギナーで、もちろん初めてでしたが、想像していたよりもずっと簡単でした。

関連記事も書きました↓

結論、ふるさと納税は試す価値アリ!

ネット上で簡単に寄付でき、各地の美味しいものを食べられて、更に税金は戻ってくる。
初のふるさと納税体験は、とっても満足できるものでした!

「今度はどこの自治体に寄付しようかな〜、何がもらえるかな〜」
という楽しみが人生に1つ増えました。

ふるさと納税、おすすめですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です