ワンストップ特例は使うな!確定申告するべき3つの理由/ふるさと納税

nino(@kurashilog)です。こんにちは。

2015年4月1日から、確定申告不要で税控除を受けることができるワンストップ特例制度が始まりました。
このため、ふるさと納税をして税控除を受けたい場合、寄付の後に次のどちらかを選択することになります。

  • 確定申告する
  • ワンストップ特例制度を使う

みなさんはどっちを選んでますか?

スポンサーリンク

タイトルどおりですが、確定申告を選んだ方がイイナーと思ってます。
実際に2015年も確定申告しました。

理由は次の3つ。

確定申告をする理由

  1. 6以上の自治体へ寄付したい
  2. ワンストップ特例申請の書類返送が面倒
  3. 実はカンタンな確定申告

理由をそれぞれ紐解いていきましょう。

6以上の自治体へ寄付したい

ぼくは、初めてふるさと納税した時に「できるだけ多くの自治体へ寄付して、返礼品のバリエーションを増やしたい」と考えてました。

6以上の自治体に寄付した場合、ワンストップ特例制度は使えないんですよね。

2,000円の自己負担で寄付できる上限額を60,000円とした場合で具体的に考えてみましょう。

3パターン

  1. A市に60,000円寄付、返礼品を1つもらう
    →うれしい
  2. A市に30,000円、B市に20,000円、C市に10,000万円寄付、返礼品を3つもらう
    →シアワセダナー
  3. A市に20,000円、B市・C市・D市に10,000円ずつ、E市・F市に5,000円ずつ寄付、返礼品を6つもらう
    →愉悦っ…悪魔的愉悦っ…

この場合、1と2はワンストップ特例でイケます。
3の場合は使えないので、確定申告する事になります。

もちろん、返礼品の価値が高い少数の自治体だけに寄付した方がお得な場合もアリ。

多くの自治体に寄付すればいろんな地方の食材や季節の果物など年間を通して楽しむ事ができるし、ぼくにとってはその方が魅力的でした。

ふるさと納税って、日本のいろんな地域を知ることができて楽しいですよね。

ワンストップ特例申請書の返送が面倒

ワンストップ特例制度を利用する場合、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に記入して、それぞれの自治体へ送り返さなければいけません。

この申請書は、送ってくれる自治体もあれば、送ってくれない自治体もあります。
5つの自治体に寄付した場合、それぞれに返送する事になります。

さらに、2016年1月1日からは、マイナンバーの確認書類も同封する必要があります

なにそれめんどい。全然ワンストップじゃない。

ワシの寄付先は1箇所じゃい!という方には良いかもしれません。

ワンストップのイマイチな点

  • 寄付先の数だけ申請しなきゃダメ
  • マイナンバー確認書類の同封が必要

ワンストップ特例制度を使える人

また、ワンストップ特例制度を使える「人」にも条件があって、次のすべてを満たしている必要があります。

ワンストップを使える人

  1. 給料を1箇所からしかもらっていない会社員
  2. 年収2,000万円以下
  3. 確定申告行う必要のない人

これらを満たしていなければ、寄付先が5自治体以内だったとしても確定申告が必要です。

実はカンタンな確定申告

なんだか確定申告って聞くと難しそうなイメージありますよね。
初めてだったらなおさら。

ぼくがそうでした。

でも実際にやってみたらあっけなくできました。

準備するもの

揃えよう!

  • 源泉徴収票
  • 受領証明書(寄付先から送られてきます)
  • 還付金受取口座の番号が分かるもの
  • 印鑑(みとめ印でOK)

手順

  1. 国税庁のホームページで源泉徴収票を見ながら情報を入力
  2. 出来上がった申告書をプリントアウトして、管轄の税務署へ郵送

案内に従って入力していくだけなので楽でした。
家にプリンターないんですけど…って方も、セブンイレブンで印刷できますよ。

まとめ&関連記事

6以上の自治体に寄付したいという方は、ワンストップ特例制度は使わずに確定申告しましょう!

ぼくも実際に確定申告してみましたが、所得税も還付されて住民税も安くなりました。
どれくらい安くなったか気になる方は、過去記事をご覧ください。

ちなみに、ぼくが実際にふるさと納税をする際は下記の3サイトを使い分けてます。

ふるさと納税おすすめ3サイト

  • ふるさとチョイス
    参加自治体数がダントツ。ただ、知ってる方も多いので、人気の返礼品はすぐになくなっちゃうというデメリットも。
  • さとふる
    主に肉や米などの食品系が充実。穴場的なので、人気返礼品もゲットしやすい。
  • ふるなび
    こちらも穴場サイトで狙い目です。2017年6月末まで寄付金10,000円につきAmazonギフト券1,000円がもらえるキャンペーンをしてたり、お得な時期もあるので要チェック!

以上、『ワンストップ特例は使うな!確定申告するべき3つの理由/ふるさと納税』…という記事でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です