1年で150万貯めたFPの節約・家計見直し術を大公開!!

こんにちは、FPのnino(@kurashilog)です。

あなたはいま、家計管理や節約について調べているところですか?
そうだとしたら、この記事の内容はきっとお役に立てるはず。

FPになる前のぼくは、めちゃくちゃな浪費家でした。
給料日前はいつもカツカツ…もちろん貯金なんてない。

そんなダメダメな自分でしたが、どうしてもお金が必要になり強制節約生活へ突入。その結果、0円だった貯金額が1年で150万円に…!これ、ちょっとすごくないですか。

ということで今回は、ぼくが実践している家計管理・節約方法について紹介します!

「いやいや、FPがやるような内容なんてどうせハードル高いんでしょ?」
そうお思いかもしれませんが、大丈夫。余裕で誰にでもできます。 

ぼくがやっていたことはなんにも難しいことはありません。
ですが、とにかく何でもかんでも調べまくって、そして実践しまくりました。

FPとなった今振り返ってみると「あれは有用だったな」とか「あれは効率が悪かったな」との気づきや反省があります。

繰り返しになりますが、何も特別なことはしません。それでいて効果は絶大。
誰でも、今すぐ、確実に実践できることばかりです。家計を改善したいという気持ちとインターネット環境があれば、それで準備OK!

準備できましたか?
それではぼくと節約の海に漕ぎ出しましょう!

スポンサーリンク

FPが実践している家計管理・節約方法

実践すべきポイントを先に書いておきます。

チェックポイント

  1. 収支を可視化する
  2. 支出を3つに分ける
  3. 『浪費』を『消費』or『投資』へ振り替える
  4. 家計は必ず固定費から見直す

さっそく、それぞれ具体的に見ていきましょう。

収支を可視化する

よく言われることですが、まずは自分の家計把握のために収支を可視化しましょう。

どんな事や物にお金を使っているのか、よくわからない状態で家計の見直し・節約をしようとするのはとっても非効率的。
ざっくりとでもいいので把握する事がたいせつです。

収支の把握ができて初めて、どの部分をダイエットさせることができるか?より効率の良い方法は何か?などの検討に入ることができます。

では、収支を可視化するにはどうすれば良いと思いますか?

マネーフォワード無料版を使おう

答えはそう、「家計簿をつける事」です。
家計簿かー…つけた方がいいんだろうけど面倒だな…という方、めっちゃわかります。
ぼくもそうでした。 

確かに紙の家計簿をつけ続けるのはなかなか大変なんですよね、働きながらだとなおさら。

ですが、今はいろいろと便利なアプリが出ていて、家計簿をつけるハードルも下がっているんです。
ぼくが今も実際に使い続けていて、人にもおすすめしているのが家計管理アプリの「マネーフォワード」です。

このアプリの秀逸な点は、「家計簿を自動作成してくれる」というところ。
マネーフォワードについては別記事にしてますので、ぜひ一度読んでみてください。

マネーフォワードを使い始めてから、しばらく普段通りに生活してみてください。
1〜2ヶ月もすると、自分がどのようにお金を遣っているのか客観的に把握できるようになります。 

お金って自分で遣ってるくせに、記録しておかないと忘れちゃう事も多いんですよね。
えっ、こんな事にも使ってたの?とか、これは買わなくてもよかったかも…などの気づきがあると思います。

よーし!それじゃこれとこれは無駄遣いだからこの支出を削って…となりがちですが、STOP!ちょっと待ってください。
実は節約には鉄板の方法があって、手当たり次第に支出を削ればいいというものではないんです。 

なんか難しそう…と思っちゃうかもしれませんが、大丈夫。ちゃんと説明します。
ここまできたら第一段階はクリア。次は支出のどの部分をどういった観点でシェイプアップしていくかというステージに進みましょう。

支出を3つに分ける

さて、第二段階では支出について考えてみましょう。

えぇ〜、節約の具体的な方法に入るんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが…
家計の見直し・節約には、支出の種類を考える必要があるんです。 

例えば、収入がなくても、お腹は減りますよね。何かを食べなきゃ生きていけない。
収入がなくても、眠たくなります。屋根のある家で安心して眠りたいですよね。

収入の多い・少ないにかかわらず、必ず必要になってくる支出というものがあるということです。
(そしてそれはライフステージによっても変わってきます。)

もしも、この「必ず必要になってくる支出」を削ってしまったら…?
きっと心身が消耗してしまい、かえって豊かな生活から遠ざかってしまうでしょう。

せっかく意を決して節約の海に漕ぎ出したのに、そんなことになったんじゃ悲しすぎますよね。

そんな悲劇を避けるため、ここからは支出を3つに分けて考えていきます。

ひとつめは「消費」ふたつめは「浪費」、そしてみっつめが「投資」です。
よく使われるワードですね。でも大切なんです。

消費とは?

上に書いた「必ず必要になってくる支出」は「消費」です。
もっと突き詰めると「他では替わりがきかない支出」と表現しても良い。

使うおカネ=得る価値

式で表すとこうなります。ハガレンで言う所の「等価交換」ってやつですね。

一般的には、食費、光熱水費、通信費、日用品費など。
…なぜここであえて「一般的には」と書いたのかというと、同じ費目でも時と場合によって消費とは言えないことがあるからです。

例えば夏場にクーラーで部屋をキンキンに冷やしておきながら、肌寒くて毛布にくるまる…
これは費目としては光熱水費ですが、消費とは言えませんよね。

この場合、まずはクーラーの温度を上げます(最低28℃)。それでも暑ければ、快適な温度を得るために「薄着になる」「サーキュレーターを併用する」などの代替手段が考えられます。

浪費とは?

いわゆる「無駄遣い」のこと。
でも無駄遣いってなんだろう?どこからが無駄で、どこからが無駄じゃないんだろう?
そう思った方は、次の式で考えてみましょう。

使うおカネ>得る価値

さっきのクーラーの例はまさに浪費の典型ですね。目的の実現のために他の安い代替手段があり、実際に自分がその手段を選択できるのなら、それは浪費と言って良いでしょう。

浪費をいかに消費や投資に振り替えることができるか?が家計見直しポイントのひとつになります。

投資とは?

自らのスキルアップや将来的な資産増など、後々にはプラスつながる支出のこと。
消費、浪費と同様に式で考えてみましょう。

使うおカネ<得る価値

「昇進(昇給)のためにビジネススクールに通う」、「転職のためにプログラミング合宿へ参加する」など、お金を使った時点ではすぐにプラスにならなくても、後々には費やしたお金以上の価値創造につながる支出のことですね。

この視点に立つと、浪費と捉えられがちなギャンブルもストレス発散につながり、投資と言える場合もあるでしょう。(ぼくはギャンブルはしませんが、ギャンブル漫画はすきです。ざわ…ざわ…)

これで、支出を3つの種類へ分類することができました。
ここまでが第二段階です。それでは、いよいよ実際の節約方法について見ていきましょう。 

浪費を消費or投資へ振り替える

ここまでお読みいただいた方は、かなり本気で家計の見直し・節約をしたいと思っている方だと思います。やっと具体的な話になりますので、ひとつずつ読み進めてみてください。 

上でもちょこっと書きましたが、浪費を消費や投資へ振り替えることがたいせつなポイントとなります。ぼくが実際に振り替えた(見直した)内容を、効果の高かったものから順に書いていきます。

チェックポイント

  1. 家賃(住宅費)
  2. 生命保険・医療保険
  3. 携帯料金
  4. 自動車保険(任意保険)
  5. 火災保険
  6. 食費

家賃(住宅費)の見直し

家計の中でも、住宅費は負担が大きくなりがち。
毎月毎月、ただ生活しているだけで必ず出ていく支出ですから、ここを削れたらインパクト大ですよね。 

住宅費の目安として手取り収入の30%など言われることもありますが、正直30%だと多すぎます。
30%でも生活はやっていけるんですが、このやっていけてしまうことが逆に罠なんですよね。将来のための貯蓄ができなくなっちゃいます。

では、どれくらいの割合がいいのか?
ぼくは手取り収入の25%程度だと考えています。 表にしてみました。

手取り月収25%の家賃
16万円4万円
25万円6.25万円
30万円7.5万円
40万円10万円

新卒社会人の手取りが16〜17万程度だと考えると、就職してしばらくは厳しいですね。
特に都市部では25%に抑えようとすると無理があるでしょう。その場合は住宅費をできるだけ安く抑えつつ、以下に書く保険の見直し等を実行しましょう。

余談ですが、おすすめしたい住宅の選び方として「職場の近くの物件を選ぶ」というものがあります。
人生においてお金よりも重要なことは「時間」です。移動時間の削減は、人生を豊かにするための有効な手段 なので、引っ越しをされる場合は是非検討してみてください。

また、引っ越し一括見積もりサービスなら【引越しラクっとNAVI】 がおすすめです。
ぼくも実際に利用した結果、30,000円以上お得に引っ越しできました。 別記事にしてますので興味のある方は読んでみてください。

生命保険・医療保険の見直し

保険好きと言われる日本人。家計に占める割合も高くなっています。

職場に保険会社の営業が来る、ということはよくありますよね。
「社会人なんだから保険くらい入らないと」、「保険に入って一人前」だとかのセールストークに騙されて、無駄な保険に入れさせられてしまった新社会人の方も多いんじゃないかな…

なんとなーく「保険に入っていることが常識」のような風潮がありますが、これは単なる保険会社のマーケティング(販売戦略)です!

よくよく考えてみてください。
その保険、本当に必要ですか?補償内容をちゃんと理解していますか?

保険というのは「破綻を避けるためのもの」です。その範囲においては有用な金融商品です。

単身なのに生命保険が要りますか?
会社の健康保険に入っているのであれば「高額療養費制度」というものがあります。高額所得者でもなければ、ひと月あたりの医療費自己負担は8万円程度が限度です。それなのに別途保険料を払って備える必要があるのでしょうか。

そういったことを熟考した結果、ぼくはそれまで加入していた月々1万の生命保険をやめました。

ぼくは現在30代の単身者ですが、生命保険も医療保険も入っていません。
もちろん、すべての生命保険・医療保険が不要と言いたいのではなく、本当に必要な補償を必要な時期にかけることがたいせつだと思うのです。 

あなたが支払う保険料には、かならず経費部分が含まれています。
その内容は保険会社が会社を運営するための事務費だったり、社員の給料だったりします。それは何ら悪いことではなく、保険会社も会社ですので当たり前です。 

ですが、そういったコストも含めて支払っているという意識を持っていれば、不要な補償内容の保険に加入するといった事態は避けられるはず。

勧誘に負けちゃダメですよ。
あなたが働いて得た大事なお金なんですから、自分でしっかりと使い道を考えましょう。

携帯料金の見直し

3大キャリアでケータイを契約中の方、これをMVNO(格安sim)に変えるだけで月々の支払いがぐっと安くなります。

ぼくはauからmineoに乗り換えて月額5〜6,000円くらい安くなりました。
年間で60,000円以上のコストダウン。

これって違約金を払ったとしてもすぐにモトが取れますよね。
格安simに興味はあるけど、まだ更新時期じゃないし…と二の足を踏んでる方、今すぐやりましょう。

ぼくは格安sim(mineo)にしてからもう20ヶ月くらい経ちますが、ずっと快適に使ってますよ。
利用明細の公開など、別記事にしてますのでよければお読みください。 

自動車保険(任意保険)の見直し

そもそもの話になっちゃいますが、自動車保険を考えるよりも前に、まず「クルマがいるのか?」を考えてみましょう。
少なくとも都市部においては交通インフラが発達しているので、自動車を自ら保有する必要性は低いと言えます。

クルマに乗るシーンが少ない方はカーシェアを選択することがコスト的にも正解。
今は個人間でのカーシェアリングサービスもありますしね(車版のAirbnbみたいなもの)。

それでも、「どうしてもクルマを保有する必要がある」、「クルマが趣味で、やめたら人生の面白味がない」といった場合に初めて、自動車保険(任意保険)の見直しについて考えていきましょう。

任意保険の内容(担保種目)は大体7つに分けられます。
担保種目を任意に組み合わせるタイプ(BAP:一般自動車保険というもの)は少しハードルが高いかと思いますので、ここではおすすめの補償内容を紹介します。

  1. 対人賠償保険
    自賠責で賄えない部分の補償なので、無制限にしておく方がベター。
  2. 対物賠償保険
    他人の財物に損害を与えた場合の補償です。こちらも無制限にしておきましょう。
  3.  自損事故保険
    自動でセットされていることが多いです。
  4. 無保険車傷害保険
    自動でセットされていることが多いです。 
  5. 人身傷害補償保険
     本人や同乗者が死亡・障害などの被害を被った場合に、過失の有無にかかわらず、示談の結果を待たずに損害額が支払われます。生命保険や医療保険に加入していれば不要かと思います。
  6. 搭乗者傷害保険
    搭乗中の人が死傷した場合に、死亡保険金等が支払われます。人身傷害補償保険の上乗せ補償のようなもので、これも生命保険等の加入があれば不要です。
  7. 車両保険
    新車購入直後や初心者の方、珍しい車種にお乗りの方以外は不要です。 

これらの補償内容で、できるだけ安く契約できるところを探しましょう。基本的には代理店を通さない「ダイレクト系」の保険会社を選ぶほうが、コストダウンできます。

何件も直接見積もり依頼をして比較検討するのは面倒なので、一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。
ぼくはSBIの一括見積もりサイト「インズウェブ」 を使いました。20社参加しているので、比較検討対象としては十分と言えるでしょう。

見直しの結果、年間30,000ほど安くなりました。どんだけ無駄に払ってたんだよって話ですよね。
ちなみに、一括見積もりは、現契約の有効期限の3ヶ月(91日)前から利用できますので、契約更新が近い方はチェックしてみてください。

また、ファミリー特約が効かない中型以上のバイクをお持ちの方で任意保険に加入している方も、一度ダイレクト型で見直してみることをおすすめします。
こちらも同様に年間30,000円ほど安くなった経験があります。別記事にしてますのでよければお読みください。 

火災保険の見直し

一般的には、賃貸でも住宅火災保険や住宅総合保険に加入します。契約時に加入を求められて、不動産業者や家主指定の保険に入っていませんか?

もちろん、失火時などのために火災保険には入っておくべきなのですが、家の契約と火災保険の契約は本来全く別物なんです。

ぼくも以前は契約時に勧められた(というかこれに入るしかないと思っていた)保険に入っていましたが、内容を確認してみると300万の家財補償が付いているものでした。

単身なのに300万円分も家財なんて持ってないよ…。

つまり、当時のぼくは不要(過大)な補償をかけていたということです。
お金をドブに捨ててるのと同じですよね。

そんなわけで、契約更新時に自分に合った補償内容のものをネットで探して契約しました。
今契約してるのは日新火災の「お部屋を借りるときの保険」です。日本中どこでも同じ保険料なので、引っ越してもネット上で住所変更するだけでOKというポータブルな保険。

下記例なら年間保険料4,000円です。クレカ決済できるのもマル。

  • 借家人賠償責任:火災や爆発事故の際の家主への賠償に対応。
    ……2,000万円
  • 修理費用
    …300万円
  • 個人賠償責任:水漏れによる階下の方への損害賠償や、子どもが自転車で駐車中の車にぶつけてしまった時などに対応。
    …1億円
  • 被害事故法律相談費用等
    …30万円
  • 家財保険
    …100万円

不動産業者に勧められて入っていた保険は1年で10,000円程度だったので、年間6,000円の節約になりました。

食費の見直し

基本的に外食やコンビニ弁当ばかりだったのを、自炊へシフト。
どうしても忙しくて自炊できない場合も、お米だけは炊いてスーパーの惣菜と合わせることで食費は浮かせます。 

また、飲み物も水筒を持参するようにして、なるべく自販機やコンビニでペットボトルなどを買うことは控えてました。
これは今も習慣づいていて、あまり買わなくなりましたね。 

しかし、食費を必要以上に切り詰めるのはおすすめしません。
理由は2つ。

  • 「食」の質を低下させることで健康を害してしまったのでは無意味。
  • コストダウンのインパクトが少ない。

やはり身体をつくるものである「食」はしっかりと栄養バランスを考えて採っていく必要があります。
美味しいものを食べると活力も湧いてきますしね。

また、保険の見直し等に比べるとコストダウンできる幅が少なく、あまりインパクトがないという特徴もあります。

こういった理由から、食費の見直しは後回しにすることが合理的です。 

家計は必ず固定費から見直す

さて、これまで支出を3つに分けて考えてきました。

3つのうち、浪費を消費や投資に振り替えることがポイントでしたね。

ここで少し別の分類をしましょう。
えー、また別に考えるの?と思われるかもしれませんが、難しくありません。2つだけ。

それは、固定費と変動費です。

固定費とは

これまでに書いてきた、家賃や保険料、通信費といったものです。
これらは、一度見直ししてしまえば、後は自動的にコストダウンし続けることができるという特性があります。

変動費とは

食費や日用品費など、毎月変動する支出です。
固定費以外の支出と考えてOK。

支出は固定費から見直そう

もうお気付きかと思いますが、支出は固定費から見直すのが鉄板です!
節約を始めたばかりの方がやりがちなミスとして、変動費(特に食費)から削ってしまうということがあります。

食費の項目でも書きましたが、変動費の見直しはあまり旨味がないんですよね。
効果が高い固定費から徹底的に見直し、仕上げとして変動費の見直しに取り組むことが効果的です。 

まとめ

FPの資格を取得してから多く受ける質問のひとつに「どの費目から削ったらいいの?」というものがあります。

ここで言う費目とは「食費」「光熱水費」といったようなもの。
家計簿アプリでもよくありますよね。

でも、ここまで書いてきたとおり大切なのは浪費を減らすこと。

食費や光熱水費だって場合によっては浪費になる。
なので、見直しのポイントとしては費目で削るのではなく、浪費を削るのです。

その時のキーワードは「他にもっと安く替わりはきかないか?」です。
他に安く代替できるものは、どんどん替えていきましょう。

少し長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただけた方は、家計の見直し・節約のポイントがバッチリ分かっていただけたかと思います。

最後に改めてポイントを記しておきますね。

チェックポイント

  1. 収支を可視化する
  2. 支出を3つに分ける
  3. 『浪費』を『消費』or『投資』へ振り替える
  4. 家計は必ず固定費から見直す

これらを実践すれば、必ず支出の無駄を省くことができます。
この記事を読んでみてわかりにくかったところや、個別に相談したいこと、ブログに取り上げて欲しいことなどがあればトップページの「お問い合わせ」からご連絡ください。

以上、「1年で150万貯めたFPの節約・家計見直し術について全部話します。」という記事でした。
本日もお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です