もしも誰かに「ぶれてるねw」と言われたら。/知るか!ぶれまくれ!!

こんにちはnino(@kurashilog)です。

日常において、「ぶれてない」というワードは、『あの人はぶれてない(だからしっかりしている)』といったポジティブな文脈で使われます。

逆に、「ぶれている」というワードは『きみは考え方がぶれてるね(だからダメなんだよ)』とネガティブな言い回しに使用されることが多いと思いませんか?

そこで「ぶれるってそんなに悪いこと?」が今回のテーマです。

ちなみにぼくはぶれてます。
もうブレッブレですよ。

スポンサーリンク

ぶれることはすすむこと

もしも誰かに「ぶれてるw」とネガティブな意味で言われたとしても、落ち込むことはありません。

なぜなら、ぶれるということは「それまでの価値観を見直し、試行錯誤しようとしていることのあらわれ」だからです。

言い換えれば、思考停止していないということ。

例えば、ぼくはずいぶんと長いことLINEをしてませんでした。

明らかに便利なツールなのに、「なんだか既読とかめんどくさそうだし…」と敬遠してました。

でも、使ってみて嫌ならやめればいいし、とりあえず試してみることすらしないのはアホだなと思い、始めてみました。

さーて、ここで登場するのが「ぶれる」というワード。

ずっとLINEを使ってなかったぼくが使い始めたとき、「えー、使わないって言ってたのにブレブレやんw」と言われることがありました。

そこに見て取れたのは、「ぶれること」を少なからず後ろ向きに捉えているニュアンス。

違います。ぶれることはポジティブなことなんです。

ぶれて、それまでの自分ではやろうとしなかったことをやる。
その結果、新たな発見があるかもしれない。

ぼくの例では、くだらないこだわりを捨てて(ぶれて)、LINEを始めてみました。
やっぱり便利だったよ。

だから、 「ぶれてるw」と言われたときは「自分は今、思考停止してないんだ」と前向きに捉えましょう。

“ぶれる”と”ぶれない”は二者択一じゃない

それでも「ぶれてないほうが絶対いいじゃん!」と考える人もいるかもしれません。

もちろん、ぶれずにまっすぐ見据えて進んでいく人はカッコイイと思います。スーパークール。

ただし、”ぶれる”と”ぶれない”は二者択一の関係にはありません。

ぶれずに進んでるように見える人も、小さな単位ではぶれ続けて軌道修正を繰り返しているはず。

人生において「こうすれば絶対に上手くいく」なんて方法は当然なく、試行錯誤しながら実践していくしかありません。

だから大丈夫、安心してぶれましょう!

ぶれまくって、いろいろと試したほうが人生楽しいですよ。

人として軸がぶれている/大槻ケンヂ

ぶれをテーマにした素晴らしい楽曲があるので紹介しておきます。

大槻ケンヂと絶望少女達の「人として軸がぶれている」。
タイトル素敵すぎるだろ。

さよなら絶望先生のOP曲としても有名。

歌詞も一部引用。

居直るんだ!僕らはもうブレブレブレブレブレまくって
ふるえてるのわかんねぇようにしてやれ!

とんでもねーセンスしてるなこのひと。

まとめ:ぶれまくれ!!

  • ぶれることは思考停止していないということ
  • “ぶれる”と”ぶれない”は二者択一ではない

ぶれまくって、それまでの自分を壊して、どんどん新しいことにチャレンジしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です