ぼくは病にかかっている。北海道シンドロームの怖さとは。

こんにちはnino(@kurashilog)です。

ぼくは病気です。

病名は北海道シンドローム。
この病にかかったのはいつだろう…

同じ病気の人もきっとたくさんいるでしょう。
この病にかかったら最後、完治は諦めましょう。

そして季節は夏…症状が悪化する季節ですね。

ダメだほっかいどういきたいほっかいどういきたいほっかいどういきたいアァァアァアアアァァアアーーーーー!!!!!!!!!!!

スポンサーリンク

北海道シンドロームの主な症状

予備軍:なんだか気になる北海道

知人・友人から「北海道よかったよ!行ってないなんてソンしてるよ!」と焚きつけられ、本屋で”まっぷるドライブ北海道”や”るるぶ北海道”を手にとったアナタ、もう立派な北海道シンドロームの予備軍です。

その勢いで北の大地へGO!

人生が変わるかもしれませんよ。

初期:北海道よかったな…

実際に北海道を訪れた方は、ほぼもれなく初期症状を発症します。

ようこそファーストステージへ。

日常へ戻ってきても「はー、北海道はよかったなあ…気候はいいしウニ丼超絶うまかったし、またいつかいきたいだわー」と、うわの空。

「今回は道央だけだったから、次は道東行ってみよう!」

「夏は経験したし、冬に行って海鮮三昧や!!」

夢がふくらみますね。

「一休」のうに丼、笑えるうまさ。

中期:定期的に発症してまう

夏・冬の2シーズン北海道を訪れてしまった場合、中期ステージ突入です。

(夏もいいけど、冬もいいんですよね…。真っ白な美瑛の丘…原生林をスノーシューで散策…いいよなあ)

夏の美瑛、まさにパッチワーク

冬の美瑛、なにもない。

日常で負荷がかかると、ふと北海道に行きたくなってしまいます。

“北海道にさえ行けば気持ちが晴れる”

“北の大地のありがたい空気に触れて、ココロもカラダも浄化させたい”

もはや宗教ですね。

よいのです。北の声に耳を傾ければ魂が喜び、あなたは真の意味で救済されるのです。

みんな北海道で解脱しよう?

末期:もう北海道ならなんでもいいよ

北海道と名のつくものには飛びつくようになります。

北海道物産展には絶対いくし、コンビニでも”北海道生乳100%”とかファッ!?って二度見。

インカのめざめ(じゃがいもの品種)売ってるスーパーを見ると”やるな”と思ったり。
お前もいい加減めざめろ。

もちろんお米は「ゆめぴりか」。ふっくら、もちもち。

え?もちもち系は苦手?
あっさり派のあなたには、はい、「ななつぼし」。

バンドだって北海道出身ってだけで聴きたくなる。

(でも実際北海道のバンドいいですよね。eastern youth、Galileo Galilei、サカナクション、tacica、Drop’s、本棚のモヨコetc)

Drop’s「かもめのBaby」

 

かもめのBabyDrop’s
ロック
¥250


本棚のモヨコ「朝色」

 

朝色本棚のモヨコ
J-Pop
¥200


もう北海道ならなんでもいいよ状態(←ぼくはイマココ)。

無駄にiPhoneで北海道各地の天気予報チェックするもんね。あー、標茶町は今日も晴れてんなー。えっ知床はもう雪なんや!とかね。

いやどこ住みなのオマエという声が聞こえてきますが、こうなったら最後。
手の施しようがありません。

唯一有効な手段は北海道へいくことですが、それも対症療法でしかなく、根本治療には至りません。

もう受け入れるしかないんや。

移住:え、住めばよくない?←天才か。

最終ステージ。

好きなんだからもう住んでしまえというわけですね。

実際に知床のネイチャーガイドさんなんかは、道外の方が多かった。

美瑛に移住して宿を経営しちゃうご夫婦なんかもいらっしゃいます。

北海道を訪れて、人生変わっちゃうことは実際にあるのです。

知床五湖の高架木道、電気柵が張られてます。

きみも北海道シンドロームにかかってみないか?

この病気は楽しいです。

行けない時は苦しいけど、行けた時はめっちゃ楽しい。
行けない時も妄想して過ごす。

そう、これはもはや恋ですね。

相手が人間だった場合は迷惑になったり、あまりある想いがオーバードライブ、罪を犯して人生詰んだ!なんて可能性もあります。

が、その点北の大地は大丈夫!!

あなたがどんなにストーキング行為を繰り返そうが、おおらかに受け入れてくれることでしょう。

一緒に病気になろうぜ!

「ミンタル」のラクレット、チーズとろ〜で絶品でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です