年上とか年下とか先輩とか後輩とか、ほんとクソどうでもいい

こんにちはnino(@kurashilog)です。

先日、偶然にも大学の先輩に会いました。
そこでの彼の言動がかなり痛々しかったので反面教師として書き留めておきます。

その痛パイ(痛々しいパイセン)はいわゆるフツーのサラリーマン。
会社でのストレスが溜まってたらしく、口を開けば愚痴ばっかりでうんざり。

久しぶりにしかも偶然に出会ったぼくにそんなに愚痴るなよ…友達いないの?

スポンサーリンク

“社会人として言葉遣いがなってない”と彼は言う

パイセン、なんなんすかそれ!
彼曰く、後輩の言葉遣いや態度が社会人としてなってないそうです。

他の同僚にはちゃんと挨拶するのに、自分にはあんまりしないんだって。
そんなんじゃ社会人としてやっていけないぞ、というのが彼の主張。

それ単純になめられてるんでない?

“社会人としてなってない”なんて言わずに、”自分にもちゃんと挨拶しろよ”と言えばいいのに。
まあ言ったところでスルーされるかもしれないけど。

なんだかよく分からない定義の”社会人”を持ち出して諭すのってズルいですよね。

何かを相手に伝えるなら、”これは自分の意見なんだ”という態度で臨むべき。

オレ、体育会系だから

その他、痛パイは”後輩のくせに”とか”年下のくせに”とかぼっろぼろNGワードこぼしてました。

「オレ、体育会系だから上下関係に厳しんだよね」

し ら ん が な

何で”先輩”や”年上”が無条件でエラいって認識なの。そんなんだから挨拶すらされないんですよ。

後輩だから先輩の言うことを聞くべき、という態度が透けて見える人と、誰が積極的に関わりたいと思うんですか?

痛パイが”後輩”というフィルターをかけて相手を見ている限り、その後輩個人と良い関係を築くことはできないでしょう。

後輩だろうが年下だろうが学生だろうが優秀な人や尊敬できる人は腐るほどいるし、逆に先輩や年上でも”なんだこいつ”って人もたくさんいます。

彼の態度から学んだこと

  • 自分の意見は”自分の言葉”として伝えるべき
  • 年齢や立場に関わらず、尊敬できる人は素直に尊敬する

こう書くと当たり前のように思いますが、なかなかその実が伴わないこともあるでしょう。

ぼくも今回、最後まで痛パイに付き合っちゃいましたしね。

でも、このような態度で人と接することが、結局は自分や相手とっても健全で良い関係を築く術です。

精進します!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です