テレビって要らなくね?/10年以上TV無し生活のメリット

こんにちはnino(@kurashilog)です。

ぼくはテレビを持ってません。
そのことを人に言うとほとんどの場合「えっ、なんで?」と聞かれます。

ぼくの答えは「うーん、別にいらないから」。
いやほんとにいらないんですよ、テレビって生活に必要ですか?

インターネットが普及した現代で、テレビがないと困る事・テレビでなければ楽しめない事って少ないと思うんだけどな。

電気代・受信料というランニングコストだけでは飽き足らず、捨てる時にまで金がかかる四角いアイツ(しかも代替可能)、もうゼッタイ要らないでしょう。

スポンサーリンク

テレビで観れる番組・できること

  • 地上放送・有料放送の視聴
  • DVD等の視聴
  • 据え置きゲーム機のモニターとして利用

うーん、どれもPCで代替可能じゃないですか?
今はネットに繋げるTVもあるけど、それなら最初からPCで良くない?と思っちゃう。

ニュースも映画もネットで見れます、テレビなんてなくて大丈夫。

なぜテレビを持たなくなったのか

ぼくがテレビを持ってない理由は、一人暮らしを始めた時にテレビがなかったから。
そして気づけば10年以上が経過し、今に至ります。

大学進学で親元を離れたので、高校生まではテレビのある生活が普通だったんですけど、無いなら無いで不自由しなかったんです。

脱テレビライフはこんなに素敵

テレビってよく言われますが”受動的メディア”です。
なんとなく点けて、なんとなく情報を受け流す。

それならその時間、別の好きなことを集中してやったほうが楽しいし有意義。

テレビ無しの生活、脱テレライフのいいところを考えてみました。

  • 時間が増える
    テレビの平均視聴時間は3時間18分(2015年の国民生活時間調査)。
    その時間で本読んだり買い物したりできます。時は金なり、タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワンです。時かけすき。
  • イライラしなくなる
    よくテレビに突っ込む人いますよね、この人嫌いだわ〜とか。見なきゃいいんです。時間と電気代使って不快な気持ちになるのはもうやめましょう。修行僧なんですか。

  • 好きに予定を組める
    今日は月9だから早めに予定を切り上げて…とか考えなくて良くなります。まあ今は自動録画とかあるけど、テレビに縛られるのってバカバカしくないですか?

  • 節電で節約&エコ
    30型・消費電力80Wのテレビだと、1時間あたり2円かかります。1日に3時間視聴すれば年間2,190円。脱テレすれば待機電力もかからずエコですよ。
    まあぼくはPCの消費電力どんだけなんだよって話だけどね!

ちょっと思いつくだけでもこれだけあります。
あなたも脱テレライフ始めてみませんか?

普及率は98.1%!それでも”テレビ離れ”

そう言えばテレビの普及率ってどれくらいなんだろ…と思い、内閣府の消費動向調査結果を見てみました。
(2016年3月時点、2人以上の世帯で調査)

  • テレビ普及率:98.1%
  • 1世帯当たり保有台数:約2.1台

こうして見ると、ほぼ全ての世帯がテレビを保有していると言えそう。
みんなテレビ持ってるのね!

自分が約2%のマイノリティだということにちょっと衝撃。

しかし、「普及率が高い=テレビを見る人が多い」わけではありません。
NHKの国民生活時間調査(2015年)がそれを裏付けてます。

  • 平日のテレビの行為者率は85%で、20〜30代男性だと70%を切る
    (行為者率…1日に15分以上テレビを見る人の率)
  • 国民全体の視聴時間も下降傾向

こういったいわゆる”テレビ離れ”の動きは若い人を中心に加速してます。
「NHKがテレビを持たない世帯からも受信料を徴収しようとしてる」という話題は記憶に新しいと思いますが、背景にはこういった時代の流れがあるんでしょうね。

だ れ が は ら う か

まとめ:やっぱりテレビはいらないや

つらつらと書きましたが、ぼくの結論。

やっぱりテレビは、いらない。

今後もテレビを買うことはないでしょう。メリットがないんだもの。
ただ、テレビを持たない人は現時点ではかなりのマイノリティらしいので、共感は得られないんだろうな。

みなさん脱テレライフしましょうよ、きっと楽しいですよ。
休肝日的なノリで試しに”休テレ日”を決めて過ごしてみてはいかがでしょうか?

同じ家電買うなら冷蔵庫とか必需品にしましょう。
1〜2人世帯におすすめの冷蔵庫についてはコチラ↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です